学校でいじめに合う?子供が毛深い原因とキッズ脱毛4つのポイント | Baby Happiness! <ベビハピ!>

学校でいじめに合う?子供が毛深い原因とキッズ脱毛4つのポイント

18bfd45c22680ea9c8a17a4bd494b5a7_s
体には毛が生えていて、人によっては濃かったり薄かったりするものです。
大人になれば手入れをするのは当たり前になります。
毛深いからといって、日常生活に大きな支障をきたすようなことはほとんどありませんよね。
体毛にコンプレックスがあったとしても、ムダ毛処理をしたり脱毛エステに通ったりと対処する方法はいくらでもあるからです。

ところが子供は、そう簡単には受け入れられないものです。
特に多感な時期では周りよりも毛深いことで自信をなくしてしまうことも少なくありません。
からかわれていじめの原因になるような可能性も否定はできないでしょう。

親としても毛深いことを子供が気にしているようならば、何とかしてあげたいと思うものです。
子供が毛深い原因は何なのか?いじめの原因になるのか?キッズ脱毛は本当にいいのか?

気になる子供の脱毛についてご紹介します。

スポンサーリンク

毛深いことがいじめの原因になる?

いじめが起こる原因やきっかけは、ほんの些細なことです。
ちょっとした言動や見た目、人間関係…そういったものが、いじめの理由になるものです。

違うことへの意識

人は「自分と違う」ことに対して敏感です。
ほんの些細な違和感が子供特有の素直な言葉として発されてしまいます。
相手に対して配慮のない言葉を放ってしまい、人を傷つけてしまう…それがいじめの真相です。

みんな個性がある

人にはそれぞれ、遺伝による個人差や発達段階の違いがあります。
我が子が他の子よりも毛深い・毛が濃くなる、ことは珍しくありません。
大人になれば別にどうってことありませんが、子供の場合は深刻です。
からかわれてしまい、本人からすると「いじめられている」と感じることは十分考えられるのです。

おしゃれ意識の高い子が増えている

また、今時の子供はメディアの影響で「大人顔負けのおしゃれさん」がたくさんいます。
大人と同じ様におしゃれを楽しもうとすると、毛深いことが障害になることはありえるでしょう。
特に見た目に対して敏感な思春期前後の女の子は、自分の体毛を気にすることは珍しくありません。

スポンサーリンク

子供が毛深くなる原因

毛深くなってしまう原因はどのようなものが考えられるでしょうか?

遺伝が強く関係する

最も強く影響するのは親からの遺伝です。
体毛の濃い親を持つ子供は、やはり体毛が濃くなりがちです。
当然、毛の薄い家系であれば、生まれてくる子も薄い傾向にあります。

遺伝以外の要因もある

ただし、遺伝によるもの以外にも生活習慣の中に毛深くなる要因があります。

  • 糖分の取り過ぎ
  • 紫外線に当たり過ぎる
  • 運動不足

以上のことは意外にも、体毛が濃くなる原因となります。
体を守ろうとする働きや、ホルモンによる影響が関係しているようです。

体毛を濃くしない対策

日常生活の悪習慣や外部からの強い刺激によって体毛が濃くなる可能性があります。
リスクを減らすためには生活習慣の改善などをすると良いかもしれません。
即効性のある効果は期待できないかもしれませんが、多少なりとも体毛の対策となりそうです。

いずれにせよ、正しい生活習慣を身につけさせることは大切なことです。
子供のうちからしっかりとしつけ・教育をしていきましょう。

スポンサーリンク

知っておくべき!キッズ脱毛のポイント

「子供に脱毛なんて!!」と驚く方もいるかもしれませんが、最近ではよく広告を見かけるようになりました。
シェーバーやジェルでも剃毛することはできますが、肌への悪影響が心配ですよね。
何度も子供の肌に刺激を与えることに抵抗があるママも多いのでは?
我が子の悩みを解決してあげるための手段の一つとして「キッズ脱毛」を利用する人はたくさんいます。
エステでの専門的な脱毛にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

ポイント①低年齢からOK

脱毛できる年齢はサロンそのシステムによっても差があります。
最近は機械品質やスキルも向上し、小学校低学年から始められるところもあります。
「毛深いのが嫌」「いじめられている」そうしたことで悩むお子さんなら、おすすめです。

ポイント②痛くない!

一昔前の脱毛は痛い、熱いイメージがあったかもしれません。
今は技術が進み大人はもちろん子供の脱毛も安全で痛みはほとんどないようです。
施術機械にもよりますが、多少あたたかいくらいの感じだそうです。

ポイント③肌がきれい

毛深いことを気にして、カミソリで剃った経験がある方も多いのではないでしょうか。
おわかりかと思いますが、毛穴のブツブツや赤みが出てしまうんですよね。
しかも、剃ったことで毛が太くなって、余計に毛深さが目立つこともあります。
サロンでの脱毛ではそういった心配はまずありません。
専門家の手によるお手入れをしていれば、脱毛後の肌を美しく保つことができます。

ポイント④ずーっとケアが楽!

当たり前ですが、子供でも脱毛を完了すればその後のケアがほぼ必要なくなります。
サロンによっては完了後もメンテナンスで、成長とともに毛の生え方を見守ってくれることも。
専門店で脱毛をすれば、ファッションやオシャレに目覚めたお子さんに良い環境を与えることができます。
スポーツ時、たとえばユニホームや水着の着用の際もケアの心配がないので楽ちんです。


早くから脱毛するメリット

「子供なんだから脱毛する必要はない」そう思う方も多いでしょう。
多少、毛深いからといって必ずしも、いじめに合うとも限りません。

大人になってからお手入れが楽

しかし、子供のうちから脱毛することにはメリットも多いのです。
小さいころからしっかり対処すると、その後のムダ毛処理が大幅に楽になります。
ハイパースキン脱毛では発毛因子そのものを処理するので、成長してからもツルツル肌を保てます。
脱毛器では対処できない「毛の種」を消滅させれば、大人になってからもムダ毛処理に時間がかからなくなるのです。

ニオイのコンプレックス解消

また、ムダ毛のせいで蒸れてしまう、ニオイが出ることも防げます。
思春期のお子さんは自分の臭いにとても敏感です。
「汗臭い」「ワキがニオう」そうしたことにコンプレックスを持つこともあります。
早い段階で、エステでムダ毛処理をしておけば、そうした無駄なストレスをお子さんが感じなくて済むんですね。

絶対にやらなくてはいけない!というものではありませんが、メリットも覚えておくと良いでしょう。


低刺激で3歳からできるキッズ脱毛

実際にサロンに行くならどこが良いのでしょうか?
例えば「」は3歳から通えるとしてTVでも話題のキッズ脱毛です。

tv_dress01
【キッズ脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

では、ハイパースキン脱毛という施術法を採用しています。
特徴としては以下になります。

  • 痛みがない(やや温かみを感じる程度)
  • 肌に優しい(敏感肌・アトピー・ニキビ肌でも施術可能)
  • 脱毛スピードが速い(年12回、通常サロンの約2倍の速さ)
  • スッキリと顔脱毛できる(眉毛の上や唇の境目など、通常NGな部位もOK)

その他、特徴を見る

【キッズ脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

ベビハピ!的まとめ

キッズ脱毛は子供の悩みを解決する手段の一つです。
「体が未発達な子どもに脱毛なんて、、、」という気持ちがあるのも確かでしょう。
もちろん、絶対にやらなくてはいけないなんてことはありません。

ですが、子供の毛深さや、それに伴う精神的な負担を考えてあげるのも親の役目です。
「何か悩んでいるかな?」「もしかしたら毛深いかも…」、お子さんのちょっとした変化を感じ取ってあげたいものです。
キッズ脱毛ってどうなの?と思ったら、ぜひサロンで納得いくまで説明を聞いてみましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!