何がいる?端午の節句飾りで必要なものと安く抑えるポイント5つ | Baby Happiness! <ベビハピ!>

何がいる?端午の節句飾りで必要なものと安く抑えるポイント5つ

0ff198863afd734a64310cb8ed5ec672_s
端午の節句を迎えるにあたって必要な飾り・・・。
どれを買えばいい?何が必要?安く抑えるには?
といった疑問にお答えします!
ポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

兜や五月人形はネットで

欠かせないのが、兜や五月人形などの飾り。
2万から5万円ほどが主流ですが、小さめのものなら2万以下で購入できるものも。
店舗で購入するのもいいですが、やはり安く抑えたいならネットで購入することをオススメします。
色々な商品を比較して選びましょう。
大手ネットショップなどで、値段別に検索するなどしてリーズナブルなものを探してみましょう。

スポンサーリンク

こいのぼりは小さいものを

お家にスペースがある一軒家なら、大きくて豪華な名前入りの旗やこいのぼりを用意する家庭も多いかと思います。
ですが、マンション住まいが多い現代では、ベランダや家の中で飾れるこいのぼりを購入する方も増えています。
小さいものなら2000円前後でも用意することが可能。
お部屋の中に小さな可愛いこいのぼりがあれば、雰囲気も出ますし子供も喜びそうですね。

スポンサーリンク

ちりめん細工で可愛く飾る

数万円する飾りを買う余裕はない…
という方にオススメのアイテムが、”ちりめん細工”です。
丁寧で可愛く、クオリティの高い飾りながらも低価格と言うのが魅力的。
ネットでは取り扱っているお店も多く、人気のアイテムとなっています。
兜やこいのぼりなど、多くのちりめん細工の飾りがあるのでチェックしてみては?


名前旗もリーズナブルなものが多い!

1万円以下で用意できるものが多い、名前旗は最近の端午の節句飾りでも人気のアイテム。
ネットで注文すれば名前が入ったオリジナルのものが用意できます。
最近では店舗でも多く取り揃えられていて、種類も豊富となっています。
兜や五月人形が用意できない場合は、こういったものを用意してもいいかもしれませんね。


両親に購入してもらう

兜や五月人形の多くは自分たちで買わず、両家の両親に購入してもらう場合が多いです。
「買ってあげる」との申し出があればいいですが、ない場合はそれとなく聞いてみるのもいいかも。
みんなで一緒に人形店に行ってみるのもいいですし、パンフレットやカタログなどを取り寄せてみてみるのもいいですね。
なかなか言い出しにくい場合もあるかもしれませんが、両親も「孫にプレゼントしてあげたい!」と思っているかもしれません。
さりげなく、「端午の節句の飾り、どうする?」と聞いてみてもいいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。