赤ちゃんの肌を守る!強い陽射しで日焼けしない4つの対策 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

赤ちゃんの肌を守る!強い陽射しで日焼けしない4つの対策

8122fb816af2d4c8cdea9eb86edc1d75_s
赤ちゃんの肌はとってもデリケート。
少しの日焼けで赤くなってしまいます。
極端に敏感肌な赤ちゃんだと、肌が荒れてしまうこともあります。
そこで大事なのが、赤ちゃんの肌を守るためにできること。
強い日差しによる赤ちゃんへの肌のダメージを軽減させる方法をご紹介。
可愛い赤ちゃんのきれいな肌を守れるように、しっかりとチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めはより肌にいいものを選んで

ベビー用の日焼け止めは赤ちゃんの肌を守るのに最適なアイテムです。
しかし、気になるのはその成分ですよね。
赤ちゃんに使用する際には「紫外線吸収剤」と言うものが入っていない、体により安全なものを選ぶことをオススメします。
また、虫よけも兼ねている日焼け止めは赤ちゃんを虫からも守ってくれるので非常に人気です。
敏感肌でもOKと書かれているようなものや、口コミなどで人気の日焼け止めをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

帽子は通気性のいいものを

暑い日は陽射しも強いもの。
赤ちゃんにも帽子をかぶせてあげて、直射日光を防ぎましょう。
ですが、帽子の中は蒸れてしまって汗だくになっていることも。
通気性のいいメッシュ素材や麦わら帽子など、できるだけ汗をかきにくい素材の帽子を選んであげましょう。
汗をかいて居心地が悪いと帽子を嫌がることもあるので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

紫外線量の少ない時間帯を選ぶ

お出かけをする際には服装やグッズだけでなく時間帯も選びましょう。
1日の中で午前10時から午後2時は紫外線量が非常に多い時間。
お出かけする場合は、この時間を避けることをオススメします。
朝早めにお散歩したり、食事の前に公園に行ったりと工夫をすることで日焼けを防ぎましょう。
時間をずらすだけで赤ちゃんもママもかなり快適にお散歩できますよ!


UVカットグッズを駆使しよう

ベビーカー・車にはサンシェード、抱っこ紐にはサンカバーなどを使って陽射し対策をしていますよね。
できればその素材はすべてUVカットのものにしておくといいでしょう。
こうすることで必要以上の紫外線をカットし、赤ちゃんを日焼けから守ることが出来ます。
夏場だけでなく春や秋、寒い冬も紫外線はあります。
暑い日だけでなく、外に出るときは使用すると良さそうですね。


過敏になりすぎるのも良くない?

赤ちゃんにとって紫外線は良くないもの!とされていますよね。
でも、実は少しくらいなら良い効果があるんです。
紫外線を浴びると体内ではビタミンDが生成されます。
ビタミンDはカルシウムを骨に取り込むの役割があり、体が丈夫になると言われています。
ですから、家の中にいるばかりでなく、外に出ることも必要なんですね。

しっかり対策しておけば怖くないので、日焼け対策をしておいて1日15分くらいはお出かけするといいでしょう。
その方が、赤ちゃんのストレスも生まれませんし、健康にも良いです。
ママの気分転換にもなるのでオススメです。

ベビハピ!的まとめ

強い日差しも工夫次第で防ぐことができます。
赤ちゃんの肌を日焼けから守ってあげて、お出かけを楽しみましょう♪
今回の記事が参考になれば幸いです!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。