冠婚葬祭での赤ちゃんの服装や靴は?色や柄はどうすればいい? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

冠婚葬祭での赤ちゃんの服装や靴は?色や柄はどうすればいい?

86340aed7bfaa8cf89f14f89a587a67b_s
冠婚葬祭の場では、TPOに応じた服装が求められます。
大人においては当然のマナーですが、赤ちゃんは一体どうすればいいでしょうか。
「大人と同じ様なマナーが求められる?」
「どんな色や柄を用意すればいいの?」
冠婚葬祭での赤ちゃんの服装や靴について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんもTPOが求められる?

冠婚葬祭の場に置いての赤ちゃんの服装は、大人の様には厳密には求められません。
しかし、場の雰囲気を乱さない程度の配慮は必要です。
特色の大きい結婚式、お葬式について詳しく見てみましょう。

結婚式

結婚式などのおめでたい席では赤ちゃんも地味な色の物や普段着はあまりふさわしくありません。
可愛らしい華やかなお出かけ用の服装を用意してあげるといいでしょう。
かわいい服に身をまとった赤ちゃんは、親はもちろんのこと、その他の参列者や、主役の方も喜びます。

結婚式でNGとされる白い服も、赤ちゃんや小さい子供ならばOKです。
ただ、フォーマルを意識した装いにしてあげることは忘れずに。

お葬式

赤ちゃん用のフォーマルなお洋服を持っているならば、それが一番です。
着る機会が少ない物なので、きれいな状態でお下がりが回ってきたり、古着屋でもよく見かけます。
ない場合は、ジーパンやTシャツなどカジュアル過ぎる物を避けるようにしましょう。、
ブラックやグレーなど地味な色の服装を選ぶようにしましょう。
シャツに関しては白でも構いません。
また、色が地味でも柄が強調されているものは避けましょう。

スポンサーリンク

用意しておくと便利!赤ちゃんのお洋服

結婚式で便利な服

結婚式については、ベビードレスや赤ちゃん用のフォーマルなスーツ調のものなどがいいですね。
店頭やインターネットなどでも種類豊富に販売されています。
結婚式は予め予定が立てられるものなので、決まってから購入でも良いでしょう。

お葬式で便利な服

お祝い事は予定が決まってから購入を検討できますが、お通夜やお葬式はそうはいきません。
赤ちゃんのタンスの中に、黒やグレーなどの地味な色合いの上下を1組は用意しておきましょう。

持っておいて損がない色や柄は?

赤ちゃんにはかわいいお洋服を着せたいと、地味な服の購入を避けている人も多いかもしれません。
ですが、黒のズボンやスカートは上がどんな柄でも合わせやすいため普段から重宝されます。
同じく、白やグレーなど地味目の上着やシャツも合わせ方によっては上品な印象を受けるので、持っていて損はありませんよ。

スポンサーリンク

用意しておくと便利!赤ちゃんのお靴

月齢によっては、まだ抱っこだけなので靴を用意する必要がないこともあります。
しかし、ヨチヨチ歩きが始まる1歳前後になるとじっと座ってはいられない赤ちゃんは会場を歩きだすことでしょう。
場の雰囲気もありますので、靴を用意することが必要になります。

冠婚葬祭、靴の選び方

赤ちゃんが歩きだしたら、履かせやすく、歩きやすい黒い靴を1足用意しておくといいでしょう。
普段使いもできますし、布製のものならば冠婚葬祭のどの場面でも使うことができます。
冠婚葬祭の靴のポイント
結婚式の場合はエナメル質の飾りがついたものなどを用意したくなるかもしれません。
ですが、歩きやすくはないため普段使いには難しいでしょう。
また赤ちゃんの足はすぐに大きくなるので次のお祝いの席まで履けるかどうかはわかりません。

素材やお値段が優しいものを

赤ちゃん・子供の足に負担のない素材で、ヒールなどはついていないものが良いでしょう。
またあまり高いものを購入するとすぐに履けなくなって困ることも。
予算と相談することが必要です。


ベビハピ!的まとめ

結婚式などお祝いの場合はあらかじめ日程が決まっていることが多いですが、お葬式の予定は見えません。
場合によっては、「赤ちゃん連れだから来なくてもいい」と配慮してくれるケースもあります。
ただ、故人との最期のお別れは、できればしておきたいものですよね。
いざという時に慌てないように、冠婚葬祭で着れそうな赤ちゃん・子供の服装や靴を予め用意しておきましょう。
ぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!