頼れる味方!節約育児をママ友ネットワークで上手にこなす6つのコツ | Baby Happiness! <ベビハピ!>

頼れる味方!節約育児をママ友ネットワークで上手にこなす6つのコツ

7a28a0d455516230d4366454c6176fa8_s
私は結婚してから数回引っ越しをしましたが、実家を頼れない分、ママ友は大切な仲間だと思います。
一人で育児するよりも、信頼できる仲間がいると百人力。
お互いが助け合うことができる、ママ友ネットワークでの節約方法を伝授しちゃいます!

スポンサーリンク

妊娠中は、まったりおうちでベビー用品づくり♪

妊娠中ってなかなか思うようにお外に出られず、おうちに引きこもりがちですよね。
そんなときに、同じマタニティママと一緒に赤ちゃんの靴下やベストなどを作ってみてはいかがでしょうか?
手芸が得意なママは、ニット素材で作る豪華なベビードレスを作った方もいらっしゃいます。
手作りなら節約になるだけでなく、良い時間つぶしにもなり、何より愛情のこもった作品作りが可能です。

スポンサーリンク

子どもちゃんの年齢が離れたママ友

自分より大きい赤ちゃんを持つママは、ママの年齢こそ上だったとしても、先輩のような頼もしさを感じることでしょう。
兄弟をお持ちのママなんかは、やはり子育てにも慣れた感じです。

そんなお友達を持っていたら、ひょんなことから「○○もう要らないんだけど、使う?」なんてお声が掛かることも。

スポンサーリンク

自分より月齢の小さい赤ちゃんを持つママ友

自分より小さい月齢の赤ちゃんを持つママ友には、もう使わなくなった育児用品が不要か聞いてみましょう。

リサイクルショップやオークションに出品してもいいけど、それも売れるかよくわからない。
だけど廃棄してしまうのはなんだかもったいない。
喜んで使ってくれるママ友がいると、リサイクルにもなります。

お下がりコミュニケーション

これは私の経験上ですが、お下がりを貰う・あげる関係のママさんとは非常に仲良くなれる傾向にあります。
あげた・貰った服や育児グッズについて

「あれ、可愛いよね~」
「うちの子、あのオモチャ気に入ってて離さないの!」

なんて共通の話題を持つことができます。
赤ちゃんを通してコミュニケーションが図れるのって本当に楽しいですよ♪


高いものは共同購入をしてみよう!

お古をあげる関係のママ友の場合、共同購入ができるケースもあります。
実際に私が経験したのはこんな感じです。

私:「○○を買おうと思うんだけど、使い終わったらいる?」
ママA:「いるいる!でも、それって高いから私も少し出すよ!」

といった感じで、ちょっとお高めのお洋服や育児グッズを一緒に買ったことが何回かあります。
その時は私が最初に使う立場だったので7割くらい出し、残りの3割をママ友に負担してもらうという形でした。
仲の良いママさんがいてお互いに納得できる買い物や金額割合であるならば共同購入もありだと思います!


無料の広場で遊ぼう!

数年ここに住んでいるけど、子育て情報が全く分からない・・・。
そんなママさんもきっと多いはず。
実は私もそうでした。

そんなときに頼れるのが、ママ友のネットワーク!
児童館や支援センターに行けば、色々イベントの情報を教えてくれることもありますが、ママ友ネットワークはさらに上をいきます。

「実は○○のショッピングモールでみんな遊んでるんだよ~」なんて情報を教えてもらうことも。
出産前はお金を掛けないと、子ども同士で遊ばせる場なんて無いと思っていましたが、そんなことはないのです。

移動動物園などを無料で開催している地域もありますし、そういったイベントに顔を出すのも節約につながります。

子育て支援センターも活用してみてください♪

地域ごとにある子育て支援センターって何?利用のポイントは?
各地域に設置されている子育て支援センターという施設を知っていますか? 各自治体が子育て家庭への支援のために、様々な活動を行っている施設です。 どんなことをやっているの?どういう時に利用すればいいの?といった疑問に答えま…

一緒にバザー・フリーマーケットをしよう!

ある程度お子さんが大きくなってきたら、一緒にフリーマーケットをすることもできてしまいます。
共同でフリマでしたら、出展料も割り勘になりますし、出品数の相乗効果でゴミの予定のはずがお金に変わった!なんてことも。
作品作りの趣味をしているママなどは、その際に作品を定期的に販売したら良いお小遣いになっちゃうことも♪

ベビハピ!的まとめ

赤ちゃんにつきっきりで向き合う育児、一人でいると気が滅入ってしまうこともあります。
お金も思ったよりもかかるし不安になってしまうこともあるかもしれません。
そんな時こそ、近くのママ友!
信頼できる育児仲間を見つけて子育ての悩みの解消や節約をしちゃいましょう!
ご紹介したコツをぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
鹿野 かの子

鹿野 かの子

奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。