家事代行の費用は?育児・共働き家庭で活用する3つのポイント | Baby Happiness! <ベビハピ!>

家事代行の費用は?育児・共働き家庭で活用する3つのポイント

623fe79019769749cd487637d5c3ddac_s
家事代行って聞くと、あまり馴染みがなく、利用されたことがない方も多いと思います。
夫婦二人だけの生活だと、家事を他人に頼むなんて必要性を感じないかもしれません。
しかし、子供が生まれて、育児に奮闘している、育児休暇が終わって職場に復帰した…。
子育てや仕事との両立を頑張るママにとっては、家事代行を利用できると便利な場面も多々あるものです。

あまり馴染みはないけれど、利用すると育児に仕事にと便利な家事代行。
利用するにはいくらくらいかかるのか、また、利用するポイントなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

自治体の産後支援を利用する

多くの自治体では、出産後間もないママさんを助けるために、様々な産後支援を行っています。
回数や時間に制限があるものの、ヘルパーさんを派遣してくれるんですね。
余裕のある会員が育児に協力してほしい会員さんのお手伝いしてくれる、ファミリーサポートなどもあります。

産後支援はいくらかかる?

気になるのは料金、果たしてくらかかるのでしょうか?
料金や回数、時間は自治体によって異なります。
例えば、産後のヘルパー派遣は1回2時間、1,500円程度、ファミリーサポートは1時間800円程度。
民間の業者よりはリーズナブルに利用することができます。

ただ、利用するためには登録をしなければならないなど、手続きが必要になります。
利用したい場合は早めからの準備が大切です。
まずは、お住まいの自治体がどのようなサービスを行っているか、確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

共働きでも、家を留守にしている間に・・・

産後支援のサービスはリーズナブルですが登録など面倒な面もあります。
自治体のサービスを利用するよりも、料金の面では高くなってしまいますが、民間の家事代行も便利です。
いろいろな特色のあるサービスがありますし、融通が効きやすいというメリットがあります。

民間の家事代行はいくらかかる?

それでは民間業者に依頼すると、いくらぐらいが相場なのか?
やはり業者によって様々ですが、大体1時間あたり3,000円~5,000円のところが多いようです。
共働きのご夫婦に特にオススメしたいのが、家を留守にしている間に家事代行を利用する!ということです。
休日は家族でゆっくりしたいし、働いて帰ってきたら、家がきれいになっている、というのも気持ちがいいですよね。

スポンサーリンク

数社のサービスを比較してみる

自宅というプライベートな空間を、時には不在時に、他人に頼んで家事をしてもらうからこそ、信頼できる業者に頼みたいものですよね。
まずは、面倒がらずに数社の見積もりをとってみること、問い合わせをした時の対応はどうか、など、注意してみるといいと思います。
また、インターネットでの口コミを参考にしたり、疑問に思ったことや、要望についてどこまで対応してもらえるか、とことん調べた方がいいと思います。


ベビハピ!的まとめ

自治体のサービスは料金の面でメリットがあります。
一方で家事代行は手の行き届いたサービスや融通がききやすいというメリットも。

目的に合わせて、しっかりと選びたいところですね。
上手に業者を選んで、気持ちよく家事代行を依頼しましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!