マタ旅!妊婦の旅行を100倍充実させるプランの立て方5つのコツ | Baby Happiness! <ベビハピ!>

マタ旅!妊婦の旅行を100倍充実させるプランの立て方5つのコツ

294ef202b6668bf7d44fa55f5cd1017e_s
妊娠中に旅行がしたい!と思っている人はけっこういるのではないでしょうか?
夫婦揃って旅をするのは、今のタイミングがラストチャンス!
マタ旅を全力で楽しみたいものです。

そこで気になるのが、妊娠中の旅行プランの立て方。
しっかりとプランを練っておかなければ、色々な問題が出ることもあります。

今回は、マタニティ旅行のプランの立て方についてご紹介します!

スポンサーリンク

休憩できる場所を抑えておく

妊娠中ですから、長時間ずっと歩きっぱなしと言うのは危険。
そのため、座って休めるような場所があるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

たとえば高速で長時間移動する際は、立ち寄れるパーキングエリア・サービスエリアの場所を事前にチェック。
歩いて移動する際も、近くのカフェなどをチェックしておくといいでしょう。

地図アプリなどを駆使して、事前にメモにまとめておいてもいいですね。

スポンサーリンク

病院の場所をチェックしておく

もし旅行中に何かあった場合、病院にすぐに行かなくてはならないこともあります。
ですが、行ったことのない土地なら病院の場所も解らないことが多いでしょう。
事前に大きな病院から小さな病院までいくつかチェックしておきましょう。

知り合いがいる場合は、緊急の時に見てもらえそうな場所を聞いておくのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

妊婦にうれしい食事を食べよう

美味しいその土地ならではの食事を楽しみたい旅行。
妊娠中なら、健康にも良いものが食べたいですよね。
その土地のグルメ情報をチェックしておいて栄養たっぷりの美味しい料理を探してみるといいかもしれません。

また、妊婦さんにはマグロの刺身など禁忌となる食材もありますので、注意が必要です。


泊まる場所は妊婦に優しい場所に

ホテルによっては、妊婦さんへの配慮がされている「マタニティプラン」があるものもあります。
旅行会社などのサイトでチェックしておけば、見つけることが出来るでしょう。
マタニティプランがなくても、口コミでスタッフの対応が良いといった高評価の宿泊施設を選べば安心です。


時間に余裕を持ってプランを立てる

妊娠中ですから、無理は絶対に禁物。
観光する場所などはしっかりと最初に計画を立てて、何時にどこに行く、と決めておきましょう。
できれば事前に、マタ旅の計画を紙に書いたりスマホのメモ帳などを利用して残しておくといいでしょう。

計画を立てるときは時間に余裕をもたせるようにしてください。
移動時間なども含めて計画し、すべての行動に30分ほど余裕を持たせておくとより安心です。
妊婦ですから、それくらいの余裕がないとあとで予定を消化できずに悔しい思いをするかもしれません。

みたい場所が沢山ある、と言う場合もあると思いますが、あまり予定を詰め込みすぎないように注意しましょう。

ベビハピ!的まとめ

妊婦という限られた期間で行う旅は、絶対に思い出に残ります。
無理をしてはいけませんが、思う存分楽しむことも大切です。
紹介した内容を参考に、マタ旅を楽しんでくださいね♪

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。