困っちゃう!妊娠超初期の下痢や便秘の4つの原因&対策 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

困っちゃう!妊娠超初期の下痢や便秘の4つの原因&対策

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s
生理日前、お腹の調子が悪い…。 実は、妊娠超初期には下痢や便秘の症状が強くでることがあります。 妊娠超初期症状には微熱や鼻水など風邪っぽくなることがあります。 それ以外にもお腹の調子が悪くなることがあるのをご存知でしょうか? 体調不良や生理前の下痢や便秘と断定してしまうのはちょっと待った! 妊娠超初期に見られる症状を勉強し、対策をしましょう。

スポンサーリンク

下痢や便秘になる4つの原因

①ホルモンバランスの変化

妊娠超初期、母体はホルモンのバランスが大きく変化し始めます。 その影響を受けることで自律神経が乱れやすくなります。 ホルモンと自律神経の乱れが腸の運動を鈍らせ、排便に影響します。 結果として下痢、または便秘といった症状が現れるのです。 妊娠超初期のお腹の不調にはホルモンバランスが関係しているんですね。

②腸が圧迫される

妊娠すると、子宮が大きくなっていきます。 そのため、腸が圧迫されてしまい便秘に悩まされる人が多いのです。 妊娠超初期ではまだその変化は大きなものではありません。 ですが、多少なりとも影響はあるようです。

③つわりによる食生活の乱れ

妊娠超初期から妊娠初期にかけてはつわりのため食生活が乱れがちです。 つわりは妊娠初期の8週頃に症状が強く出る人が多いと言われています。 ですが、早い人だと0~3週の妊娠超初期にも悩むことがあるようです。 胃の不快感から食事がとれなかったり、匂いに敏感になって食べられないものが増えたりもします。 つわりにより食生活が乱れたこと、急に食べる量が減る…。 それらが妊娠超初期に便秘になる原因のひとつです。

④胃腸が弱る

妊娠するとホルモンバランスの変化から胃腸の働きが弱くなります。 脂っこいものや生ものをうまく消化できず、下痢になってしまうこともあります。 また、蠕動運動も悪くなりやすいので便を押し出す力が弱まることもあるでしょう。 場合によっては便秘になりやすいこともあります。

スポンサーリンク

妊娠超初期の下痢や便秘を改善しよう!対策・対処法は?

便秘は肌荒れや頭痛、排便痛などを引き起こします。 下痢はひどいと脱水症状を引き起こす可能性も。 妊娠超初期の便秘・下痢をできるだけ改善できるよう対策をとりましょう。

規則正しい食生活を心がける

妊娠超初期でつわりを感じている方は、妊娠初期にかけてはさらに辛くなるかもしれません。 毎食しっかり食べることが難しくても、食事を抜くことは避けましょう。 食物繊維が豊富な緑黄色野菜や海藻類、きのこなどを意識した食事を心がけましょう。 また、下痢の場合は脂っこいものを避け、消化にいいものを摂るようにします。 ゆっくりよく噛んで食べることも胃腸に優しい食事のとり方の一つです。

十分な水分補給

こまめに水分を摂取できるよう意識しましょう。 大体1日に2リットル程度は摂取する必要があるとされています。 朝起きて最初にコップ1杯の水を飲むと、腸が刺激されるので便秘の解消につながります。 また、腹部が冷えているように感じるならば白湯を飲み、水分補給と同時に体を温めてみましょう。

体を冷やさない

下痢の症状がある場合、体を冷やさないように気をつけましょう。 体を休め、お腹や手足などの末端も温めるようにします。 温かくなれば胃腸の動きがサポートされますので下痢も改善しやすくなります。

オリゴ糖で腸内環境を整える

下痢・便秘の症状を軽くするには腸内環境を整えることが大切です。
腸内の善玉菌を増やすには、餌となる「オリゴ糖」が有効と言われています。

  • 整腸作用が高まる
  • 免疫力の向上
  • 有害物質の生成を抑える
  • 甘いのにとても低カロリー

オリゴ糖には、こんな素敵なメリットがあります。
ぜひオリゴ糖の質にこだわって、下痢・便秘を解消しましょう!

「トクホ」認定で妊婦にも安心の「オリゴのおかげ」

1480円→980円(500円OFF!)

【妊婦・赤ちゃんにおすすめ】濃密なオリゴ糖をブレンドした「はぐくみオリゴ」

毎月300名限定 3680円→1840円(50%OFF!)

スポンサーリンク

妊娠超初期の便秘や下痢は流産につながるの?

妊娠時の排便で流産につながる?と心配な妊婦さんは多いみたいです。 実際のところ、妊娠超初期において便秘によるトイレでのいきみや、下痢が直接流産につながることはありません。 気にしすぎるとかえってストレスになり、便秘を悪化させることもあります。 あまり気にせずに、食事や軽い運動など体にいいことを取り入れながら自然に解消できるようにしていきましょう。 ただし、水のような激しい下痢が長く続く場合は何か別の病気が隠れているかもしれません。 あまりにも症状が重いと、子宮収縮の刺激になってしまう可能性もありえます。 便秘・下痢が激しすぎる場合には、医師に相談するようにしましょう。


ベビハピ!的まとめ

突然の体の変化に驚いて妊娠の可能性にドキドキする人も多いことでしょう。 特に下痢や便秘が続くと体調も気分も悪くなるので余計に心配になるものです。 妊娠超初期になぜお腹が不調になるのかを知り、それに合わせた対策を取ればひとまずは安心です。 不安になりすぎず、ゆったりとした気持ちで構えておきましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!