教育費用を貯めるにはどれくらいをいつから始めればいいですか? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

教育費用を貯めるにはどれくらいをいつから始めればいいですか?

0b0a7e56c62ce6029d86163f243de10a_s
教育資金を貯めるなら、いつからはじめればいい?
そもそも大学に行くかどうかも定かではない、私立なのか公立なのか・・・
沢山のお金が必要となると思うけど、いったいいつからどれくらいの額を貯金し始めれば安心なのか、というのは難しいところ。
色々な教育費用の貯め方をチェックして、いつからはじめるのかを考えてみましょう。


スポンサーリンク

多くの人が0歳から始めている

学資保険は、生まれる前から加入できるタイプのものが多いです。
多くの人が生まれる前後に加入しており、やはり生まれてからすぐに貯蓄を開始しているという人が大多数のようですね。
学資保険の場合は、早く始めるほど月々の支払額も低くなりますし、後が楽になります。
そのため、出来るだけ早くから始める日人が多いようですね。

スポンサーリンク

子供手当をそのまま貯蓄へ

子供が生まれると支給される子供手当。
1ヶ月あたり、3歳までは15000円、それ以降は中学生まで10000円が貰えます。
中にはこの子供手当をそのまま子供の教育資金として貯めている方も居ます。
これなら、早くから始められますし、支給される口座を教育資金専用にしていれば放っておくだけでOK。
こういった方法もあるんです。

スポンサーリンク

生活が安定してから…マイペースに貯める

そこまでお金に余裕がないなら、無理に教育資金を貯める必要はありません。
何よりもまずは生活がきちんとできていないといけませんからね。
できるだけ節約などをして生活を安定させ、無理のない程度に余裕が出てきたら貯蓄へ回しましょう。
ライフスタイルによってはこのようにマイペースに貯めた方が良い場合もあります。

月々いくらぐらい?

多くの人が1ヶ月あたり1万円前後を教育資金の貯蓄に充てていると言われています。
公立か私立かにもよりますが、大学まで行くなら幼稚園から大学卒業までに500万から2500万ほど教育資金が必要になると言われています。
全て公立ならかなり安く抑えられますが、すべて私立ならかなりの金額になります。

それを18年間で貯めるとすれば、ひと月に2万~6万必要となるのでそれでも足りませんよね。
できればより多くの金額を貯めておくことが理想的です。
でも、18年後までに1000万から2500万を用意する必要はありません。
もちろん、その都度必要になってくるお金がありますので、家計の中でどれくらいを教育資金に充てることが出来るのかを考えましょう。

ベビハピ!的まとめ

核家族化が進む現在、子供一人あたりにかけるお金は増えています。
そうした中で教育費を上手に貯めたい!と考えるのは自然ですよね。
しかしムリをして必死に貯金をすることは返って育児や生活の妨げになることもあります。
「食費を削る」「子供に強要する」「家族の時間が減る」
などをしすぎると親子ともども笑顔が減ってしまうことになります。
お金を貯めるために大きな犠牲を払うのはあまり望ましいことではありませんよね。
大切なのはお子さんの笑顔と将来であり、お金を貯めることはその手段のひとつにすぎません。

教育資金を重視しすぎてギクシャクするようなことがないようにしましょう。
家計や親子関係のバランスをしっかりと見極めて貯蓄をすることが大切です!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。