汗ダラダラ!夏に外出するとき持っておきたい6つの暑さ対策グッズ

b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
赤ちゃんとのお出かけ…気持ちよく晴れた日は散歩もしたくなりますよね。
ある程度大きくなれば公園で遊ばせてあげたい!と思うものです。

でも、夏はどうしても赤ちゃんが汗だらだらになってしまう!
熱中症や汗疹もちょっとこわい!と、ママは思うのではないでしょうか。

赤ちゃんは代謝が高く、汗をかきやすいので思っているより短い時間で汗がびっしょりになっていることも。
そんなときに活躍する、外出時に持っておきたい暑さ対策グッズをご紹介します!

赤ちゃんの暑さ・汗・熱中症対策に役立つアイテムをぜひ持っておきましょう!

スポンサーリンク

ジェルタイプの保冷剤

だっこ紐・ベビーカー・チャイルドシートなど赤ちゃんが長時間居る場所には、保冷剤を使うことをオススメします。
ジェルタイプなら、冷えすぎないですし、固くて赤ちゃんが嫌がることも少ないのでオススメ。
特に長時間体と密着すると蒸れて暑くなるので、保冷材は熱をこもらせないためにも非常に最適のアイテムです。

もし冷たすぎる場合にはタオルでくるんでおくと良いでしょう。
結露してしまう心配もありませんし、固くて嫌がることもなくなります。

スポンサーリンク

吸収性の高いハンドタオル

汗を拭くのにとっても大事なハンドタオル。
赤ちゃんは本当にすぐ汗をかくので、サッとふき取ることが大切です。
放っておくと、白いお肌に汗疹ができてしまうことも…!

吸収性の高いタオルなら、より赤ちゃんが快適になります。
しっかり汗を吸うハンドタオルは何枚か持っておきましょう。

スポンサーリンク

首元をカバーする帽子

赤ちゃんにとっても、帽子って大切です。
ただ、帽子の中は非常に蒸れるので、通気性の高い帽子がオススメです。

また、顔をカバーするつばだけでなく、首元をカバーする布も付いている帽子がオススメ。(保育園で被るようなタイプの帽子)
しっかりと顔周り全体を陽射しからカバーしてくれます。

熱中症の防止はもちろん、日焼けや必要以上に汗をかくことも抑えてくれますよ♪

ペットボトルキャップストロー

赤ちゃん用のマグを持っていくのもいいですが、荷物がかさばる、面倒だという人も居るでしょう。
もうストローが使えるようになっているなら、ペットボトルのキャップにストローが付いたものがオススメ。
自動販売機やコンビニで飲み物を買って、それを付ければ赤ちゃんがサッと飲むことが出来ます。
100円ショップなどでも購入できるので要チェックです。

飲み物は何がいいの?

ちなみに、市販の飲料については月齢や年齢に合わせたものをあげましょう。
たとえばお水であれば、海外のものに多い硬水ではなくて軟水が良いです。
ミネラル分が多すぎると肝臓に負担をかけるため、赤ちゃんに硬水は向いていません。

また、糖分の多いものやカフェインが入っているものは当然オススメできませんので注意しましょう。

大きめの日傘

だっこ紐やだっこで移動するなら、大きめの日傘で赤ちゃんも傘の中に入れてあげましょう。
赤ちゃんが直射日光を避けることが出来ますので、汗をかきにくくなります。
また、紫外線を受けないことはママの美容にもいいことなので、ぜひ実践してみて下さいね。

汗取りパッド

寝るときなども活躍する、背中に入れて汗を吸い取るパッド。
外出時は着替えが大変なので、これを使うととっても便利。
2~3枚ほど持っていけば、着替えが不要になるのでオススメですよ!

外出時の荷物は少し多いくらいがいい!

暑さ対策グッズもいろいろあるので、荷物が多くなり、ママは大変かもしれませんね…。
でも、備えあれば憂いなし!
赤ちゃんの健康のためにも、できるだけ暑さ対策には気を配ってあげてくださいね。
暑い日の外出時はちょっと荷物が多いくらいの方が良いものです♪

ベビハピ!的まとめ

夏の陽射しは大人に比べて赤ちゃんには大きく影響してしまうもの。
まだ体も小さくて抵抗力も弱いですから、暑さ・汗対策は十分にしたいですね。
ご紹介したオススメグッズを持って、今日も元気にお散歩しましょう♪

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
汗ダラダラ!夏に外出するとき持っておきたい6つの暑さ対策グッズ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする