これだけはダメ!妊婦の間食で絶対にやってはいけない4つのタブー | Baby Happiness! <ベビハピ!>

これだけはダメ!妊婦の間食で絶対にやってはいけない4つのタブー

519d76ae2d6bc0874765478ab318270f_s
ストレスをためないために、間食は好きなだけ…。
こういう考えの方も居ますが、ちょっとまって!
妊娠中の間食は気を付けないと妊婦の体はもちろん、胎児にも悪影響が及ぶかもしれません!
そこで、必ず知っておいてほしい、妊婦の間食でやってはいけないタブーをご紹介。
妊娠中の方もこれから妊婦になる予定の方もぜひチェックしておいてくださいね!

スポンサーリンク

妊婦さんは夜の間食に注意!

寝る前にちょっと小腹が空く…という妊婦さんは多いですね。
ですが、夜間の間食は特に体重の増加に繋がりやすくなります。
お風呂上りなど、アイスなどのスイーツが食べたくなるのは解ります。
ですが、出来る限り控えるようにしましょう。
特に寝る前の3時間は、基本的に間食NG。
どうしても食べたいなら、カロリーオフのものやゼロカロリーのものを食べるようにしましょう。
フルーツなどもカロリー少なめで消化も良いので少量ならばオススメです。

スポンサーリンク

妊娠中はだらだら食べ続けない

テレビをみながらお菓子をだらだら食べ続ける…至福の時間!
という妊婦さん、ちょっとまって!
おわかりのことと思いますが、これも妊婦には良くありません。
産休に入り時間が余るとこういうことをしたくなりますが、くれぐれも注意してください。
ダラダラ食べをすると想像以上にカロリーを摂取してしまいますし、胃腸にも負担をかけます。
気がついたらお腹いっぱいになって、ご飯が食べられず栄養不足に…なんてことも。
間食をする際にはダラダラ食べ続けず、せめて30分を目安にしておきましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の間食は100~200キロカロリーを目安にする

赤ちゃんと私、二人分だからいっぱい食べなきゃ!と思っている方、要注意です。
実は、妊婦の間食のカロリー目安は意外と少なく、100~200キロカロリー程度と言われています。

たとえば、妊婦が好きな間食1位と言っても過言ではないマックのポテトMサイズ。
これは1つで454キロカロリーと大幅にオーバーしてしまいます…!
しかも脂質や塩分が高いのでバランス的にも決して良いとは言いがたいもの。
たまにならいいのですが、毎日これだと太ったり妊娠中毒症や糖尿病に繋がってもおかしくありませんよね。
基本は低カロリーのものを間食にすることを忘れずに。

お菓子を買う時はカロリー表記をチェックしてみましょう。
意外と沢山のカロリーを摂取しているかもしれませんよ。


妊娠中は市販のお菓子は食べ過ぎに注意!

カロリーへ注意を払う、これは当然のことですよね。
実はそれ以外にも、糖分や脂質、化学物質なども注意したいところ。
そうしたなかで、あまりお勧めできないのが市販のお菓子です。
嗜好性の高いものは糖や脂が多いですし、化学調味料や着色料がふんだんに使われていることもあります。
お腹の赤ちゃんにとって、そういったものを摂取することは望ましいとはいえませんよね。
たまに食べる程度にとどめておくほうが良さそうです。

ではどんなものならば間食に向いているのでしょうか?
できれば手作りのものやフルーツ、ヨーグルトなどがオススメ。
カロリーも抑えめですし、栄養価も高いので体には良いといえるでしょう。

もちろん、市販のお菓子を食べても構いませんが、毎日食べるのはNG。
夕飯の買い物ついでに、ついつい買ってしまいがちなポテチの袋…。
欲しい気持ちをぐっとこらえて、1週間に1~2回くらいで抑えるようにしましょう。
決して、お菓子をまとめ買いするなんてことのないように気をつけてくださいね!


妊婦だからと我慢しすぎない、でも危険なことを理解する

妊娠中はただでさえ精神的に不安定になりがち。
なので、間食でストレスを抑えたりすることもありますよね。
もちろん、それは悪いことではありません。
ある程度ならカロリーをオーバーしてしまってもいいでしょう。
しかし、妊娠中毒症になってしまうと最悪流産の可能性もあります。
さらに人によっては妊娠がきっかけで糖尿病になることも…。
体重が増加すれば難産になってしまう可能性も高いんです!

妊娠中の体重増加は危険なことがたくさんあります。
こういった危険があることを念頭におきつつ、上手に間食を取っていくことを心掛けましょう。

妊娠中は手軽に必要な栄養を摂取すべき!

妊娠中は妙にお腹が空いて間食をしたい…という気持ちになりがちです。
適度であればそれほど悪いことではありません。
ただ、基本的な考え方としては「栄養バランスを取る」ことが大切です。

カロリーだけでなく、食事や間食で母体や胎児にとって良い栄養を意識しましょう!

妊婦に必要な栄養がたっぷり摂れる!

ひとてまい」は現代人に不足しがちな栄養を補給するのに最適です。
妊婦さんにとっても必要な栄養を手軽に摂取できるため人気となっています。


ひとてまいはスプーン一杯で

  • 若さの秘訣ビタミンEがほうれん草130株分
  • 元気の源のビタミンBが豚ロース420g分
  • 丈夫な体を作るビタミンB6がバナナ9本分
  • デトックスに効果的な食物繊維がレタス1玉分

と、妊婦さんにとって嬉しい栄養素がたっぷり♪
さらに

  • ヒアルロン酸
  • 海洋性天然コラーゲン
  • カルシウム
  • 中鎖脂肪酸

といった妊婦さんの美容と健康に良い成分も含まれています!

スプーン一杯でお手軽栄養摂取

使い方は簡単で、スプーン一杯のひとてまいを…

・飲み物に入れる
・炊飯器に入れる
・炒め物やスープなどどんなものにも入れる!

サッと入れるだけで妊婦さんに必要な栄養素を手軽に摂取できるのです。

間食に気を使うのももちろん大切です。
しかし「食べない」という選択肢は母体にとっても胎児にとっても良くありません。

せっかく食べるならば効果的に栄養を摂取してみませんか?
妊娠中の食事・間食にサッとスプーン一杯!

ぜひ「ひとてまい」を試してみてはいかがでしょうか♪

ベビハピ!的まとめ

お腹の中に赤ちゃんがいるのでお腹が空いてしまうのは仕方のないことです。
ストレスも溜まりやすいですからポテチやチョコをたまに食べるくらいならば問題はありません。
ただ、今回ご紹介したように食べ過ぎは厳禁!
節制しつつ、適度に間食を楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。