鼻づまり赤ちゃんの口呼吸で考えられる4つのデメリット | Baby Happiness! <ベビハピ!>

鼻づまり赤ちゃんの口呼吸で考えられる4つのデメリット

6543225485_ab1bebaa5b_b
赤ちゃんが熱もないのになんだかミルクや母乳の飲みが悪い、眠りが浅く機嫌が悪いなどの様子が見られることはありませんか。
もしかしてその原因は鼻づまりかもしれません。
赤ちゃんは鼻の粘膜が気温の変化や乾燥に敏感で鼻水が出やすく、鼻の奥も狭くなっているので大変鼻がつまりやすい作りになっています。
そのため、風邪が原因でなくても鼻をつまらせて苦しそうにしていることもしばしばみられます。
大人ならば鼻づまりはわざわざ病院へ行かずに我慢してしまうことも多いですが、赤ちゃんは自分で鼻をかむこともできない上に鼻呼吸がメインなので、鼻がつまると大変息苦しいのです。
鼻がつまると次第に口呼吸を覚えます。
実は赤ちゃんが口呼吸することにはデメリットがあるのです。


スポンサーリンク

口呼吸で考えられるデメリット

①細菌やウィルスの侵入を許してしまう!?

鼻呼吸の場合、鼻の粘膜がフィルターの働きをして空気中の細菌やウィルスの侵入を防ぐことができます。
つまり病気の原因となる細菌やウィルスのほとんどは口から取りこまれるものになります。
さらに、口呼吸により喉が乾燥し細菌やウィルスの繁殖しやすい環境を作ってしまうことになるのです。

②アレルギーの原因を取り込んでしまう!?

上記同様、口呼吸ではほこりや花粉などのアレルゲンが体内に侵入することも許してしまいます。
また、汚れた空気や乾いた空気はアレルゲンが特定できない非アトピー型喘息を引き起こすきっかけにもなりかねません。

③口内環境に影響が!?

口呼吸を行うことで免疫力だけでなく、口内にも様々な悪影響があります。
唾液は口の中を清潔に保つ作用があり、虫歯を防ぐ働きがあります。
口呼吸はそんな唾液を乾かしてしまい、虫歯の原因にもなってしまうのです。
唾液の働きはそれだけではありません。
唾液には味を感じやすくする働きもありますので、唾液が乾くことにより味覚障害の可能性がでてきてしまいます。

④歯並びにも異変が!?

口呼吸が習慣化されてしまうと、常時口が開けっ放しの状態になってしまいます。
それだけでもだらしない容姿の印象を与えてしまいますが、顎や下の位置の変化から出っ歯や歯並びの悪化も考えられるのです。

スポンサーリンク

おわりに

1歳未満の赤ちゃんは本来鼻呼吸で、口呼吸を自然に覚えるようになるのは、おしゃべりができるようになる頃です。
鼻づまりのために口呼吸が習慣化されてしまうと、将来的に様々な影響が考えられます。
風邪の症状がある時だけでなく、赤ちゃんの鼻づまりには注意してあげましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!