歯固めの石ってどこで拾うの?石の形や大きさの目安も知りたい! | Baby Happiness! <ベビハピ!>

歯固めの石ってどこで拾うの?石の形や大きさの目安も知りたい!

110514cd60bad88316c1b9706a70fadd_s
赤ちゃんが「一生食べるものに困らないように」という願いを込めて行われるお食い初めでは、歯固めの儀式も行われます。
お食い初めの後に、石に当てた箸を歯茎に当てる真似をすることですが、この歯固めの石はどこから拾ってくればいいのでしょうか。
また、石を選ぶ際の大きさや形についての目安についても知っておきましょう。

スポンサーリンク

歯固め石ってなに?

生後100日で行うお食い初めは、そろそろ歯が生えてくる時期でもあることから「石の様に丈夫な歯が生えてきますように」という願いを込めて行われます。
また、歯が丈夫であることが長生きと関係していると考えられ「長生きしますように」という意味も込められています。
「歯」と「齢」という漢字からもしっかり物を噛み、食べられることの大切さを感じますよね。

スポンサーリンク

歯固め石はどこから拾ってくるの?

歯固め石を用意すると言われても、そんな石をどこで拾ってきたらいいか戸惑いますよね。
石は、お宮参りなどで行く氏神様の神社の境内で、人があまり踏まない場所から拾ってくる風習があります。
拾うと言ってもお借りしているという感覚で、お食い初めの後きれいに洗って元に戻すことが習わしです。
地域によっては、近くの川できれいな小石を見つけてくることもあるようです。
この場合、使用前にしっかり熱湯で消毒し、使用後はやはりきれいに洗って元の川に返します。
最近では、通販でもお食い初めの歯固め石として販売されています。
拾った石に箸をあてることに抵抗がある方は、こちらを利用してみるといいでしょう。
石も返す必要はなく、記念に取っておくことができます。

スポンサーリンク

歯固め石の形や大きさに目安はあるの?

厳格にどんな形、大きさのものを、という決まりはないようです。
地域によっても異なりますが、石は2、3個用意することが多いようです。
丸みのあるもの、少し角張っているものなどきれいな石を用意しましょう。
大きさについても特に規定はありませんが、目安として持ち帰りやすく、小皿に飾れる大きさで1cm~5cm程度がいいでしょう。
形や大きさよりも、色の方が重視されます。
正式には黒、白、赤の三色となっていますが、これについてもそれほどこだわる必要はないようです。

実は歯固め石を買える!?
神社や川原で小石を拾うのには抵抗がある…という人もいるかもしれません。
そんな時はネット通販という手もあります。
たとえばパワーストーンでもいいですし、そのものズバリで祈祷済の歯固め石も販売されています。
通販で購入してしまえば後で返しに行く必要もありませんし、衛生的にも安心ですよね。
拾ってくることに抵抗がある場合はネットを活用してみるのも良いかもしれません。


ベビハピ!的まとめ

歯固めについては地域によって色々な風習があります。
石ではなく、栗や餅、タコやアワビにあてるなんていうところもあるようです。
お住まいの地域の歯固めについて風習を調べ、子どもの健やかな成長を願って思い出深いお食い初めを行ってみましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!