BCGはいつ受ける?副作用はある?お風呂は入ってもいいの? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

BCGはいつ受ける?副作用はある?お風呂は入ってもいいの?

51397b8609eda2001fb5c8ace4754413_s
赤ちゃんに受けさせる予防接種はそれぞれに接種できる月齢が決まっています。
接種していれば防げたのに、未接種のためにかかってしまった・・・と言うことが無いようにしましょう。
また、かかってからでは遅いので、ワクチンは「受けられる時期になったら、忘れず必ず受ける」ようにしましょう。

今回はBCG予防接種についてご紹介していきます!
いつ受けさせる?お風呂に入ってもいいの?副作用はある?
BCGの疑問にお答えします♪


スポンサーリンク

BCGって一体なに?

BCGは結核菌の感染を予防するために、赤ちゃんが受けるべき予防接種です。
人間に対する毒性が失われ抗原性(※)だけが残った牛型結核菌を使用します。

生きた菌を人間に接種して感染させることで、病気を起こさず結核菌に対する免疫を付けることが可能に。
つまり、BCGワクチンとは結核を予防するために接種するワクチン、ということですね。

抗原性…体の中に入って抗体を作らせ、その抗体とだけ結びついて反応する物質のこと

スポンサーリンク

結核ってどういう病気なの?

では、BCGの予防接種で防ぐことができる、「結核」とはどんな病気なのでしょうか?
結核は、結核菌と言う細菌が体の中に入ることによって起こる病気です。
咳、痰、発熱、呼吸困難など風邪の様な症状が現れます。

ただ、小児では症状が現れにくく、発見が遅れがちになります。
そのため、赤ちゃんや子供がもし結核にかかってしまうと、菌が全身に及ぶことで死亡したり重い後遺症を残すことがあります。
ですから、BCGの予防接種はできるだけ早い時期に済ませることが必要なんですね。

スポンサーリンク

BCGはいつ受けるの?

厚生労働省の発表によると、平成25年4月1日以降、接種は生後3か月から12か月の間に行われることとされています。
(標準的な接種時期は5か月から8か月を推奨)。

ただし地域によって異なりますので、必ず保健所や医療機関に問い合わせてから接種するようにしましょう。
自治体やかかりつけのお医者さんから「そろそろBCG予防接種をしましょう」というお知らせがくることもあります。
見逃さず、しっかりと受けさせてあげてくださいね。

BCGに副作用はあるの?

予防接種とはいえ、気にかかるのは赤ちゃんへどのような影響があるか、ですよね。
BCGでは副作用が起きることがあるのでしょうか?

赤く腫れたり膿が出ることも

BCGでは左の二の腕に9個の穴の付いたスタンプ型の接種を2か所します。
このため、接種後に患部が赤くはれることがあります。
また、2-3週間ほど経つと、接種跡が赤くブツブツと腫れることも。
中には膿が出る子もいますが、次第に落ち着いてくるでしょう。

熱が出ることはほぼない

BCG予防接種の体験談の中には「お熱がでた」というケースも見受けられます。
ですが、ほとんどの場合、BCGの副反応として発熱することは、ほぼありません。
なので、風邪や知恵熱などその他の理由による発熱と思ったほうが良さそうです。

リンパ節が腫れる?

ごくまれではありますが、リンパ節が腫れることもあるようです。
脇の下に熱を持っている、腫れてしまっている場合はお医者さんに相談してみましょう。

BCGの腫れはいつまで続くの?

予防接種をしたあとすぐは、赤く腫れてしまいますね。
さらに、接種後2~4週間くらい経つとポツポツの部分にかさぶたができたり、膿んだりします。
「跡が残るのでは?」と心配してしまいますよね。

大きく腫れたハンコ注射の跡は2、3か月経つころには、ある程度小さくなると言われています。
ただ、個人差や経過にもよりますので半年以上、跡が目立つというケースもあるようです。
気になる場合はお医者さんや、自治体の相談員さんなどに話を伺ってみましょう。

お風呂にははいってもいいの?

BCG接種後にお風呂に入るのは問題ありません。
ただ、入浴の後に接種跡をこすったり、もんだり、掻いたりしないように気を付けましょう。
接種した当日は体を洗う時も接種跡の部分は避けて洗ってあげるようにしてください。

ただし、集団接種や病院でBCGを受けた子供は、疲れて体力が落ちていることがあります。
さらに、他の病気のウイルスをもらって来ることもあり得ます。
接種当日の夜はお風呂から上がったら、冷やさないようにしてゆっくり休ませてあげましょう。

ベビハピ!的まとめ

BCGに限らず予防接種にはちょっとした心配や不安があるものです。
基本的には、副作用・副反応などは起きませんが、何かあればすぐにお医者さんに話を聞くクセをつけておきたいですね。

赤ちゃんの健康を守るためにも、知識を持ってしっかりと予防接種を受けさせてあげてくださいね♪

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!