夏の風邪に注意!適正な室温・湿度を保つ4つのエアコンの使い方 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

夏の風邪に注意!適正な室温・湿度を保つ4つのエアコンの使い方

264852a0d5c6d96b86322df35ebbd240_s
夏にひく風邪は治りにくい…なんて聞いたことはありませんか?
実はこの時期のウイルスは高温多湿を好み、まさに日本の夏に活動しやすいものなんです。

夏風邪の予防・対策をするにはどうしたらいいのか…。
その答えはエアコンを活用すること!
適正な室温・湿度を保ち元気に夏を乗り越える、エアコンの使い方をご紹介します!

スポンサーリンク

あなどれない夏の風邪

一般的に夏の風邪といえば、穏やかなイメージかもしれません。
高熱がでるわけでもなく微熱ですし、風邪症状(のどの痛み、鼻水、咳、下痢など)くらいなので、軽くみられがちです。
しかし、侮っていると、夏風邪はだらだらと長引いてしまうことが度々あります。

夏風邪の原因はなに?

夏の風邪の原因となるウイルスは高温多湿を好むアデノウイルスやエンテロウイルスが代表格です。
ですから、流行る時期は気温が15度を超えるころから出始めます。
ピークとしては梅雨のジメジメした時期くらいといわれています。
とはいえ、日本の夏は湿度が高いのでほぼそのピーク状態を保っているようです。

不快な気候だからこそ病気になりやすい

夏や梅雨というのは、私たちにとっても不快指数の高い時期ですね。
不快で身体にストレスがかかるうえに、食欲も落ちて、免疫力が落ちやすい時期なのです。

エアコンが夏風邪の原因に?

また、免疫力を下げる原因のひとつに、エアコンを挙げることができます。
たいていの場合、エアコンの効いた涼しい場所と外気温の差が大きくなりますよね。
そうした場所の移動を繰り返すことで、自律神経機能は狂い、免疫力が下がると言われています。
さらに一度夏風邪にかかってしまうと、免疫力が低下しますので、なかなか治りにくいというわけです。

スポンサーリンク

夏風邪でエアコンは使っていいの?

風邪をひいてるのに、エアコン使っていいのかな?と一度は悩まれるのではないでしょうか?
それに、外気との差が免疫力を低下させてしまうというし…。
でも体を冷やすのは良くないし、使わなければ寝苦しい。
風邪は早く治したい!どうしたらいいの?
本当に迷うところですよね。

エアコンを上手に使うことが大切

夏風邪は高温多湿を好むウイルスが猛威をふるいます。
ですから、汗をかいて治す!というのは逆効果になることもあります。

また、免疫力を回復させるには、栄養と休息です。
暑苦しくて大事な睡眠がとれないのでは、ますます長引いてしまいますよね。
確かに外気との差は気になるところですが、エアコンを使わないことのデメリットの方が実際は大きいものなんです。

暑い時にはエアコンを上手く使う!それが夏風邪を治す重要なポイントのひとつになります。

スポンサーリンク

エアコンの上手な使い方5選

1.温度設定は高め。

適正な室温は一般的には28度とされています。
これはいわゆるエコ設定というやつですね。
動いていても全く汗をかかないくらいに涼しい!というのはちょっと低すぎ。
寝ていても汗をかかず、快適に寝られるなぁ…というくらいの室温にしましょう。

2.湿度のコントロール

夏のウイルスは湿度が高いと元気になりますから、除湿も大切です。
しかし、乾燥しすぎもウイルスが体内に入るのを防ぐ粘膜のバリア機能は低下してしまいます。
そこで工夫の一つとしてやってみたいのが濡れタオルの使用。
エアコンで除湿しつつ、濡れタオルを一枚干しておくと程よい湿度が保ちやすくなります。

ちなみに、適切な湿度の目安としては40~60%と言われています。
40%以下だと粘膜のバリア機能が低下しウイルスの侵入を許してしまいます。
逆に60%以上ではカビが増殖しやすくなり、空気が不衛生になるのでやはりいけないんですね。
適度な室温とともに、湿度のコントロールもしていきましょう!

3.直接風にあたらない。

室温は丁度よくても、風があたり手足が冷えてしまって、寒気を感じるのでは、逆効果です。
エアコンは直接風が当たらないように向きの調整をしましょう。

また、必ず肌かけを一枚かけておく、というのも良い方法です。
赤ちゃんは大人に比べて体温調節がまだ上手ではありません。
ですから室温を下げたら、体温まで下げないように気をつけなくてはいけないんですね。
あまり薄着にさせすぎないようにしましょう。

4.汗をかいたらそのままにしない。

汗をかいたあとにそのままにしておくと、体が冷えてしまいますから免疫力が落ちます。
また、湿った服はウイルスが増殖しやすい環境です。
汗をかいたら体を拭いたり、着替えたりとしっかり落とすようにしましょう。

また、熱がでていないようであれば、さっとシャワーで洗い流すのも良い方法です。
「まだ赤ちゃんのお風呂の時間じゃないけど…」と思うママもいるかもしれません。
ですが、別に1日になんど入っても構わないもの。
むしろ汗をかいたらしっかりと流してさっぱりさせた方が赤ちゃんの機嫌も良くなります。

5.適度な空気の入れ替えも必要

エアコンの使用中はそうしても部屋が密閉状態になってしまいますね。
もしも誰か一人が夏風邪にかかれば…部屋の中にウイルスが舞ってしまうことも。
同じ生活環境にいる家族が総倒れになってしまうかもしれません。
エアコン使用中はこまめに部屋の換気をして、空気を入れ替えることも大切です。


ベビハピ!的まとめ

暑い夏を元気に乗り切りたい!
夏風邪にならないようにするポイントはエアコンの上手な使い方です。
ご紹介したコツを参考に、ご自宅での室温・湿度などを見なおしてみてはいかがでしょうか。
病気をせず、快適に夏を乗り切りましょう!

The following two tabs change content below.
こうすけかあちゃん

こうすけかあちゃん

千葉県在住。中学生の女の子と、小学生の男の子の2児の母です。 現在、こどものからだつくりをテーマにしたNPO法人を運営しています。色々なお子さんたちと出会った経験が生かせればと思っています。