完母ママもミネラルウォーターってダメなの?3つの注意点 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

完母ママもミネラルウォーターってダメなの?3つの注意点

8f6d0c7dcdac6e2bd827ab6f6d43731d_s
種類によっては赤ちゃんや子供にとって負担をかけると言われているミネラルウォーター。
実は、粉ミルクを使わない完全母乳のママにとっても注意しなくてはならない場合があるようなんです。
その際の注意点を調べてみました。
体調にはできるだけ気を付けたい完全母乳のママさんはチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク

硬水は大人でも負担になる?

海外のミネラルウォーターなど、ミネラルが豊富に含まれているものは硬水となります。
ミネラルが豊富ということは、体に良いと感じますよね。
特に完全母乳の場合は水分を沢山接種することが必要なので
ミネラルウォーターを1日に何リットルも飲んでいる、という場合もあるでしょう。

ですが、本来体に必要なミネラル分は食事から接種すべき。
水に含まれる栄養素に頼るのはよくありません。
また、ミネラルウォーターでミネラルの過剰摂取になってしまった場合、肝臓に負担がかかることもあります。
体調が悪くなってしまう原因の一つとなりかねないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

日本人には合わないことがある?

海外の方は海外のミネラルウォーターを飲んでもそこまで体に負担がかかる、ということはないでしょう。
ですが、日本人にとっては海外のミネラルウォーター(硬水)が体に合わないことがあります。
下痢などお腹を壊す原因になることも。
日本のミネラルウォーターのほとんどは軟水なので、体に負担がかかる、ということはまずありません。
飲むなら、日本製のものを。海外製のものはできるだけ避けた方が安心です。

スポンサーリンク

硬水じゃない海外製のミネラルウォーターにも注意

海外製のミネラルウォーターでも、ミネラル分が少なく、軟水となっているものがあります。
でも、海外のミネラルウォーターの中には、殺菌していないものもあります。
より安全性の高い水を求めるなら、やはり、日本製のものが良いでしょう。
不純物のないピュアウォーターなどもオススメです。
また、水道水が安全でおいしく飲める地方なら、無理にミネラルウォーターを購入する必要はないでしょう。

ミネラルウォーターに対しての考え方

もちろん、ミネラルウォーターすべてが悪いというわけではありません。
浄水器と比べると遥かに安全性が高いミネラルウォーターも沢山あるでしょう。
重要なのは、海外製のものを避けるということ。
海外のミネラルウォーターは安いものが多いので選んでしまいがちですが、
産後の身体・母体としての健康維持を気にするなら、毎日飲む水に関しては、しっかり注意すべきですね。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。