授乳中の風邪薬はOK?市販と処方はどっち?治し方と予防法まとめ | Baby Happiness! <ベビハピ!>

授乳中の風邪薬はOK?市販と処方はどっち?治し方と予防法まとめ

afc955ef4f909c593fc09e442ea8ce76_s
風邪をひいた時、体はきついし、赤ちゃんのお世話はなかなかできないし、本当につらいですよね。
赤ちゃんが風邪をひいて、ママにもうつる・・・こんなことは、本当に良くあることです。
なんだか「私ってこんなに体が弱かったっけ?」と思うほど、たくさん風邪をもらいます。

また赤ちゃんにうつしてしまわないか、授乳中のお薬は大丈夫?ということも心配。
できるだけ早く、ママの風邪を治したいものです。

授乳中の風邪薬の服用について、市販薬と処方薬どちらが良いか、風邪に良いレシピをご紹介!
風邪を予防するための免疫力アップに関するヒントもお伝えします♪


スポンサーリンク

お薬の成分は、母乳を通して赤ちゃんも摂取

授乳中の風邪薬は注意が必要です。
家に市販薬があるし、早く飲んで治そう…と思うママもいると思います。
ですが、何も考えずにそれを服用してしまうのは良くありません。

ママが食べたもの・飲んだもので、おっぱいの質が変わる、おいしくも不味くもなる、と聞いたことがありませんか?
母体に摂り入れられたものは、少なからず母乳に影響があります。
お薬も同じで、ママが服用すればそれが母乳に混じって、赤ちゃんも飲んでしまうことになるんですね。
授乳中は妊娠前・妊娠中と同じように、軽い気持ちでお薬を飲むことは厳禁です。

スポンサーリンク

授乳中の風邪薬は市販薬?病院の処方薬?

インターネットで調べると、授乳中でも飲める薬として紹介されている風邪薬が結構あります。
確かに、市販薬の中には「授乳中の服用」について注意書きされていないものがあります。
そういうものであれば、用法用量を守っている限りは安全、という話もありますね。

逆に、「授乳中は服用を避ける」といった注意書きをされているものもあります。
その場合には当然、服用してはいけないということになります。
急な風邪で病院もあいていない、でも服用は不安…そんな場合は薬剤師さんに相談をするようにしましょう。

できれば病院での処方薬を飲みましょう

薬局で薬剤師さんのお墨付きを貰った市販の風邪薬であればとりあえず安心ですよね。
ですが、できれば病院を受診して処方薬を貰ったほうが良いでしょう。
そもそも、市販薬と比べると処方薬は効き目が違います。
薬局に何度も通うよりは病院でちゃんとお薬を貰ってしっかり素速く治した方がいいですよね。

また、授乳中であることを伝えればそれに合わせてお薬をお医者さんが選んでくれます。
風邪以外の体調面なども考慮してくれますので、市販薬よりも安心できることでしょう。
休診日や受付終了しているならば仕方ありませんが、できるかぎり病院で風邪薬を貰ってください。

スポンサーリンク

ママの治癒力・免疫力を高める特製風邪予防レシピ

授乳中でも飲める市販薬はもちろんありますし、処方薬であれば安心できます。
ただ、飲める薬はあったとしても、赤ちゃんが少なからず摂取してしまうもの。
できればお薬に頼らずに治したい…というのもママの本音でしょう。

安静にして体調を整え、自己治癒力を高めて風邪を治す・予防するもの良い方法です。
たとえば、こんな方法があります。

  • 生姜パワーで体を内側から温めてあげる
  • 温めたはちみつレモンで喉の癒しとビタミンC補給
  • はちみつ大根シロップもで免疫力アップ

民間療法的ですが、食事から治癒力を高めることも風邪には効果的です。

はちみつ大根シロップの作り方

中でも「はちみつ大根シロップ」は風邪の引き始めにはオススメです。
作り方は簡単で…

  • 大根の皮をむく
  • 適当な大きさに切る
  • 大根がひたるくらいにはちみつをかける
  • しばらく待つと、水分が出てくる
  • 出てきた水分を、少しずつ飲んでみる

はちみつなので咳にもいいですし、大根の栄養素が染み出しているので体にもいいです。
安静にして、栄養があるものを食べて、風邪を撃退してしまいましょう!

葛根湯は? 薬剤師さんに相談しよう!

安静にはしてみたけれど、なかなか治らない、かといって赤ちゃんと一緒に病院を受診するのは大変…。
そんな時は、ドラッグストアの薬剤師さんに相談する、ということも方法の一つです。
薬局には葛根湯という風邪のひきはじめに良い漢方が販売されています。
こちらは、授乳中でも大丈夫なものであり、乳腺炎の際にお医者さんから処方される薬でもあります。
「葛根湯を飲みたいのですが…」と薬剤師さんに相談してみても良いでしょう。

風邪を予防することも大切!

病気はかかる前に予防することが何よりも大切です。
それはもちろん、風邪だって同じことですよね。

風邪の予防としては

  • しっかり栄養を摂る
  • 質の高い睡眠を得る
  • ストレスを溜めない
  • 手洗いやうがいをする

といったことが代表的ですね。
実はこれら予防策は全て「免疫力向上」を目指しています。
免疫力を高めればウィルスや菌が体に入り込むのを防いでくれます。
なので、栄養や睡眠、ストレス解消など体調管理が風邪予防では大切になっているんですね。

葉酸は免疫力向上に効果的

妊婦や授乳ママの必須栄養素である「葉酸」も免疫力向上に効果を発揮します。
パントテン酸やビタミンB6などと協力しあってタンパク質を効率よく生成。
すると免疫が向上して風邪をひきにくくなるのです。

また、葉酸は冷え性の改善にも良いと言われています。
血行不良を解消して、手足の冷えから開放してくれるのです。
末端の冷えは免疫力低下の元となります。
血行を促進して体を温める葉酸で、免疫力をアップさせて風邪を予防しましょう!

免疫力アップにベルタ葉酸サプリ

ベビハピ!的まとめ

早く良くなって、笑顔で赤ちゃんと接することができるようになることが、赤ちゃんにもママにもベスト!
市販の風邪薬の場合はやや注意が必要ですが、薬は絶対に飲まない!と決めこまなくても大丈夫です。
注意書きをチェックしたり、薬剤師さんに相談したり、お医者さんから処方してもらったり…方法はたくさんあります。
風邪の時は判断も鈍りがちですから、体の力を抜いて、焦らず治すことを考えましょうね。

もちろん、免疫力を高めて風邪予防をすることもお忘れなく♪

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!