簡単早わかり!生まれたての新生児用の服の選び方5つのコツ

55d45e6fefe5e3db8dba368ac07f5d39_s
赤ちゃんがお母さんのお腹に宿った時、生まれてくる子のために新生児用品をそろえることは大きな楽しみでもあります。
中でもお洋服選びはどんなものを着せようかと、大変楽しいものです。
生まれてくる赤ちゃんのために新生児用の服の選び方のコツを知り、無駄なくしっかり準備をしましょう。

スポンサーリンク

①新生児に必要なお洋服

<短肌着>

短肌着は季節にかかわらず利用が多いので多めに用意します。
赤ちゃんはミルクの吐き戻しも多く、1日に何度も着替えることがありますので5~7枚位の用意が一般的です。

<長肌着>

長肌着は長めの肌着で足まで覆ってくれます。
昼夜で寒暖差がある春秋はこの長肌着を短肌着に重ねて調節します。
1~2枚用意し、必要に応じて買い足す人が多いようです。

<コンビ肌着>

冬生まれの赤ちゃんにはコンビ肌着も必要になります。
コンビ肌着は、長肌着の様に短肌着の上に着て足まで覆うものですが、足の部分にスナップが付き二つに分かれるようになっています。
<必要に応じてベビードレス、ベビー服ツーウェイオール、カバーオール>
寒い時期や外出時に肌着の上に着せます。
季節や月齢に合わせましょう。
ツーウェイオールは足元のスナップを外せばベビードレスとしても使用できるので新生児服の中では比較的長く着ることができます。

スポンサーリンク

②季節に合わせた組み合わせを用意

新生児期から生後1カ月頃まではお部屋で過ごすことが多い赤ちゃんには何を着せたらいいでしょう。

<春・秋>

短肌着と長肌着を重ね着。
外出時は短肌着にベビードレスなどを1枚足す。

<夏>

短肌着1枚。
外出時はエアコンが効いていることも考えられるので、短肌着にカバーオールなどを着せ調節してあげましょう。

<冬>

短肌着にコンビ肌着、カバーオール。
外出時はベストなど上着を用意しましょう。

スポンサーリンク

③サイズと月齢の見方を知る

ほとんどの場合、ベビー服のサイズは50、60、70など身長と3㎏、6㎏、9㎏など体重で表示されます。
新生児のサイズは50㎝、3㎏となります。
個人差もありますので、検診や自宅で測ってみてそれを参考に衣類を購入しましょう。

④赤ちゃんの成長は早い!

③で新生児のサイズを紹介しましたが、赤ちゃんの成長は早く物によってはあっという間に着られなくなってしまいます。
月齢と平均的な身長・体重を表にしてみましたので見てみましょう。

  身長 体重
0ヶ月 50cm 3kg
3ヶ月 60cm 6kg
6ヶ月 70cm 9kg

赤ちゃんの身長も体重はどんどん大きくなります。
成長具合も個人差がありますので、表はあくまでも目安です。
生まれる前や出産直後など最初にちょうどのサイズばかり揃えてしまうと一気に買い直しになってしまうでしょう。
カバーオールなど長く着られる物を用意したり、大きめのサイズも併用するなどの選び方をすると長く使えます。

⑤素材は絶対確認!

新生児をはじめ月齢の低い赤ちゃんが着るものは原則として綿100%だと安心です。
体温調節が苦手な上、繊細な皮膚をもつ赤ちゃん。
普段着るお洋服はデザインが凝ったものよりも「肌触り」や「通気性」などといった素材感をメインに選んでいきましょう。
また着脱や機能性に優れたものを選ぶと、オムツ替えの時など便利でいいですよ!

おわりに

「生まれてから必要なものをよういすればいいや」「今のサイズのもので大丈夫」なんて考えだと後々困るかも!
生まれたての赤ちゃんのお世話は忙しく、お母さんの体調も万全ではないので簡単に買い出しっていけないんですよね。
かわいい赤ちゃんが生まれてからバタバタと慌てないよう、お母さんも安心して産むための準備をしっかりしておきましょう!

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
簡単早わかり!生まれたての新生児用の服の選び方5つのコツ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする