地域ごとにある子育て支援センターって何?利用のポイントは? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

地域ごとにある子育て支援センターって何?利用のポイントは?

f3688357ef8b8eb5387faf16ae53ff7a_s
各地域に設置されている子育て支援センターという施設を知っていますか?
各自治体が子育て家庭への支援のために、様々な活動を行っている施設です。
どんなことをやっているの?どういう時に利用すればいいの?といった疑問に答えます!

スポンサーリンク

子育て支援センターの基礎知識

子育て支援センターは、全国の2500か所もある施設。
主な役割としては、

  • 子育て家庭への支援活動の企画
  • 気楽に利用できる相談窓口
  • 子育て支援サービスの調整
  • 問題解決のための援助活動(ソーシャルワーク)
  • 子育てグループなどへの支援
  • 子育て支援サービスに関する情報センター

といったものがあります。

保育園に通っていない子供たちが遊べる、児童館などを解説していたり、小さい子供とママ向けのイベントを開催したりと自治体によって様々な取り組みが行われています。

スポンサーリンク

核家族化が進んでいるからこそ利用しよう

育児について相談する人が居ない、と言った悩みはよく聞かれます。
周りに育児をしている友達がいなかったり、パパの仕事が忙しく、なかなかじっくり話をする機会がない。
このようにママが一人になってしまう状況は核家族化が進んでいる現在は珍しくありません。
そういった人たちのためにあるのが、子育て支援センター。
無料の相談窓口を構えていて、センターに直接出向いてもいいですし、電話相談を受け付けている場合もあります。
地域によって対応の度合いが違いますし、スタッフによっても違いがありますが、相談する場所がないという人はぜひ利用してみましょう。

スポンサーリンク

支援センターのイベント参加でママ友ができるかも?

支援センターの多くは、0歳から3歳までの年齢の子供と一緒に参加できるイベントやサークル活動を重点的に行っています。
リトミックや絵本の読み聞かせ、簡単な劇など赤ちゃんと楽しめるイベントには、多くの同年齢の子供を持つママたちが参加します。
ここでママ友が出来たという人も多いんです。
地域で同じ年齢に子供を持つ人たちとのコミュニケーションを深める場所としても大いに活用するべきだと思います。


様々な情報提供を受けられる

育児相談や育児指導は、保育士の資格があるスタッフなどから受けることが出来ます。
初めての育児で解らないことばかりだという場合は、色々なことを気軽に聞いてみてはいかがでしょうか?
また、家庭保育をしている場合でベビーシッターなどが必要になった時に紹介してもらうことができる自治体もあります。
様々な育児に関する情報を提供する場なので、ぜひ活用したいですね。


ベビハピ!的まとめ

子育て支援センターは子育てにおける地域の拠点です。
上手に活用し、近隣のママさんたちと情報共有などをしてみてください。
サークル活動への参加などは最初は緊張するかもしれませんが、慣れてくるとけっこう楽しいですよ♪
同じ月齢くらいの子と一緒に遊ばせる機会は意外に少ないので、ぜひ参加してみてください!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。