徹底検証!教育費を安定させるなら貯金より学資保険が良い3つのワケ | Baby Happiness! <ベビハピ!>

徹底検証!教育費を安定させるなら貯金より学資保険が良い3つのワケ

800617f752f0a3f002065666c7ea3828_s
学資保険と通常の貯金、良く比べられるこの二つ。
どうしてもどっちがよいかというのはその人の価値観によって変わります。
でも、“教育費を安定させる”という点では、やはり、学資保険がオススメ。
なぜ、学資保険がオススメなのかその理由についてご紹介します。


スポンサーリンク

教育資金が本格的に必要になるのは大学入学時

幼稚園・小学校は教育資金に関してほとんど気にすることはないくらいあまりお金がかかりません。
もちろん、習い事や塾など高額な費用を支払ってやらせるなら別ですが、普通はそこまでかかりません。
中学・高校は少し上がりますが、中学は義務教育ですし、高校も私立など非常に高い学校に行かない限りそこまでの金額はかかりません。
最も重要視すべきなのは、やはり大学。
大学は非常にお金がかかる場所です。
安定して教育資金を貯めるなら、この大学に向けてまとまったお金を用意しておく必要があります。

大学はなぜお金がかかる?

なぜ大学になると急にお金がかかってしまうのでしょうか?
最も大きいのはその学費です。
たとえば初年度の学費を見てみると

区分 入学金+授業料 (平均) 合計(およそ)
国立大 28万円+53万円 81万円
公立大 39万円+53万円 92万円
私立文系 74万円+24万円 98万円
私立理系 100万円+26万円 126万円

ここにさらに、施設利用費や教材費などもかかってきます。
また、自宅外=一人暮らしをする場合は仕送りもしなくてはいけません。
毎月10万円子供に送るとなるとさらに年間で120万円かかってしまうことになります。
大学に通わせるならば4年間で1000万円くらいあってやっと余裕ができるというわけですね。

スポンサーリンク

学資保険がやはり安定している

まとまったお金を10数年以上後に残すなら、途中で引き出したりすることが出来ない学資保険が最も向いています。
また、もし契約者であるママ・パパが死亡・病気で働けない、という状態になってしまった時も保険料の支払いはせずに給付金を受け取ることが出来るのでこれは大きなメリットとなりますね。
やはり、”教育資金を安定させる”なら学資保険が向いていると考えます。

スポンサーリンク

学資保険は金利が高い

途中解約できない(できるが、するとかなり損をする)ことを考えると、銀行で貯蓄したいと考える人も多いと思います。
ですが、銀行で定期預金をしたとしても、学資保険と比べるとついてくる金利はごくわずか。
学資保険は金利が非常に高いので、この面でも教育資金を安定させることが可能です。
ネットで申し込めるタイプの学資保険はコストが低く、その分金利が高いものが多いです。
ネット保険の普及が広がっている今、より多くのお金を教育資金として用意したいなら金利の高い保険を選ぶ方が良いのではないでしょうか?

お金が必要になるタイミングでその都度お金を貰いたいという場合は、
それぞれの学校の入学時にある程度のお金が給付されるタイプのものを選びましょう。

安定させたいなら貯蓄タイプを選ぼう

より多くの給付金を得たい、という場合は怪我や病気の保障がついていない完全貯蓄タイプの保険を選びましょう。
これなら定期預金などの貯金よりも高い金利で給付金を貰うことが出来ますし、安定度も高いです。
病気・ケガなどに関しては別の保険や共済などに加入するという方法がオススメ。
このように分けておくことでより教育資金を安定して確保することが可能です。

ベビハピ!的まとめ

学資保険のほうが向いている!という流れで書いてきましたが、もちろん貯金を選択することが悪いわけではありません。
ただ保険の方がメリットも多く、一般的には教育費用の捻出には向いているというのも確かです。
これまで紹介してきた記事も参考に、ご家庭にあった資金繰りを選んでみてくださいね。

必見!育児・教育費用で学資保険を利用する7つのメリット・デメリット
みなさんは、学資保険入っていますか? 意外と入っていない、という人も多い学資保険。 でも、子供が居るなら絶対に入っておきたい!と思えるメリットが沢山あるんです。 もちろん、デメリットも有るので、検討したいと思っている人…

これで安心!お子さんに合った学資保険を選ぶ5つのチェックポイント
学資保険にも色々な種類のものがあります。 ありすぎてどんなものがいいのかわからない...という人も多いでしょう。 比較サイトなどもありますが、情報量が多すぎて迷ってしまうこともあると思います。 そこで、自分に合った学資…
The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。