どうしよう?端午の節句の兜って誰が買うの?どうして必要なの? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

どうしよう?端午の節句の兜って誰が買うの?どうして必要なの?

96117518c00eebbc64de021c82ca8076_s
男の子が生まれ、春を迎えたら考えなくてはならないのが”兜”のこと。
この時期になるとお店に並び始めますよね。
1人に1つ、ほとんどの家庭で買われるものですが、買うのは母方の両親なのか父方の両親なのか…
そもそも、兜はどうして必要なのかをご紹介します。


スポンサーリンク

地域によって全く違う!

ひな人形は、全国的に母方の両親が買うというところが多いのですが、
兜や五月人形は地域によって結構違うんです。
母方の両親が買うと言うところもあれば、後継ぎとなるわけですから、子供が”内孫”となる父方の両親が買う場合もあります。
自分の地域ではどのようにしているところが多いのか…。
周りの先輩ママさんたちなどに聞いてみるのがいいかもしれませんね。
また、ネットで自分の地域の端午の節句事情について調べてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関東と関西

関東では母方の両親、関西では父方の両親が購入する場合が多いようです。
ですが、各家庭によっても違うので、一度確認しておくようにすることが必要です。
両家のご両親が別々の地域に住んでいて、考え方が違うと言う場合もあると思います。
やはり、事前確認が重要ですね。

スポンサーリンク

兜とこいのぼりで分担する

最近は、兜は母方、こいのぼりは父方の両親が購入すると言ったように、分担するパターンも多くなっています。
また、料金を折半すると言うパターンも増えています。
これなら誰が何を買うか揉めることもありませんし、良い選択肢と言えますよね。
この場合は、どちらも両親にもしっかり話をしておくことが大事です。
どちらの両親も孫に対する気持ちは同じです。
同じように兜を買ってあげたい、と考えている可能性もあります。
後々揉めてしまわないようにそれとなく聞いてみたり、
「端午の節句についてはどうする?」と事前に話し合っておきましょう。

兜を飾る理由

昔、江戸時代は5月になると梅雨に向けて手入れをするために兜を座敷に置いていました。
また、災いから身を守るために兜を飾ったり、神社に安全を祈願して兜を奉納したりしていました。
それを庶民が真似をして、兜を飾るようになったのがはじまりです。

命を守る道具だった兜に、「男の子を事故や病気、災害などの災いから守ってくれますように」という気持ちを込めて兜は飾られるようになっています。
生まれた男の子に対しての”健康”が願われているんです。
日本の古いしきたりですが、今もしっかりと受け継がれている端午の節句。
ちゃんと飾って健やかに育つように祈ってあげたいですね。

おわりに

孫のためにお金を出したい!そう思うのが祖父母の素直な気持ち。
純粋な思いだからこそ、両家で食い違いがあると変にこじれてしまうものなんですよね。
なるべく早い段階で「誰が、どちらが、何を購入するのか」を話し合っておきましょう!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。