育児費用はどれくらいかけるべき?相場はどれくらい? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

育児費用はどれくらいかけるべき?相場はどれくらい?

c126653b8a7a076ea194e5cc7ef44c46_s
育児費用は普通、どれくらいかけるべきなのか…
まだ赤ちゃんが生まれたばかりなら悩んでしまうことも多いと思います。
実際に、その相場はいくらといわれているのかをチェックしてみましょう!
あくまでも平均値なので、収入によってそれに合わせるのが難しいこともありますので、あくまでも参考に、見てみてくださいね。


スポンサーリンク

一般平均は月に5万円

子育てに必要な育児費用は、平均5万と言われています。
もちろん、収入によっても変わってきますので、要注意。
大体年収500万前後の人が毎月5万円前後となっているようです。
年収に合わせて考えてみましょう。

スポンサーリンク

保育園・幼稚園費用によって月相場がアップ

「月5万円って多くない?」と思った人も多いのでは?
あくまでもこれは全体的な平均なので、保育園や幼稚園の金額なども含まれています。
なので、未だ保育園に行っていない赤ちゃんなどはそこまでかかっていないことのほうが多いでしょう。
生活に必要な食費や消耗品だけだと、もっと低くなりますのでご安心を。
実際に、これほど育児にかかっていると感じたことがない人も多いはずですよね。

しかし、今は多くの人が保育園や幼稚園を利用してママもパパも外に働きに出ているという時代です。
そのため、預けられるような月齢・年齢になったご家庭だと月に5万~育児費用がかかっているようです。

スポンサーリンク

コンスタントにかかる育児費用は2~3万円

ちなみに0歳~3歳だと、以下の形が月額の平均のようです。

  • 服やおむつ代1万円前後
  • 食費(ミルクや離乳食・おやつ)4,000円~5,000円
  • おもちゃなど2,000円前後
  • 貯金1万円前後

これくらいが大体の目安みたいですね。
赤ちゃんの場合、医療費などはほとんどが無料になるケースが多いです。(乳幼児医療費制度により)
なので上記以外のお金はほとんどかかることはありません。
ただ、保育園に通っていたり、習い事をしているならこれらにプラスされることになります。

季節ごとのイベントやおでかけ費も含まれる

先述した平均5万と言うのは、実際の育児費用にプラスして年間を通してかかるイベントごとの費用などを含みます。
なので思っているよりも高い金額になっているのではないでしょうか。
子供と一緒の季節ごとのイベントや、休みの日に動物園にでかけたり…年間を通すとそこそこの金額なりますよね。
交通費や入場料、アトラクション代や現地の食費・滞在費もけっこうかかります。
つまり、そうした費用を除くと、毎月の育児費用は実質2~3万が相場となっていると考えていいのかもしれません。

節約すれば貯金も沢山出来る!

子育ての費用は、年々アップします。
小学生は低いですが、中学生以上になるとかなり上がります。
大学に行くなら、まとまった金額のお金も必要になりますね。
それに備えるには、今から貯金しておくことが大切。

就学前こそ貯金のチャンス!

今かかっている洋服代や食費など、無駄に使っているものはないか、見直してみましょう。
就学前はそこまでお金がかからないので貯金するチャンスです。
ぜひ、節約を頑張って将来のために貯金してみましょう!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。