なかなか治らない赤ちゃんの鼻づまり効果的な5つの対処法 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

なかなか治らない赤ちゃんの鼻づまり効果的な5つの対処法

408262_1280
赤ちゃんは鼻呼吸がメインですが、一度風邪を引くとなかなか鼻づまりが治りません。
鼻づまりが治らないと息苦しく機嫌が悪い、ミルクを飲めないなどの様子が見られるようになり、病院で薬を処方してもらうことも多いかと思われます。
そうなる前に、なかなか治らない赤ちゃんの鼻づまりに家庭でできる対処法を紹介します。

スポンサーリンク

家庭でできる対処法

①鼻吸い器で鼻を吸ってあげましょう

小児科や耳鼻科でも鼻水を吸引してくれますが、家庭でもある程度は市販の鼻吸い器で対応できます。
鼻を吸うことに驚き、嫌がる赤ちゃんが多いですが鼻を自分でかめない赤ちゃんには必要な対処法です。
ただし、強く吸い過ぎると鼓膜を傷つける恐れがあるので気をつけましょう。


②綿棒で鼻くそを取ってあげましょう

鼻水が固まり、鼻くそが鼻を塞いでいるようならば綿棒で取ってあげます。
爪など固いもので取ると、粘膜を傷つける可能性があるので綿棒など柔らかいもので優しく取ってあげましょう。
また、鼻の奥まで無理に突っ込むことも粘膜に悪影響を与えますので気をつけましょう。

③鼻を温めてあげましょう

鼻の付け根、または鼻の下に蒸しタオルなどを当てて温めてあげると鼻水が流れやすくなります。
お風呂でも蒸気により同じ効果があります。
ただし入浴させる際は赤ちゃんの体調に合わせ、長湯や湯冷めに気をつけましょう。

④室内の加湿しましょう

空気が乾燥すると鼻水が固まりやすくなります。
適度な湿度は50~60%といわれています。
加湿器を利用したり、バスタオルを室内に干すなど乾燥対策を心がけましょう。

⑤くしゃみで鼻水をだしてみましょう

鼻吸い器や鼻を温めることでもなかなか鼻の奥のつまりがとれないようならば、こよりなどで赤ちゃんの鼻を刺激し、くしゃみを誘います。
くしゃみで鼻水が出やすくなったところで再度できる対処を行いましょう。

スポンサーリンク

なぜ赤ちゃんの鼻づまりは治りにくい?

そもそもなぜ赤ちゃんの鼻はつまりやすく、なかなか治らないのでしょうか。
赤ちゃんの鼻は未発達で狭くなっているのに、粘膜の分泌物が非常に多いという状態になっています。
また気温の変化にも大変敏感に反応します。
そのため、大変鼻がつまりやすくなるのです。
鼻づまりを起こしやすい赤ちゃんのために家庭で適切な対処をしてあげましょう。

鼻下のケアも忘れずに

また鼻下の皮膚のケアも忘れずに行います。
鼻水で荒れてしまうことのないよう、湿らせたガーゼなどで優しく拭き取りましょう。
かぶれやすくなるので、クリームなどで保湿してあげるといいでしょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!