8割の育児ママが腱鞘炎を経験!?症状は?いつまで続く?改善策は? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

8割の育児ママが腱鞘炎を経験!?症状は?いつまで続く?改善策は?

ある日、突然手首が痛い!
それまでなんともなかったのに…。

子育てをしている方の多くは、こうした手首の不調を経験しています。

実はそれ、育児ママの宿命とも言える「腱鞘炎」なのです。

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_s

手首が痛くて赤ちゃんを抱っこできない、オムツ替えも辛い、沐浴もキツイ…。
育児だけでなく、家事も難しくなりますし、ドアを開けたりペットボトルのフタを開けるのもできなくなることも。

育児ママにとってこれは大きな問題です!

なぜ子育てで手首が痛くなってしまうのでしょうか?
8割のママが経験するという育児での腱鞘炎の症状、いつまで痛みが続くのか?、改善法をまとめました!

スポンサーリンク

8割のママが育児による手首の痛み=腱鞘炎を感じていた!

実は多くのママが腱鞘炎を経験しているのをご存知でしょうか。

ある調査によると8割以上の子育てママが「手首の負担・違和感」を感じているのだそうです。
特に「初めての子育て」で腱鞘炎の痛みを感じることが多く、2人目以降はそれほど感じないのだとか。

初育児は慣れないことも多く、緊張などをすることから「手首に負担をかけやすい」のでしょう。
いずれにせよ、ほとんどのママが育児による腱鞘炎を経験しているのです。

スポンサーリンク

育児中のママが腱鞘炎になりやすい理由は?

8割の育児ママが経験している手首の違和感。
なぜこのように多くの方が腱鞘炎になってしまうのでしょうか?
育児と腱鞘炎の関係から、その原因を見ていきましょう。

女性は腱鞘炎になりやすい

統計的に女性は男性よりも腱鞘炎になりやすいとされています。
というのも、筋力が弱いため関節に負担をかけやすいからです。
重いものを持った時など、男性よりも女性の方が腱や腱鞘に負荷がかかりやすいのです。

たとえば、手で重い物を持つ時。
男性は腕だけでなく肩や腰、足などすべての筋肉を使います。
しかし女性は体の筋力が弱いため、手だけを使ってしまいやすい傾向にあるのです。

そうしたことから、女性の方が腱鞘炎になりやすいと言われています。

腱鞘炎の原因となりやすい育児の動作

女性は男性よりも腱鞘炎になりやすいことがわかりました。
さらに、実は育児の様々な動作が手首に負担をかけているのです。
どのような行動が手首を痛めるのか、腱鞘炎の原因になりやすい育児中の動作をご紹介します。

  • 抱っこ
  • オムツ替え
  • お着替え
  • お風呂での沐浴
  • 赤ちゃんの移動
  • 離乳食用に食材を刻む

こういった動作では赤ちゃんの体を手で支える必要があります。
また、離乳食で食材を刻むなどの連続動作も手首に負担がかかります。
こうした、様々な育児での行動が積み重なることが腱鞘炎につながっていくのです。

初育児は特に腱鞘炎になりやすい!

8割のママが腱鞘炎や手首への違和感を得ています。
実はそのほとんどが「初育児」の時です。
2人目以降は意外と腱鞘炎になるママは少なくなっています。
なぜ初育児のママは手首を痛めやすいのでしょうか?

その大きな理由の一つが「育児・赤ちゃんに慣れていない」ということです。

たとえば、実際に子供を抱っこしてみると、「意外と重い」と感じます。
出産時はだいたい3000グラムくらいあるわけで、ペットボトルよりも重いのです。
さらに月日を重ねるごとにどんどん成長していき、体重も増えていきます。
その分だけ抱っこなどをした時の手首への負担も大きくなっていきます。

また、初育児のママは緊張しています。
初めての子供だから扱いが慎重になりすぎて、体もガチガチになりがちです。
大切にするがあまり、腕に変な力が入ってしまい手首への負担が増える…ということもあります。

誰でも最初の子育ては「慣れない」ですし「緊張」します。
そのため、初育児ママはどうしても手首を酷使してしまい、腱鞘炎になりやすいのです。

スポンサーリンク

育児中のママがなりやすい腱鞘炎の症状とは?

腱鞘炎の症状にはいくつか種類があります・
特に育児中のママがなりやすい腱鞘炎の症状としては

親指から手首にかけて痛みが出るタイプの腱鞘炎 

と言われています。

腱鞘が炎症を起こす

手首には親指の動きをコントロールする腱が2本あります。
そして腱を覆っている腱鞘という輪っかのようなものが手首にあります。
手首に負担がかかると、腱や腱鞘が炎症を起こしてしまうのです。
それが「腱鞘炎」というものになります。

ちょっとしたことで痛い!

腱鞘炎になると、関節を動かす度に痛みが出てきます。
育児ママの場合は特に「親指」を動かすと強い痛みが出やすいでしょう。
そのため、何かを持つとか手首を軽く曲げるといった動作がしにくくなってしまいます。

症状が悪化するとどうなる?

症状がひどくなると目に見えて手首の辺りが腫れることも。
また、親指が曲がらないといった機能的な障害が強く出るようになってきます。
一度症状が出ると、しっかりと改善するまでは痛みが出るものです。
しっかりと治療をしたり、原因となるものを排除するまたは改善することが必要になります。


腱鞘炎の辛い痛み…いつまで続くの?

腱鞘炎で手首が痛い!とはいえ、育児は待ってくれません。
この辛い痛みは、いったいいつまで続くのでしょうか?

軽ければ数日、酷い時は1年以上続く

腱鞘炎の症状の重症度によっていつまで痛みが続くのかが違ってきます。
軽い炎症であれば、数日程度で回復することもあるでしょう。
逆に重い症状の場合は、半年~1年以上痛みがひかないこともあります。

気づいたら痛みが消えているというケースが多い?

育児の腱鞘炎は「痛い、痛い」と思っていたのに、数ヶ月したら痛みが消えていた…というケースが多いのも事実です。
ママになって数ヶ月経ち、育児にも慣れてきたことで手首に負担がかからなくなったことが回復の理由です。
緊張のあまりに上半身がガチガチになるほど力を入れて育児をすることがなくなれば、自然と回復することも珍しくはありません。

痛みを早く取るためにはどうすればいい?

腱鞘炎の1番の治療法は、手首を酷使しないことです。
手首の痛みが続く場合は、痛みを我慢してママだけが育児をするという環境を改善したいものです。
パパやママのお母さん、または親戚などにも手伝ってえると、負担が減り症状の改善も早くなります。
また、あまりにも痛い!という場合には整形外科を受診するのも良いでしょう。

症状が重くなってしまうと、自然治癒するのに時間がかかってしまいます。
痛みを取り、適切な治療でしっかりと腱鞘炎を治したほうが、結果的に改善も早いものです。


すぐできる!ママの腱鞘炎改善方法!

育児による腱鞘炎をなるべく早く改善したい!
赤ちゃんのためにも、自分のためにも手首をスッキリしたい!

ママの腱鞘炎を改善するためのいくつかのコツもご紹介します。

自宅でできる腱鞘炎の改善方法

自宅で自分でできる治療・改善法としては以下のものがあります。

  • 手首をサポーターなどで固定する
  • 湿布をして炎症を抑えてあげる
  • 腱鞘炎に良いツボ押しやマッサージをする
  • 手首や腕・肩などのストレッチをする

腱鞘炎の改善ではとにかく手首をいたわり、無理に動かさないことが大切です。

育児の仕方を工夫して手首の負担を軽減

また、育児でも色々と工夫をしていきましょう。

抱っこの仕方を変える(腕だけでなく体全体で抱っこする)
赤ちゃんのお世話で手首を緊張させすぎない
離乳食ではフードプロセッサーを活用する
無理に一人でこなそうとしない

2人目の子供の時は腱鞘炎にならなかった、というママがほとんどです。
子育てに慣れて緊張しなくなり、手首に負担がかかりにくくかったことがその理由です。
つまり、育児での行動を見直していけば、腱鞘炎も改善・予防しやすくなるのですね。

体のコリを解消して腱鞘炎を改善!

実は腱鞘炎は肩こりや頚椎のコリも原因となることがあります。
筋肉が固くなることで、肩や体幹の筋力を上手く使えなくなり、手首に負担をかけやすくなるためです。

初めての子育ては誰だって緊張してしまうことでしょう。
そのあまりに上半身の筋肉が硬くなったり、気づいたときには肩や首がコリ固まってしまうことも珍しくありません。
ストレッチをしたり、首や肩を回したり、育児の合間に筋肉の緊張を和らげてあげましょう。

ベビーグッズで腱鞘炎を予防・改善!

手首に負担をかけないために、ベビーグッズも積極的に使いましょう!

例えば、抱っこ紐や授乳クッションはママの負担を軽減してくれる必需品です。
手首や腕の筋肉を使わなくて済むので、腱鞘炎を予防・改善するのに大活躍します。

特に授乳クッションは、絶対にあった方が良いグッズの一つ。
授乳の間、ママが赤ちゃんを手首や腕で支える必要がないので、腱鞘炎の予防になります。
それに、赤ちゃん自身もクッションで優しく包まれながら眠ることができるので、深くお休みできるでしょう。

沐浴をしやすくするベビーバスも必ず準備しましょう。
赤ちゃんの体を無理なく支えられるものであれば、手首への負担は大幅に減ります。

他にも育児の負担を軽くするベビーグッズはたくさんあります。
ぜひ色々と試してみて、腱鞘炎を予防・改善していってくださいね。

ベビハピ!的まとめ

育児をするママに意外と多い腱鞘炎の悩み。
今回は腱鞘炎の症状や改善のためのヒントをご紹介しました。

手首が痛い…子育てが辛くて仕方がない…。
そんな時こそ、適度な運動や育児グッズの活用をしていってください。
そして家族のサポートを受けながら、ママ自身が健康で、楽しく育児ができることを目指しましょう!

The following two tabs change content below.
鹿野 かの子

鹿野 かの子

奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。