赤ちゃんの虫歯、離乳食をフーフーしても伝染る!?その2つの理由と対策 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

赤ちゃんの虫歯、離乳食をフーフーしても伝染る!?その2つの理由と対策

9805a03a853cd2d6f49a2c141f201ea8_s
離乳食を始めると、赤ちゃんの虫歯が気になり始めますよね。
「同じスプーンを使ってないから大丈夫」「口移しで食べ物をあげていないから平気」
気をつけているから虫歯の心配はないと、安心しているママやパパも多いかと思います。

しかし、フーフーするだけでも、虫歯菌を赤ちゃんにうつしてしまう可能性かあることをご存知でしょうか?
熱い離乳食を息で冷ますという行為は、実はあまり良くないかもしれないのです。

今回は、なぜご飯をフーフーすることが虫歯につながってしまうのか、そしてその対策についてもご紹介します。
赤ちゃんの歯磨きについてもご説明しますので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんが虫歯になる原因とは?

大人・子供に関わらず、虫歯の原因は菌が原因です。
ミュータンス菌(虫歯菌)が口内に付着し、歯を溶かすことで虫歯となります。

新生児は虫歯菌がいない?

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は存在しないと言われています。
何らかの理由により、口内に菌が運ばれてしまうと、虫歯になる恐れがでてくるのです。

虫歯菌の経路

スプーンや箸の共有、大人が噛み砕いてご飯を与える、キスをしてしまう…。
そういったことをしてしまうと赤ちゃんにミュータンス菌がついてしまうんですね。

スポンサーリンク

ご飯をフーフーすることが虫歯の原因?

赤ちゃんに虫歯菌を与えないよう、気をつけているご家庭も多いことでしょう。
箸の共有やキスもしていない、それなのに子供が虫歯になった…ということもあり得ない話ではありません。
かなり気をつけているのに、どこから虫歯菌が入ってしまったのでしょうか?

フーフーするのはダメ?

少しでも温かい離乳食を…と思っても熱すぎると赤ちゃんは食べられません。
出来立てのものを冷ますために、フーフーしてあげることは良くありますよね。
実はこの、「離乳食フーフー」でミュータンス菌を飛ばしてしまう可能性があるのです。

唾液によって菌が運ばれる危険性

離乳食の準備は本当に大変なものです。
他の家事もこなさなくてはいけない…そんな時にご飯がアツアツだと「早く冷まさなきゃ」と気が焦るものです。
手っ取り早く冷ますには、フーフーすればいい!そう思うママも多いでしょう。

この時に、焦ってフーフーするあまりに唾液が飛んでしまうことがあります。
これが虫歯菌を赤ちゃんにうつしてしまう原因となるのです。

目に見えない飛沫が入る

「唾液が入らないようにフーフーしている!」と自分では思っていることでしょう。
しかし、目に見えない飛沫が気づかないうちに入ってしまうことがあるんですね。

「育児中は次々にやることがあって大変なのに、どうやって気をつけるの!?」
そう思ってしまうママもいらっしゃることでしょう。
では、どのように気をつけるべきか、具体的に次の項目でご紹介します。

スポンサーリンク

虫歯予防対策その1:冷蔵庫もしくは冷凍庫を活用しよう!

食事の用意はバタバタと忙しくなってしまうもの。
特に子育て中のママは、育児と家事に追われてあっという間に1日が終わってしまいますよね。

熱々は赤ちゃんにあげられない

頑張って家族の食事を用意して、赤ちゃんの離乳食も用意も完了!
でも、アツアツだとすぐには赤ちゃんにあげられませんよね。
フーフーもできないとなると、どうやって冷ませばいいでしょうか?

冷蔵庫で冷ましちゃおう!

そんな時はフーフーする代わりに、お皿にラップをして冷蔵庫か冷凍庫に数秒~数分いれてしまいましょう。
「せっかく作ったのにすぐに冷蔵庫か冷凍庫に入れるなんて」と思ってしまうかもしれません。
しかし手っ取り早く、衛生的に離乳食を冷ますにはこれが最速の方法です。
赤ちゃんに虫歯菌をなるべく寄せ付けないためにも、試してみてはいかがでしょうか。

注意点について

注意点としては冷蔵庫に入れていることを忘れてしまうこと。
冷やしすぎると、けっきょく温めなおしになりますので注意するようにしましょう。


虫歯予防対策その2:歯磨きを徹底しよう!

虫歯を防ぐ1番の方法は何をおいても歯磨きです。

心配よりも歯磨きをしよう!

万が一、ご飯をフーフーして唾液が入ってしまったとしても焦らないでください。
歯磨きによってミュータンス菌を掻き出せば、虫歯は予防できます。
しっかり赤ちゃんの歯と口の中をキレイにしてあげましょう。

生え始めは拭き磨き

歯が生え始めたくらいの赤ちゃんには、大人がガーゼを水に濡らして歯と口の中を拭ってあげましょう。
拭き磨きでも使える赤ちゃん歯磨き粉もありますので使ってみても良いでしょう。

生えてきたらブラッシング

ある程度歯が生えている赤ちゃんには、ブラッシングをしてあげてください。
歯の隙間に付着した食べかすやミュータンス菌を掻きだすことができます。
赤ちゃん用の歯ブラシでブラッシングをして、虫歯予防に努めましょう。


ベビハピ!的まとめ

フーフーで赤ちゃんは虫歯になるの?ということについてご紹介しました。
キスや口移しがNGなのは多くの人が知っていますよね。
しかし、フーフーで冷ますのもあまり良くない、というのは意外だったのではないでしょうか?

歯磨きを毎日行っていれば、それほど神経質になる必要はありません。
なるべく気をつけてあげて、虫歯になりにくいようにしてあげたいものですね。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。