乾燥肌で病院へ行く目安は?どんな治療をする?費用はどれくらい? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

乾燥肌で病院へ行く目安は?どんな治療をする?費用はどれくらい?

6594542273_5ded738768_b
乾燥する秋から冬にかけて、ほっぺたを真っ赤にしている赤ちゃんが増え始めます。
理由は色々とありますが、多くは乾燥によって肌が荒れていることが原因です。

乾燥は季節的なものでしょうがない、と思っている方もいるかもしれません。
自宅でとりあえずケアをしていれば治る…という考え方もあるでしょう。
しかし子どもの肌質によっては、乾燥肌から痒みによる引っ掻き傷、ただれたような肌になる子もいます。

酷く肌荒れしている場合は、やはり病院で適切な処置やお薬が必要です。
では、実際に乾燥肌で病院へ行く目安はどの程度なのでしょうか。
また、乾燥肌の治療やそれにかかる費用はどれ位なのでしょうか。

乾燥によって酷く荒れた赤ちゃんのお肌、病院での治療目安などについてご紹介します。


スポンサーリンク

赤ちゃんが乾燥肌になる原因は?

秋冬は空気が乾燥していて肌もカサカサになりがちです。
特に赤ちゃんは肌も大人に比べると弱いので乾燥しやすくなっています。
赤ちゃんが乾燥肌になる原因をいくつか見ていきましょう。

表皮がとても薄い

人間の肌にはバリアとなる表皮があります。
大人はラップ一枚ほどの厚みがありますが、赤ちゃんはその半分くらいと言われています。
また、皮脂量も少ないため角質層に溜まっている水分は大人の3分の2程度なのだとか。
そのため、大人よりも赤ちゃんの方が冬場に乾燥しやすくなってしまうのです。

汗っかきで水分が足りない

赤ちゃんは新陳代謝が激しくとても汗をかきます。
冬場でも頭や背中に汗をかいているものです。
水分補給をしっかりと行わないとすぐに肌がカサカサしてしまうんですね。

病気による乾燥肌

風邪や下痢・嘔吐、アトピーといった皮膚の疾患が原因で乾燥肌になることもあります。
子供のうちはちょっとしたことで体調を崩してしまうもの。
症状が軽い内に適切な処置をしてあげることが大切です。

保湿対策が大切

お風呂あがりや外出前などに保湿対策をすることも大切です。
肌のバリア機能が弱い赤ちゃんには、しっかりと保湿クリームなどを塗ってあげましょう。
大人用のものでは逆に肌荒れすることもあるので、低刺激のクリームを選びたいですね。

スポンサーリンク

乾燥肌で病院へ行く目安はある?

赤ちゃんの乾燥肌が酷い…。
どの程度の症状で病院に行くべきでしょうか?

数日間は様子を見てみる

まずは自宅でのケアで様子を見てみましょう。
保湿や部屋の乾燥を防ぐための加湿、入浴の仕方を変えるなどの工夫をしてあげてください。

何日くらいで病院に行くべき?

それでも改善が見られず、カサカサや赤みが増す、痒みを伴う等の症状があるならば注意が必要です。
3日~1週間を目安に一度病院を受診してみましょう。
赤みが強く、赤ちゃんが異常に痒がっている場合などはもう少し早めに受診しても良いでしょう。
病院に行くべきか迷う場合は、一度電話で相談してみるのも一つの方法です。

利用しやすい小児科を選びましょう

赤ちゃんの乾燥肌で受診が必要な場合、薬がきれる度の長いお付き合いになる事も考えられます。
また、アトピーやアレルギーといった体質的な問題が原因の場合もあるでしょう。
安心して長くかかれる、近場で通いやすい病院を選びましょう。

スポンサーリンク

乾燥肌の治療って?

乾燥肌で病院を受診する場合、赤ちゃんにはどんな治療が施されるのでしょうか?

軽度の場合

空気の乾燥による軽度の乾燥肌の場合は、ワセリンやローションなどの保湿剤を処方されます。
診察や処方箋で、お風呂上がりだけでなく一日数回ケアしてあげるよう指示されることでしょう。
赤ちゃんの肌に潤いを与え、自然治癒による肌の修復を行っていきます。

肌あれが酷い場合

乾燥肌による痒みや引っ掻き傷などのひどい肌荒れを起こしている場合はどうでしょうか?
ワセリンや保湿剤に加えて、ステロイドを処方されることがあります。
もしかしたら「小さな子どもにステロイド?」とためらうこともあるかもしれません。
医師の指示通りに正しく使用すれば、副作用などを心配することはほとんどありません。
ステロイドの効果によって、乾燥による赤ちゃんの肌荒れを改善してあげることができるでしょう。

飲み薬が出ることも

また、痒みが酷い場合は飲み薬を処方されることもあります。
お薬の味が苦手な子もいて、飲ませるのはけっこう大変です。
スポイトなどを使うとこぼさず飲んでくれるので試してみてください。

費用はどれくらい?

乾燥肌で何度も通院となると費用も気になりますよね。
赤ちゃんの乾燥肌で病院に行く場合、どれくらいお金がかかるのでしょうか?

自治体の制度でお安く受診できる

「乳幼児医療費助成制度」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。
乳幼児が医療機関にかかった場合、治療やお薬にかかる費用の一部、または全額を自治体で助成する制度です。
何歳まで、いくら負担してくれるかは各自治体によって異なります。
自治体のHPなどで、お住まいの地域の制度について確認しておきましょう。

病院でスムーズな治療を

乳幼児医療費助成制度により、場合によってはドラッグストアでお薬を購入するよりも安くおさまることもあります。
乾燥肌で酷く荒れてしまっているならば、無理に市販薬を使うよりも病院のほうがお得なんですね。
また、治りも早いのでできれば小児科に行っておきたいものです。

赤ちゃんを乾燥肌から守るために

肌荒れが酷い場合は小児科で診てもらうのが一番です。
とはいえ、酷い肌荒れを起こす前に予防する、これも大切ですよね。
肌が荒れて痒みが起きたり傷ができたりするのはとても可哀想です。

湿度や水分補給

乾燥肌を防ぐには室温や湿度を保つことが必要です。
また、冬場だからといって水分補給を怠るのもいけません。
しっかりと環境を整えて赤ちゃんの乾燥肌を防ぎましょう!

保湿クリームでバリア機能を高める

保湿クリームによるお肌のケアも重要なポイントです。
肌バリアが薄い赤ちゃんに、保湿剤の膜を作ってあげれば、乾燥しにくくなります。
ただ、大人用のクリームでは刺激が強く肌が赤くなったり痒みがでることも。
赤ちゃんでも使える低刺激クリームを選んであげてくださいね。

ベビハピ!的まとめ

美しい肌の代名詞とも言える赤ちゃんの肌は、実際はとても乾燥に弱くデリケートです。
気が付いたらカサカサで真っ赤、引っ掻いて傷になっている、などのひどい肌トラブルを引き起こすきっかけにもなる乾燥肌。
むやみやたらに病院へ行くことは、流行性のウィルスなどの病気をもらってきてしまいそうでためらわれますよね。

まずは自宅でのケアで様子を見て、必要に応じて医療機関で適切な処置を受けましょう。

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!