臨月と正産期はいつから?違いは?それぞれの注意点について | Baby Happiness! <ベビハピ!>

臨月と正産期はいつから?違いは?それぞれの注意点について

693508274a78094d448b31cb456885bd_s
妊娠後期になると、「正産期」という言葉を耳にします。
「臨月」と「正産期」とはどうちがうのかあまり知られていないのではないでしょうか。
それぞれの時期で注意すべき点は何なのかなんて今更聞けない!というママもいるかもしれませんね。

妊娠後期の「臨月」と「正産期」の基本的な知識についてご紹介します。


スポンサーリンク

臨月と正産期の違い

そもそも臨月とは、妊娠36週0日から予定日前日(39週6日)の間を意味します。
一方、正産期は妊娠37週0日目以降から41週6日目までのことをいいます。

出産予定の月を臨月という

臨月というのは、妊娠10か月ということ。
出産予定の月である、ということから臨月と呼ぶようになっています。

出産に理想的な週数が正産期

一方正産期は、赤ちゃんが生まれる理想的な週数のこと。
生まれる準備が出来ていて、もういつ生まれても大丈夫と言える期間です。

で、正産期いったいどこから?

臨月から正産期になる境目は37週になります。
37週目に生まれれば予定日に生まれたのと同じ扱いになりますが、36週だと早産ということになります。
また、正産期をすぎた42週目以降の期間は過産期と呼ばれます。

スポンサーリンク

臨月時の注意点

正産期がくる前の36週に生まれたとしても赤ちゃんが健康である程度大きくなっているなら特に問題はありません。
ですが、できれば37週以降に産むほうがいいと考える医師もいるようです。

臨月にもなるとかなりお腹が大きくなっているので、日常生活で不便なことも多くなります。
お腹が張ったりした場合はすぐに休んだり、家事も適度に手抜きをしたりと出来るだけ体調管理をしっかりしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

正産期の注意点

正産期はもう、いつ生まれてもおかしくない時期です。
しっかりと出産に向けての準備をしておきましょう。

体調に問題がなく、医師にも運動を進められている場合は散歩やエクササイズなどで適度な運動をしておきましょう。
少しでも出産のために体力作りをしておけば、安産に繋がります。

また、出産準備品の確認をしたり、産後の生活について考えたりするのにも向いています。
落ち着いてた気持ちで出産や育児を迎えられるように心の準備もしておくといいですね。
安静にしておくように、と言われている場合は、しっかり医師のいうことを聞いて、決して無理をしないように心がけましょう。

妊婦生活を楽しんで

臨月・正産期になると、妊婦生活もあと少し。
出産すると生活がガラッと変わってしまうので、今のうちにできることをしておきましょう。
例えば外食に行ったり、趣味に時間を使うのもいいでしょう。
ママとパパが二人で過ごす時間を大切にするのもいいですね。
有意義に妊婦生活を楽しんで出産までの時間を素敵なモノにできれば、産後もしっかり育児を楽しむことが出来ると思います。

ベビハピ!的まとめ

臨月は36週から始まり、37週目に入ると出産するのにちょうどよい正産期になります。
あまり厳密に考える必要はありませんが、覚えておくと医師のアドバイスも頭に入りやすいのも確かです。
ひとまず36週になったら臨月になったなぁ、37週目からは正産期でいつ生まれてもいいんだなぁとだけ覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。