子供のための貯金…節約はいつから始める?どれくらい貯まる?コツは? | Baby Happiness! <ベビハピ!>

子供のための貯金…節約はいつから始める?どれくらい貯まる?コツは?

fe0239cd6ece32c388f0ca50fca4cd62_s
子育てをするママにとって、お金の悩みはつきものです。
いつから節約をしたらいい?どれくらい育児資金は必要?

節約や貯金、育児資金について知っておけば、それほど怖いものではありません!
お金を貯め始める時期、どれくらい学費が掛かるのか、貯金のコツ、どれくらい貯まるかの目安もご紹介いたします!

スポンサーリンク

どれくらい必要?子どもに掛かる学費ってこれだけ!

子どもは成長と共にお金がどんどんと掛かってきます。
それでは具体的にどれくらい学費が掛かっていくのかみていきましょう。

中学生から掛かりだす!

まず、本格的にお金が掛かってくるのは中学生から。
中学生の時期に掛かってくるお金は主に塾代。
塾代は毎月2~3万円掛かるだけでなく、そのほかに入学金や夏期・冬期講習、教材費などが必要となってきます。

高校生は塾代が割高に?

さらに高校に上がると、さらに予備校の費用が掛かってきます。
中学の塾代よりも割高になりますので、さらに家計を圧迫してきます。

大学受験で一気に掛かる!

最後の砦となるのが、大学受験。
大学受験シーズンにもなると、予備校代に加え、私立大学を受験するだけで1校約3万円程度。
合格した場合、1校約20万円程度の入学費用を振り込まなくてはキープできない仕組みになっています。
(学校によって違いがあります)

そして、嬉しい合格を貰ったとしても、パパやママは休むことなく大学の費用を工面し続けなければなりません。
私立大学は年間約100万円、国公立で約50万円になります。
さらに下宿するとなると、毎月約7万程度必要となってきます。

徹底検証!教育費を安定させるなら貯金より学資保険が良い3つのワケ
学資保険と通常の貯金、良く比べられるこの二つ。 どうしてもどっちがよいかというのはその人の価値観によって変わります。 でも、"教育費を安定させる"という点では、やはり、学資保険がオススメ。 なぜ、学資保険がオススメなの…

勉強以外の習い事費用も頭に入れておこう

勉強に関わる学費については中学時代から増加していきます。
ですが、ベビースイミングや野球といったスポーツ系、お習字やピアノといった文化系の習い事もけっこうかかります。

ご家庭によって様々ですが、習い事に使う費用は月に5000円~1万円と言われています。
さらに、道具などを揃えるのにもお金が必要になります。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

意外とかかる!学校以外の習い事費用の相場や注意点について
今はほとんどのお子さんが習い事を行っていると言われています。 少子化により子供一人にかけるお金が増えたことも考えられています。また、習い事ビジネスが充実してきた、と言うのも大きな理由のひとつです。 魅力的な習い事が増え…

ベビースイミングを始める目安はいつから?料金やレッスン回数は?
子供の習い事で一番人気があるのは男女ともに「スイミング」! 体力をつけたい、体を丈夫にしたいというママ・パパの想いがあるようです。 さて、そんなスイミングですが、一体いつから始めることができるのでしょうか? 気になる料…

スポンサーリンク

いつから節約?貯金はなるべく早い時期から!

こうして見ていくと一人っ子ならともかく、兄弟が複数いると大変なことになるのは明らかですね。
ですので、貯金はなるべく早い時期から始めましょう。

むしろ、小さいうちが貯金できる唯一のタイミングなのです。
つまりいつから?ではなく、今からはじめましょう!

スポンサーリンク

児童手当は全て貯めると・・・

節約・貯金で意外に使えるのが児童手当です。
児童手当は第一子の場合、
0歳~3歳までは毎月1万5千円
3歳~15歳までは毎月1万円
という形で支給されます。
育児だけでなく、家計全体としてもありがたいですよね。

手当を貯金するといくらになる?

では、児童手当を使わずに全て貯金できると、どれくらいになるのでしょう?

なんと!総額198万円になるんです!

もちろん、家計の状況はご家庭それぞれ違います。
必ずしも貯められるとはいえないかもしれません。
ですが、児童手当を貯金すればおよそ200万円という数字になるんですね。

大学進学の際にかなりの学費が掛かってきますので、この時点で足しにできるようにしておきたいですね。


月1万円からでも大きな資金に!

生活がカツカツで全く貯金できない!という場合ももちろんあるでしょう。
でもなんとかやりくりをして、月1万円からでも育児資金に回してみてはいかがでしょうか?

月1万円でも、1年になると12万円、10年になると120万円。
例えば、8歳から貯金を始めれば18歳の大学受験までに私立の学費くらいは貯まる計算になります。
ちりも積もれば山ですね!

どう切り詰めていけば良い?

とはいえ、月1万円でも大変なものです。
どうやって貯金するお金を捻出すればいいでしょうか?

例えば携帯代なんかはどうでしょうか?
毎月1万円を越えている人は、節約も兼ねてプランなどを一度見直してみても良いかもしれません。
自宅のネット契約している会社と携帯の会社を同じにすることで全体的にかなりお安くなったりします。

また、最近は格安契約のできる会社も出てきていますね。
上手に利用すれば月1万円くらいならばなんとかなるものなんです。

要らないと思う部分の費用はどんどんカットして、節約していきましょう!


貯金できる機会を逃さないで!

昇給のタイミングやボーナスの時期などはどうしても財布の紐が緩みやすい時期。
ですが、そういった時期こそ、心を鬼にして貯金しましょう。

たとえば、昇給したときは、自動引き落としなどを使って、積立貯金に回しましょう。
ここで生活レベルをぐんとあげてしまうと、全く貯金できない罠にはまってしまいます。
生活レベルをいったん上げると、下げることは難しいものなんですね…。

そして、ボーナスは一気に定期預金に。
毎月貯金が苦手な方でも、ボーナスなら一気に育児資金を増やすことができます。

学資保険を利用する

学資保険に加入してしまって貯金をするのもひとつの方法です。
給料から毎月決まった額を入金する形にしてしまえば、何も考えずに貯金できます。

祝い金制度があるなど、メリットもたくさんあります。
貯金が苦手…というママさんパパさんはぜひ学資保険を検討してみましょう。


保険料の最適化で賢く節約!『保険の優等生』無料相談

ベビハピ!的まとめ

毎日の育児、それにかかる費用を稼ぐ・貯めることはもちろん大切です。
それと同じくらい、学費だってお子さんにとっては大切なもの。
子供の将来に関わることですから、親としてはしっかり貯金しておきたいですよね。

いつから始めよう、いくら貯めよう…考えることはいろいろあると思います。
ですが、始めるなら今!いくらあっても困らない!それがお子さんの教育費用です。

まずは毎月1万円くらいから、無理なく始めてみてください!

The following two tabs change content below.
鹿野 かの子

鹿野 かの子

奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。