季節の行事について

節分ってどんなイベント?豆まきだけに知っておきたい豆知識4つ

2b6bfff4bd3dce90b9bcee94bfbd1273_s
そもそも節分って何?
子供に質問されたら答えられないかも…というママやパパも多いのでは?
しっかり答えてあげられるように、今まで知らなかった節分についての知識を深めておきましょう!
色々なことが解れば、より節分も楽しめますね。
子供たちにしっかりと伝えてあげることも教育の一環です。
ぜひチェックしてみましょう!

 

スポンサーリンク

なぜ2月3日なのか

節分の日は2月3日。これは、次の日が立春であるから。
節分は季節を分けるという意味で、立夏・立秋・立冬それぞれの前日にもあり、1年に4回あったのですが、
日本人は春を最も重要視したということで、立春の前日のみ祝われるようになったそうです。
春が始まる前日に、これから始まる1年間を健康に過ごし、災いなどがないようにするといった意味を込めるのです。
新しい一年を迎える前の日、という意味では、大みそかと似たような日になっていますね。

 

スポンサーリンク

豆まきをする理由

実は、中国の風習から伝わってきたものといわれています。
豆は、魔を滅する、「魔滅(まめ)」という意味があり、災いを払ってくれると考えられていました。
また、魔の目(まめ)に投げつけて鬼をやっつけたという話もあり、豆を投げて鬼を退治するといった風習が残っているんです。

ちなみに豆は炒ったものを使用します。
昔は一家の主人や年男・年女の人が豆を投げていましたが、今では家族全員が投げるようになっていますね。

スポンサーリンク

恵方巻を食べる理由

実は、恵方巻を食べる理由は諸説あり、はっきりしていません。
元々は大阪などで行われていた風習が広まったものといわれています。
ですが、元々は恵方巻に使われる具材は7つで七福神の数。
縁起物ということで食べられていたことが考えられますね。

食べるときに向く向きは、その年をつかさどる神様がいる方向。
他にも恵方巻にはルールがありますよね。
無言で食べる理由は、福を巻き込むと言われている恵方巻なので、その福が逃げないように。
切らずに一本丸ごとかじるのは、縁がきれないように
といったように、これらは縁起などを重視して作られたルールのようです。

 

恵方巻以外にも食べるものがある?

恵方巻以外にも、節分と言えば鰯を食べる風習があります。
昔から厄除けには臭いのきついものなどが使われていました。
鰯の頭も臭いがきついため、鬼が嫌うとして厄除けに使われています。
玄関に置いたりする場合もあるようですが、最近はもっぱら食べるだけ、というご家庭のほうが多いようです。

スポンサーリンク
ABOUT ME
林まりか
林まりか
3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
あなたにオススメの記事



スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です