自分でもびっくり!?妊娠超初期の食欲増加・減退の症状と原因・対策 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

自分でもびっくり!?妊娠超初期の食欲増加・減退の症状と原因・対策

0670bc6f894094f2c200f6395a626397_s
「なんだか最近食欲が止まらない!」
「最近食欲がないけど、どうしたのかな?」
食に関してこんなことを感じている方、もしかしてそれは妊娠超初期の兆候かもしれません!

実は、妊娠すると食欲が増加したり、その逆で減退したりするなどの変化が現れることがあります。
生理予定日前にあたる妊娠超初期でも、妊娠による食欲の変化を感じる人はいるようです。
なぜ妊娠超初期に食欲に変化があるのでしょうか?
その症状と原因を紹介します。

スポンサーリンク

食欲増加の症状と原因

空腹が我慢できない、または食べても食べても満腹感がない…。
急に食欲が増加することは妊娠超初期における代表的な症状の一つです。
妊娠するとお腹の中で赤ちゃんを育てるために、体がこれまでよりも多くのエネルギーを必要とします。
また、脂肪を溜めこもうとするので食欲が増すことがあるんですね。
生理前に急に食欲増加している場合は妊娠超初期の兆候かもしれません。

スポンサーリンク

食欲が増した時の対策法

妊娠超初期における食欲の増加はどう対処すればよいでしょうか?
食欲が止まらない時は、咀嚼の回数を増やすことが最も効果的です。
いつもの1.5倍~2倍くらい噛むようにするとかなりの満腹感を得ることができます。
少しずつ良く噛んで食べるように心がけましょう。
また、食べる量を減らすことが我慢できない、ストレスになる…という方もいるでしょう。
そういった方は最初に野菜を食べるだけでかなり違ってきます。
食べる順番を工夫すれば少量でも満足感を得やすくなるんです。
たとえば野菜を先に食べると、急な血糖値の上昇が抑えられます。
また空の胃を落ち着け食べる勢いを抑えることができるんですね。
妊娠超初期の食欲増加に適している方法といえるでしょう。

スポンサーリンク

食欲減退の症状と原因

妊娠超初期には、胃のむかつき、吐き気、胸焼けなどを感じ食欲不振になることがあります。
考えられるのは主につわりによる症状ではないでしょうか。
妊娠をするとホルモンバランスが変化し消化器系にも影響を与えます。
胃腸の働きが弱くなったり、胃酸が増えことが原因で食欲が減退することがあるんですね。
あまり食べたくないなぁ…食欲不振は妊娠超初期に起こりやすい症状と言えます。


食欲が減退した時の対策法

妊娠初期だと、つわりによる嘔吐や食欲不振がひどい人では、点滴を打ったり入院するといった対処法があります。
ただこれはお腹の赤ちゃんへの影響を考えての対応となります。
妊娠超初期の場合はそれほど激しく食欲が減退することは少なく、胎児への影響もほとんどありません。
ですから病院へ足を運ぶようなケースはほぼないと言えます。
どちらかというと、食欲不振についてはあまり気にしない…というのが最も効果的です。
「食べられない…」とプレッシャーを感じると余計に喉を通らなくなるものです。
とりあえず、食べられる時に食べる、口当たりの良いものを食べる、それだけでかまいません。
栄養面に配慮した食事を摂れるとなお良しといったところでしょうか。


ベビハピ!的まとめ

妊娠超初期では、食欲に変化を感じても妊娠とははっきり断定できるものではありません。
たとえ妊娠ではなかったとしても、食べ過ぎでの体重増加や食欲不振による貧血といった急な変化は体に良くありません。
まずは様子を見ながら、自分の食生活について見なおしてみましょう。
食べ過ぎの場合は、低カロリーで腹もちのよいものを、食欲がない場合は少しずつ栄養価の高い物を食べる…。
など、食生活に気をつけながら妊娠検査薬を使用できる生理予定日頃を待つようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!