やってみたい!赤ちゃんとママ・パパの気持ちをつなぐ魔法「ベビーサイン」がイイ感じ! | Baby Happiness! <ベビハピ!>

やってみたい!赤ちゃんとママ・パパの気持ちをつなぐ魔法「ベビーサイン」がイイ感じ!

15042404
実は最近、ベビーサインというものが気になっています。
なんでも言葉を話せない赤ちゃんと身振り手振りでコミュニケーションを図ることができるのだとか。
そんな魔法みたいな話ってある?と思いつつ、「我が息子氏と話せたら楽しそう」とも思ってみたり。
今回はちょっと気になったのでベビーサインの概要、いつから可能か、メリット、誰でもできることなのか…ということを調べましたー!


スポンサーリンク

で、ベビーサインって何?

知らない人にとっては「ベビーサインって?」と疑問に思われることでしょう。
筆者も初めはなんのことやらさっぱりだったんですが、妻から聞いたりTVで観たりして「なるほど」と理解できるようになりました。
そして知れば知るほど「やってみたい」という気持ちに。

ひとまず、ベビーサインってなんぞやってところをまとめましたのでご覧ください。

赤ちゃんとコミュニケーションが取れる

大人と違って赤ちゃんは言葉を話すことがほとんどできません。
新生児期はもちろん、1歳~2歳くらいまでは会話をするレベルまではいかないのです。

ベビーサインはそんな赤ちゃんとの意思疎通を行うことができる育児法と言われています。
ワンアクションでできる手話・ジェスチャーによって赤ちゃんとママ・パパのコミュニケーションが可能になるんですね。

赤ちゃんと会話ができる理由

赤ちゃんは口や舌や喉といった言葉を発するために必要な筋肉がまだ未発達です。
それに加え、言語中枢も未成熟であるためしゃべることがかなり難しいのです。

しかし手指に関しては生後6ヶ月くらいから比較的自分の意思で動かせるようになってきます。
もちろんまだ未成熟ではありますが、ジェスチャーや手話の方が言葉を話すよりもよほど赤ちゃんにとっては楽なんですね。
そのためベビーサインは口で話すよりも簡単に行なうことができ、コミュニケーションを図ることができるツールとなっているわけです。

1990年代アメリカ発祥

ベビーサインは1990年代のアメリカで生まれたそうです。
カリフォルニア大学のリンダ・アクレドロ博士とスーザン・グッドウィン博士によって開発されました。
研究では

  • 「赤ちゃんは言葉よりもサインの方が覚えやすい」
  • 「成長後の言語能力発達が良い」
  • 「親子のコミュニケーション向上に役立つ」

といったことがわかっているそうです。

スポンサーリンク

ベビーサインで会話する赤ちゃん動画

ではでは、実際にベビーサインをしている赤ちゃんの姿を見てみましょう。

  • オムツ替え

[youtube id=”AE58qPtKM4E” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”600"]

  • 飲み物が欲しい

[y[youtube id=”TJ_c0VHvn3k” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”600"]p>

  • いろんなベビーサインを使う赤ちゃん

[you[youtube id=”x0PhkhWgr9c” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”600"]

これは…すごい!
ベビーサインによって赤ちゃんの気持がこんなにわかるなんて驚きですね。
親御さんも我が子とのコミュニケーション楽しんでいるのが素敵です!

スポンサーリンク

ベビーサインはいつからできるの?

では、ベビーサインはいつごろから始めることができるのでしょうか?

月齢による目安

月齢の目安としては、「日本ベビーサイン協会」によれば

6カ月~1歳半をベビーサインを教え始める適齢時期として推奨しています。

とのことです。

成長段階による目安

成長の目安としてはだいたい

  • お座りができるようになった
  • 指差しをするようになった
  • ママ・パパの真似をしようとしてる
  • 自我の芽生えが見えてきた

そういう段階からベビーサインを伝え、覚えることができるようです。

覚えやすい時期ってある?

6ヶ月7ヶ月くらいの赤ちゃんだと教えるのに非常に時間がかかるとのこと。
だいたい1つのベビーサインで1~2ヶ月くらいかかるようです。
覚えが早くなるのは

歩き始めてからだとよりサインを早く覚えることができます。

とのことです。
自分の意思で動き回れるようになることがその理由なのかもしれませんね。

ベビーサインのメリットについて

ベビーサインには以下のようなメリットがあるようです。

  • 親子の絆を深めやすい
  • 育児ストレスが減る
  • 赤ちゃんと接するのが楽しくなる
  • 言葉を覚えるのに良い影響がある
  • 赤ちゃんの健康・安全管理がしやすくなる

ベビーサインによって赤ちゃんが自発的に「自分の気持ち」を伝えてくれることでこれだけのメリットがあるんですね。
彼らが何を考えているのか知れる、これって本当に大きなメリットだと思います。
ベビーサイン使ってみたいー!

ベビーサインって誰でもできるの?

こうして調べてみるとなんだか便利そうだし、ちょうど筆者の息子も6ヶ月ですし、メリットもいっぱいありますし、「ベビーサイン教えたいな」って気持ちになってきました。
しかしここで一つ問題というか不安が…。

筆者みたいな不器用パパでもベビーサイン教えられるの?

やらないうちから不安になるなんて馬鹿げていますが、初めてのことってやっぱりね…。
果たして誰でもベビーサインを使うことはできるのでしょうか?

どうやら誰でもできるっぽい

日本ベビーサイン協会」のHPにこんな記述がありました。

全国のベビーサイン教室には毎年1万人近くの赤ちゃんと保護者が参加していますが、そのほぼすべての赤ちゃんがベビーサインを使えるようになっています。教え方のコツさえつかめば、あなたの赤ちゃんもきっとベビーサインが使えるようになるはずです。

毎年1万人の赤ちゃん&ママ・パパがベビーサインを使えるようになっているんですね!
もしかしたら筆者でもできるかも?

「ベビーサイン始めてみたいけど、自信がない」「途中で挫折しそう」実際によくあるママの声です。ベビーサインは本やDVDで学ぶこともできますが、ちょっと自信のないママはお近くのベビーサイン教室をチェック!体験教室やイベントもたくさんやっていますので、参加してみてください。

とりあえず本やDVDで試してみて、難しかったり自信がなければ教室に通うという方法もあるんですね。
しかし、近くでベビーサイン教室なんてやってるのかな…?
と思って調べたら、すぐ近くでやってました。

体験教室inアカチャンホンポ

目黒からだと五反田TOCか武蔵小杉のグランツリーってとこですね。
さっそく電話して聞いてみよう!

ベビハピ!的まとめ

言葉を話せない赤ちゃんとコミュニケーションがとれるベビーサイン。
ぜひともチャレンジしてみたい育児法ですよね。
今後、体験教室のレポや実践記などを書いていく予定なので乞うご期待!

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!