辛い…産後うつの治療はやっぱり病院?心をケアする6つの方法 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

辛い…産後うつの治療はやっぱり病院?心をケアする6つの方法

d4455dd6bdefecca51ad7240d98a4fc3_s
「急に涙脆くなる。」
「イライラしたり、無気力になる。」
「いつもの自分じゃないみたい・・・。」

産後そんな風に感じたら、産後うつに陥っている可能性があります!
病院の治療だけでなく、心をケアするいくつかの治療方法をご紹介いたします!


スポンサーリンク

まずは気軽に病院へ行きましょう!

「心のケアで治療に通っているなんて恥ずかしい・・・」
そう思うママもきっと多いでしょう。

いえいえ、そんなことありません!
むしろ早めに病院に行かないと、産後うつが重症化して、本格的に「うつ病」を発症することだってあります。

薬を正しく飲んで治療して、楽になったら嬉しくないですか?
処方された漢方が体に合ったら、元気になれそうじゃないですか?
きっとお医者さんは、親身に相談に乗ってくれますよ!

スポンサーリンク

あなたの応援団・両親を頼ろう!

これは環境によって可能なママも、そうでないママもいらっしゃると思います。
が、意外と「私一人でできるから!」と最近頑張りすぎて産後うつになってしまうママが多いようです。

疲れてしまって、何もやる気が出ない。
そんなときは、ママも少しの間子どもに戻って実家のご両親に甘えてみてはいかがでしょうか。

あまり長く甘えてしまうと、喧嘩の元になってしまうかもしれませんので、期間をはじめに決めておくと良いですよ♪

スポンサーリンク

親しい友人・知人に会ってみよう!

リフレッシュはうつ改善の治療方法の一つです。
昔ながらの心の知れた友人は、再開すれば昔の友人のまま。
最近知り合ったママ友にはこんなこと言えない・・・という悩みもきっとあると思います!

パパに数時間だけでも面倒を見てもらって、いつもより少しきれいな恰好をしてのお出かけは気分転換になりますよ。

旅行に行ってリフレッシュしてみよう!

赤ちゃんとの旅行は不安がいっぱいですが、最近は赤ちゃん向けの温泉旅館も多々あります。
出産前よりもガッツリいろんなところを巡るのは、少々厳しいかもしれませんが、旅館の至れり尽くせりのご馳走をお腹いっぱい食べるだけでもリフレッシュ。

子ども連れの多い家族向けプランにすれば、子どもが多少騒いでも気になりませんよ。

パパに長期休暇を取ってもらおう!

いつも赤ちゃんと二人っきり・・・。
話し相手がいないと、だんだん心が暗くなってしまう気持ち、大変わかります。

パパの勤め先によっては無理な場合もありますが、休暇をとって家族サービスをお願いしましょう。
ちょこっとパパとお留守番してもらって、美容院やエステなどでリフレッシュしてみても良いかもしれません。

たまには一時保育を利用しよう!

実は、私かなり一時保育に救われました!
私は転勤族なのですが、この「何かあったら一時保育に頼ればいいや!」と思えるようになったからこそ、育児に自信が出たと言っても過言ではありません。
産後うつが改善した治療方法のひとつかもしれません。

当初私の両親は「そんな小さい時から保育園に預けるなんて!」とかなり最初怒られました。
しかし今では保育士さんたちに見てもらうのが個人的に一番気楽です。

お名前を書くのが面倒くさい!という声もありますが、私はなによりも一度でいいから爆睡してみたかったので、頑張ってお名前書きました。
うつっぽくなっているときは何をするのも億劫ですが、動きはじめたら早いです。

激戦区でも、ボランティア団体が行っている「疲れてしまったママさん用の一時保育」なんかもこっそりあったりしますよ。

ベビハピ!的まとめ

産後うつは一人で悩めば悩むほどその症状を重たくしてしまうものです。
自分だけで解決しようとはせず、病院はもちろん周囲の人の力を借りてみてください。
人と会話をするだけでも、行動を起こすだけでも、誰かに寄り添ってもらうだけでも、心は軽くなるものです。
赤ちゃんの笑顔のためにまずはママが笑顔から!
焦らずゆっくりと心のケアをしていってくださいね。

The following two tabs change content below.
鹿野 かの子

鹿野 かの子

奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。