寝苦しい夜を気持ちよく過ごす!赤ちゃんのパジャマや室温について | Baby Happiness! <ベビハピ!>

寝苦しい夜を気持ちよく過ごす!赤ちゃんのパジャマや室温について

4420798487_d43f094ed9_b
夜も暑くなってきて、寝るときにあかちゃんがぐずぐずになってしまうことってありませんか?
赤ちゃんのためにエアコンを入れるべきなのか、扇風機はどう使えばいいのかパジャマはどういったモノを着せるべきなのか…。

赤ちゃんにとって大事な睡眠をより快適なものにしてあげたいもの。
どうしたらいいか、色々なことで悩んでいるママたちに、寝苦しい夜の過ごし方をご紹介します!

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンを賢く使って

寝室にエアコンがあり、どうしても暑い日は賢く使いましょう。
気を付けるべきポイントは以下の3点。

  • 温度は27~28度
  • 直接風が当たらないようにする
  • つけるならつけっぱなし

赤ちゃんは温度調節が上手ではありません。
寝入るときに快適でも寝ている途中でエアコンが切れて温度が変わるとそれに対応できないんです。
汗をたくさんかいたり、寝苦しくなって起きてしまう…ということも。

付けるなら、できれば朝起きるまでつけっぱなしのほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

扇風機しかない場合は?

エアコンがなく、扇風機しかないというご家庭もあるかもしれません。
またはなるべく節約したい…という考え方もあるでしょう。
そんな時は扇風機を上手に使って部屋の温度を替えてみてください。

窓を開け、外の空気を部屋で循環させるように扇風機を使うことをオススメします。
部屋の中に風を行き渡らせれば体感温度が違ってきますので快適になります。

扇風機でこれはNG!

扇風機の風ってなんだか気持ち良いですけど、やってはいけないこともあります。
たとえば、直接赤ちゃんに風を当続けると…。

  • 息が出来なくなってしまう
  • 脱水症状になりやすい
  • 赤ちゃんが触ってしまう

そんな危険なことが起こる可能性も0ではありません。

当てる場合は赤ちゃんから十分離して、直接風が当たらないようにしましょう。

スポンサーリンク

冷却アイテムを利用しよう

汗を吸収したり、冷感効果がある敷パッドなどの使用もオススメ。
夏用の寝具を利用して体感温度を下げてみましょう!

布団ではなく、タオルケットやバスタオルなどを使えば、汗も吸ってくれますし、温度も快適な状態になります。
いくつか寝具用に用意しておけば清潔に使えますよ♪


お腹を出さないように気を付けよう

先程も書きましたが、赤ちゃんはまだ体温調節が上手ではありません。
特に小さい赤ちゃんなら、ロンパースなど、つなぎの服でお腹が出ないようにしましょう。

もし上下が分かれているパジャマを身につけさせるならば、

  • ズボンに止めしろがついているもの(上着とくっつけることができるタイプ)
  • 腹巻がついているタイプ

といったものをチョイスすると良いですね。

お腹が出ていると体調を崩すことがよくあります。
タオルケットなどは足で蹴ってしまう可能性があるのであまりアテにはなりません。
しっかりとパジャマで対策をしてあげましょう。


通気性のいい素材のパジャマを選ぼう

メッシュ素材やガーゼ素材の通気性が良く、汗を吸収する効果も高いパジャマは、夏の必須アイテム。
赤ちゃんが快適に寝られますし、寝ている途中で汗だくになっても速乾性があるので安心です。
ママも赤ちゃんも寝ているのに着替えさせなくてはいけない…なんてことも防げます。

デザインとしては涼しくて快適な半袖タイプがいいですね。
可愛いプリントやデザインがほどこされているのものも多いので、チェックしておきましょう。

ベビハピ!的まとめ

暑苦しい夜は赤ちゃんにとってもママにとっても寝苦しく不快なもの。
今回ご紹介したようないくつかのポイントを組み合わせることで、快適な睡眠を手に入れることができます。

ぜひ試してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。