海外のミネラルウォーターは育児に向かない?その3つの理由 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

海外のミネラルウォーターは育児に向かない?その3つの理由

8cfc4e067ae15f1b6c89a4d403634a93_s
粉ミルクにミネラルウォーターを使う際や、子供に与える水として実は向いていないと言われているのが海外のミネラルウォーター。
日本でも海外のミネラルウォーターは人気で、よく飲んでいる・毎日の飲料水として使っている、という人も多いと思います。
では、なぜ海外のミネラルウォーターが育児に向かないのか、その理由について調べてみました!
日頃海外のミネラルウォーターを利用している人は要チェックです!

スポンサーリンク

海外のミネラルウォーターのほとんどは硬水!

硬水は、粉ミルクを作るのや子供に飲ませるのには適していません。
ミネラルが豊富なほど、硬水となるのですが、子供や赤ちゃんにとってはその豊富なミネラルは過剰摂取となってしまうことがあります。
体内で不要になったミネラルは体外へおしっことして排出する必要があるのですが、
その際に赤ちゃんや子供の身体では機能が発達していないので、排出のために沢山の水分が必要となるので、かなり体に負担がかかってしまいます。
国産のミネラルウォーターなら、軟水なのでその点は安心してよいでしょう。

スポンサーリンク

殺菌されていない場合もある

日本では安全性が重視されていますが、海外では健康面が重視されています。
そのため、生産場所によっては殺菌が禁止されていることも。
もちろん、体に悪いわけではないのですが、赤ちゃんや子供にとって悪影響のある菌が入っている可能性もあります。
ですから、飲ませる際には注意が必要となっています。

スポンサーリンク

下痢やけいれんを引き起こすことも

硬水などのミネラルが豊富な水を利用した際、
赤ちゃんが下痢になってしまったり、けいれんを引き起こすこともあるようです。
今まで海外のミネラルウォーターを使っていて、何もなかった
という場合でも、もし何かあってからでは遅いですよね。
きちんと過剰になってしまったミネラルを排出できる内臓機能が発達するまで
出来るだけ避けるべきと考えていいでしょう。


災害時など、どうしても水がない場合は…?

災害時などで水が不足しており、どうしても海外製のミネラルウォーターしかない、という場合…。
この場合はやむを得ないと考えます。
そういった場合以外は、ミネラルウォーターを使うとしても軟水を使用しましょう。
こういった災害時のことを考えて、赤ちゃんがいる家庭では粉ミルクを作るのに適した水を常備しておくことが重要となるでしょう。
また、支援物資などで水を貰う際も、気を付けておいたほうがいいですね。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。