ちょっと不安…産後の生理の量ってこんなに多い・少ないもの? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

ちょっと不安…産後の生理の量ってこんなに多い・少ないもの?

418423706_29f71f44f3_b
妊娠をきっかけにとまった生理が、出産を経て久しぶりに再会すると妊娠前とは違うように感じる方が多いようです。
産後の生理ってこんなに量が多いの?または少ないの?
出産をきっかけに生理の経血の量に変化があることは珍しくありません。
放っておかず、少し勉強するだけで不安は解消されるかもしれません。


スポンサーリンク

産後の生理が妊娠前と変わった理由

①ホルモンバランスの変化

妊娠、出産で体には大きな負担がかかっています。
これによりホルモンバランスが崩れてしまうと、経血の量に変化があったり、周期が乱れたりすることがあります。
またホルモンはストレスの影響を受けやすいものです。
育児の疲労や環境の変化によるストレスが産後の生理の変化の原因かもしれません。

②子宮の大きさの変化

妊娠、出産を経て子宮の大きさに変化があったことにより経血の量が増えていることもあります。

スポンサーリンク

経血が多すぎる時は…

産後の経血が多すぎて外出が大変ということもよくあります。
体質の変化でそのまま続くという場合も中にはあるようです。
ただ、基本的には一過性のものであり子宮が回復し妊娠前と同じ状態に戻ると落ち着いていきます。
まずは数周期、様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

病気が隠れているケースも

あまりにも経血が多すぎる時には病気も心配です。
子宮筋腫や内膜症、甲状腺の機能の問題など病気が隠れている可能性があります。
体調に不安を感じるようなら一度病院を受診した方がいいでしょう。
また、量が多すぎる時は貧血にも注意してくださいね。

経血が少なすぎる時は…

経血の量が妊娠前より明らかに少ない…ということもあります。
実は産後に最初に来た生理は無排卵であることも多いようです。
この場合経血の量は少ないものになります。

産後に軽くなる?

よく「産後生理が軽くなった!」というママさんがいます。
これは無排卵の生理であるためということも考えられますね。
子宮が回復し、排卵もしっかり起こるようになると経血の量は次第に多くなってくるようです。
または、排卵はあってもホルモンバランスの変化により妊娠前よりも経血が少なくなっていることもあります。
あまり気にする必要はありませんが、どうしても不安な場合は病院に足を運んでみましょう。

生理の重さ・軽さにおける大切なこと

産後の生理の変化は人それぞれ、個人差が大きいです。
とりあえず大切なのは、経血の量そのものよりも
「病気が隠れていないか」
「排卵がちゃんとあるか」
ということではないでしょうか。
あまりにも経血の量が増え、貧血など体調に不安を感じるようならば一度婦人科を受診してみましょう。
また生理が再開したら基礎体温をつけておき、排卵の有無を確認できるようにすると便利です。

妊娠を望むか否か

産後の生理再開は、女性の体が「妊娠可能」となった合図です。
二人目が欲しい、もう大丈夫…考え方はご家庭それぞれ。
たとえば、婦人科では経血の量に悩んでいるママさんがけっこういらっしゃるそうです。
妊娠を望んでいない場合は生理をコントロールするためにピルを勧められることがあるんですね。
しかし、妊娠を希望する場合ももちろんあるでしょう。
その場合は経過を見たり、その他の病気が隠れていないかなどのチェックも行われます。
つまりピルの処方はされないわけですね。

産後、ご夫婦でどういった家族計画をされるかしっかり話し合っていくことも大切になるかと思います。

ベビハピ!的まとめ

産後すぐの生理は量・周期ともに乱れやすいものです。
母乳や育児のストレス、ホルモンバランスなど色々なことが関係しています。
不安なこともあるかもしれませんが、生理再開は妊娠前の体に戻っている証拠。
身体の調子が整っていくのを焦らずゆっくりと待つことが何よりも大切かと思います。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!