スゴすぎ!フィンランドの超子育て支援「ネウボラ」の意味や活動 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

スゴすぎ!フィンランドの超子育て支援「ネウボラ」の意味や活動

2674662777_9652681a5e_b
フィンランドは学力が高く、教育や福祉において大変満足度の高い、幸福度ランキング上位の国として有名です。
そんなフィンランドの子育て支援には「ネウボラ」というものが存在することをご存知ですか?
その意味や活動内容について知れば、これからの日本にも必要な子育て支援が見えてくるかもしれません。

ネウボラとはどういうものなのか、ご覧ください!

スポンサーリンク

ネウボラってどんな意味?

ネウボラとは、フィンランドの言葉で「アドバイスの場所」という意味です。
国が行っている子育て支援の制度であり、その地域拠点を指します。

保健婦さんがいる!

ネウボラでは専門の教育を受けた、日本で言うところの「保健婦さん」が常駐しています。
妊娠時から6歳までの子どもとその家族を対象に、育児の相談や専門機関への紹介などを行ってくれるそうです。

最大の特徴=切れ目のない支援

ネウボラについて調べると、必ずと言っていいほど「切れ目のない支援」というフレーズを目にします。
産前から産後、子育てまで、出来る限り同じ保健婦さんが対応してくれるんですね。
妊婦からママさんまで、いつでも同じ人にアドバイスをもらえるって安心できますよね。
そうした「切れ目のない支援」が信頼関係を築きあげ、より的確なアドバイスを可能にします。
子育ては24時間、途切れることがありません。
ママにとってはとてもありがたい場所と言えそうですね。

スポンサーリンク

ネウボラの特徴

ネウボラにはいくつかの大きな特徴があげられます。

  • 全ての世帯が対象であること

貧富の差に関係なく、全ての妊婦、母子、家庭が対象になるということが基本理念となっています。

  • 切れ目ない支援

基本的に同じ保健婦が長く見守るため、切れ目ない支援が可能になっています。

  • すべてのサービスが無料

妊婦健診や出産においてお金がかかることはほとんどありません。
また、妊娠6ヶ月頃に育児のスタートに必要なベビー服やおむつ、布団などのセットも無料で貰うことができます。

スゴい!育児グッズ50種類以上!育児パッケージ展に行ってきた!
世界的に見ても子育て支援が充実している北欧フィンランド。 その象徴とも言えるのが育児パッケージです。 赤ちゃんが生まれるご家庭に、衣服やオムツ・ベッドなど50アイテム以上の育児関連グッズが支給されるんだとか。 日本でも…

・個別の面談が頻繁にある
妊婦健診では保健婦との個別面談が行われ、その時に必要なアドバイスや専門機関の紹介などを随時受けられます。
妊婦だけでなく、夫など家族との面談も行われるため、長きにわたっての信頼関係を築くことができます。

スポンサーリンク

具体的な活動とメリット

ネウボラではどのような活動を行っているのでしょうか?
日本との違いを見ながら、そのメリットなども見てきましょう。

日本の場合は?

日本では妊娠が分かると自分で選んだ産婦人科へ行きます。
さらに母親学級などのコミュニティ、保育園などの就学先を「自分で」見つける必要があります。
国や自治体の支援はもちろんありますが、基本的には「親」が動き選択をしていかなくてはいけないんですね。

ネウボラ一つで完結!

一方、フィンランドでは妊娠が分かると、まずネウボラに行きくことになります。
無料で受けられる妊婦健診、その度の面談を繰り返し、精神面、経済面などの相談を受けることができます。
ネウボラが夫婦が赤ちゃんを迎え入れるための準備に協力してくれるというわけです。
出産後も母子共に同じ場所で健診を受けることができます。
同じ保健婦さんが見守っているので、子どもの発達の具合や異常の早期発見もしやすくなります。

必要に応じてネウボラから専門機関を紹介してもくれます。
こうしてみるとお分かりのように、フィンランドでは母親が子供を抱えてあちらこちらと調べて走り回ることがありません。
しかも、基本的にはひとつのネウボラで完結していますので信頼関係も築きやすいですし安心できますよね。

ご家庭のプライバシーな問題にもネウボラ

また、離婚や未婚などといった夫婦間の問題もネウボラに相談できます。
日本ではこんなプライバシーに踏み込んだことってなかなか人には話せません。
しかしネウボラでは「夫婦間の問題=子どもの将来に関わること」と捉えています。
職員が一緒に考え、子供の未来のリスクを回避する方法を相談できるんですね。
こうした点もネウボラの大きな特徴といえるのではないでしょうか。


日本ではどうなの?

日本でも国、さらには地方自治体で様々な育児支援が行われています。
地域に密着した支援、自治体の枠を超えて利用できるサービスなど、その内容は多種多様です。
最近ではフィンランドのネウボラのような活動内容を育児支援として取り入れよとする動きがある自治体もあります。
これからの日本の育児支援がより豊かになることが、少子化対策にも大きな意味をもつでしょう。


ベビハピ!的まとめ

育児大国と呼ばれるフィンランド。
その根っこを支えるのが今回ご紹介したネウボラなんですね。
日本でもその考え方が、自治体ごとに段階的に取り入れられるようになってきています。
赤ちゃんとママ・パパが安心して過ごしやすい社会になってくれれば最高ですね!

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!