離乳食赤ちゃんの便秘にオリゴ糖が良い?飲ませて大丈夫?選び方は? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

離乳食赤ちゃんの便秘にオリゴ糖が良い?飲ませて大丈夫?選び方は?

01c6823b3760489dc84a23fbfb90a080_s
便秘の赤ちゃんを見ているのは、こちらも辛いものです。

出したいのに出ない。真っ赤な顔をしていきんでも出ない。
お腹がすっきりしないからいつもより機嫌も悪い。
そんな苦しそうな赤ちゃんの症状が少しでも緩和できるなら、今話題のオリゴ糖が役に立つかもしれません。

でも大丈夫なの?安全性は?何を選んだらいいの?そんなパパママの疑問に答えます!

スポンサーリンク

赤ちゃんが便秘になる原因 離乳食?運動不足?

赤ちゃんの体調は月齢によって大きく変わります。
たとえば、初乳の免疫力向上効果により、1ヶ月くらいは風邪を引きにくいと言われています。
また、母乳育児の場合は3~4ヶ月くらいまではほとんど便秘で悩まされることはありません。

離乳食で便秘になる?

しかし、離乳食が始まる4、5ヶ月ごろになると状況が変わってきます。
それまで快便だったのに、流動ないし固形物を食すようになると、途端に便秘になることがあるのです。

消化能力がまだ低い

便秘になる原因にはいくつかあります。
まだまだ成長途上の赤ちゃん、胃腸の機能もそれほど育ってはいません。
開始当初は離乳食に慣れず、消化が不十分になることもあります。
そのため、この時期の赤ちゃんは便秘になりやすいのです。

運動不足も便秘の原因に

また、運動不足で便秘になることもあります。
4~5ヶ月頃といえば、だいたい寝返りは打てるものの、まだハイハイは始まっていませんね。
せいぜい、おすわりが出来たり出来なかったりするくらいでしょうか。
胃腸の働きが弱く、離乳食に慣れていない上に、体を上手く動かせないために腸も動きにくくなってしまっています。
大人でもそうですが、運動不足な時に消化に悪いものを食べると便通が悪くなりますよね。
赤ちゃんも、それと似たような状態になり、便秘になると考えられます。

水分が不足していると便秘に

他にも赤ちゃんが便秘になる理由があります。
それは水分不足です。
これまでは母乳やミルクによって水分は十分に摂取できていました。
しかし、離乳食が始まった当初は水分不足になりやすく、便秘にもなりやすいのです。
あらかじめ、お水やお茶などを飲む練習をしておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

そもそもオリゴ糖って何?便秘に効くの?

便秘になった時にはオリゴ糖が良い、という話を聞いたことはありませんか?
胃腸の働きを良くして、妊婦や赤ちゃんの便秘解消に良いとは聞くけど…実際、オリゴ糖ってどういうものなのでしょうか?

糖の一種です

オリゴ糖というのは、その名の通り「糖の一種」です。
お砂糖などと違い、人体で吸収・分解されない成分となっています。

どういう役割があるの?

オリゴ糖は摂取されると、そのまま腸に送られていきます。
そして腸を綺麗にし、ビフィズス菌などのエサになるのです。
善玉菌であるビフィズス菌等を活性化・増殖させ、胃腸の働きをスムーズにしてくれる、というわけです。

母乳にも含まれている!

オリゴ糖は、母乳やミルクの中に多く含まれています。
ですから、離乳食前の母乳赤ちゃんは便秘になりにくいんですね。
ビフィズス菌がしっかりと働いてくれている証拠です。

オリゴ糖が減ると便秘に?

しかし、離乳食が始まると、母乳やミルクを飲む量が少しずつ減ってしまいます。
授乳中心だったころは腸内に豊富だったオリゴ糖も、食事の変化によって徐々に減っていくのです。
そのために、離乳食が始まった頃の赤ちゃんは便秘になりやすいんですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘解消にはオリゴ糖が良い理由

赤ちゃんの体はまだまだ成長途上です。
胃腸についても、大人に比べたら消化能力が高くはありません。
母乳・ミルクから離乳食に変化すると、摂取する食物に対して、消化能力が追いつかなくなってしまいます。
そのため、離乳食スタート時に赤ちゃんが便秘しやすい、ということになります。

消化能力を善玉菌でサポート!

便秘を解消するには、赤ちゃんの消化能力を高める・サポートする意識が必要です。
離乳食を続けて、胃腸を慣れさせる・成長させることはもちろん大切です。
それとともに、善玉菌を増やして胃腸の働きを活発化させる意識も必要になってきます。

ビフィズス菌のエサになる!

オリゴ糖は先述の通り、ビフィズス菌のエサになってくれる栄養素です。
純度の高いオリゴ糖を少しだけ離乳食に混ぜてあげれば、胃腸は活発化します。
善玉菌によって消化がサポートされ、便秘も解消されやすくなることでしょう。
便秘気味の赤ちゃんには、ぜひオリゴ糖を与えてみてください。


赤ちゃんの便秘を解消!オリゴ糖の選び方

便秘赤ちゃんにはオリゴ糖が良い、とはいえ「乳幼児に与えても大丈夫?」という不安があるかもしれません。
答えだけ言ってしまうと、lオリゴ糖そのものに危険性はありません。
なので、赤ちゃんに与えることに不安を感じる必要はないです。
適量を守って摂取するのであれば、便秘解消には効果が見られるでしょう。

オリゴ糖商品によって質が違う?

ですが、オリゴ糖製品と一口に言っても様々な種類があります。
市販されている商品だけでも数十種類以上ありますから、どれを選んで与えたらいいのか悩むところですよね。
実は、市販のオリゴ糖製品には、オリゴ糖そのものよりもショ糖(砂糖)やブドウ糖を多く含んでいるものもたくさんあります。
便秘を治すことが目的なのだから、砂糖は出来れば与えるのは避けたいものですよね。
ですから、実際にオリゴ糖を与える際には、何が含まれているのかを見極める必要があります。

成分表示をしっかりとチェック!

市販のオリゴ糖を選ぶ際には、面倒でも成分表示をよく見てあげましょう。
オリゴ糖含有量や、人工甘味料や添加物の有無に気を付けて選ぶことが必要です。
そうして選んだ純度の高い、添加物の含まれていないオリゴ糖なら、きっと赤ちゃんの便秘に役立つことでしょう。

トクホ認定のオリゴ糖「オリゴのおかげ」

オリゴのおかげは整腸効果の高いお腹に優しいオリゴ糖。
妊婦や赤ちゃんに嬉しいミネラルやカルシウムも豊富です。
トクホ認定を受けていますから、安全性も高く信頼感は抜群です!

トクホ認定「オリゴのおかげ」

自然由来の凝縮オリゴ「はぐくみオリゴ」

「翌朝ドッサリ出る!」と口コミで話題となっているオリゴ糖商品。
独自ブレンドされた5種の凝縮オリゴ糖で便秘解消への高い効果が期待できます。
産前産後のママはもちろん、自然由来なので赤ちゃんの便秘解消にも良いでしょう。

いまなら毎月300名限定で50%OFF!
まずは試しに使ってみるのも良いのではないでしょうか。

【妊婦・赤ちゃんにおすすめ】濃密なオリゴ糖をブレンドした「はぐくみオリゴ」


ベビハピ的まとめ

離乳食がスタートすると、便秘になる赤ちゃんが一気に増えます。
胃腸の働きがまだまだ弱く、お食事に慣れていないので仕方のないことです。
じっくりと様子を見てあげて、水分量などを調整して徐々に慣らすことが大切です。

また、ご紹介したように、オリゴ糖によって善玉菌を増やすこともやってみてください。
お腹の環境が良くなれば、自然と便秘も解消されるものです!
質や純度の高いオリゴ糖をぜひ、赤ちゃんに与えましょう♪

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!