乳歯の虫歯は黒ではなく白い!?色の特徴や見分け方・予防法を知りたい!

虫歯というと、「黒くなるもの」と思いますよね。
しかし、乳歯の虫歯はちょっと違う特徴が…!!

764dd3c6d95555fe62f8cf6d6b8a2ff7_s

なんと、「乳歯の虫歯は白くなる」んです!

もしかしたら、聞いたことがある人もいるのでは?
健康な歯と似ていて見つけにくく進行が早い…子供の虫歯はとても厄介なんです…。

今回は乳歯虫歯の色や特徴、見分け方・予防法などをご紹介します!

スポンサーリンク

乳歯が生えてくる時期

赤ちゃんは成長に個人差があります。
乳歯も同様で、3~9ヶ月くらいの間に生え始めます。
生えてくる順番と時期の目安は以下のとおりです

  • 生後3~9ヶ月…下の前歯2本
  • 生後9~10ヶ月…上の前歯2本
  • 1歳2ヶ月~1歳6ヶ月…奥歯4本(第一乳臼歯)
  • 1歳9ヶ月~2歳くらい…犬歯4本
  • 2歳6ヶ月~3歳くらい…奥歯4本(第二乳臼歯)

歯の生え方は早い子もいれば遅い子もいます。
ただ、1歳半を過ぎても「全く歯が生え始めない」という場合は、小児歯科を受診して相談してみましょう。
何らかの問題がある可能性があります。

スポンサーリンク

乳歯は虫歯になりやすいって本当?理由は?

子供は大人に比べて虫歯になりやすいと聞いたことはありませんか?
なぜそう言われているのか、理由を見ていきましょう。

乳歯はとても弱い歯

子供の乳歯は大人の永久歯よりも脆くて弱いと言われています。
表面のエナメル質と内側の象牙質の厚さが永久歯の2分の1しかないからです。
そのため、ちょっとしたことで欠けやすいですし、虫歯菌の進行も早くなってしまいます。
乳歯は脆い歯であることを理解し、虫歯予防には十分注意を払わなくてはいけません。

虫歯の進行がとても早い

乳歯は永久歯に比べて厚みが薄くなっています。
そのため虫歯菌が付着したままになると、すぐに奥まで進行してしまうのです。
また、歯は小さいですが神経は大人と同等の大きさとなっています。
そのため、乳歯は虫歯になるとすぐに神経まで侵されてしまうと言われています。

神経は子供から大人の歯への生え変わりに必要なものです。
子供のうちに虫歯が進んでしまうと、永久歯に大きく影響します。
歯が抜けにくくなったり、色が悪くなったりなどデメリットが出てくるのです。
予防はもちろんですが、乳歯の虫歯はすみやかに治療することが大切です。

子供は歯みがきを嫌がる

赤ちゃんや幼児が虫歯になりやすい最も大きな理由、それは「歯みがきが嫌い」ということです。
授乳や離乳食での食べかすは、虫歯菌にとってのエサとなります。
汚れが付着したままの状態は菌の活動を活発化させることでしょう。

歯みがきをしっかりと行えば、虫歯菌や食べかすを掻きだすことができます。
しかし、お子さんの多くは歯を磨くことを嫌がりますよね。
それに自分一人で十分な歯みがきをすることもできません。

こうしたことから、十分に汚れを掻き出せず、子供は虫歯になりやすい傾向にあるのです。

スポンサーリンク

乳歯の虫歯の特徴…白くなるって本当?

大人の永久歯と乳歯の虫歯には大きな違いがあります。
果たしてどのような差があるのでしょうか?

白くなり見分けがつきにくい

永久歯が虫歯になると、黒く変色するので見た目ですぐわかります。
しかし乳歯の場合は黒ではなく「白く」なることが多いそうです。
そのため、乳歯が虫歯になっても気付きにくいという特徴があります。

白い虫歯は進行が早い

乳歯の虫歯は必ずしも「白い」とは限りません。
大人と同じように黒い場合もあります。
では白と黒の虫歯にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 白い虫歯…健康な歯と見分けがつきにくく、進行が早い。
  • 黒い虫歯…色がついているので見つけやすく、進行も遅い。

黒と違って白い虫歯は健康な歯とほとんど色が変わりません。
虫歯の発見が遅れ気づいたら進行していたということもあるので、注意が必要です。

乳歯の虫歯ができやすい場所はどこ?

乳歯の虫歯ができやすい場所も見ていきましょう。
主に、以下の様なところに白いまたは黒い虫歯ができやすいです。

  • 歯と歯の間…生え始めは歯間も広く、食べかすがつまりやすくなっています。乳歯では特に奥歯の歯間に注意しましょう。
  • 上顎の前歯…母乳や哺乳瓶でのミルク・ジュースによって虫歯になりやすいです。特に前歯の裏側は糖分に長く触れやすく、磨きにくい箇所なので注意が必要です。
  • 歯と歯ぐきの間…大人でもそうですが、子供も歯ぐきの虫歯は注意です。特に子供の歯ぐきは柔らかく、歯ブラシで痛がることがあります。嫌がるかもしれませんが、しっかりと境目を磨いてあげましょう。
  • 上の歯全体…下の歯に比べ上の歯は唾液による洗浄効果が薄れやすくなります。しっかりと磨いてあげましょう。

虫歯ができやすい場所は大人も子供も似ています。
ただ、ご覧のように原因にはちょっとした違いがあります。
お子さんの歯を守るためにも、仕上げ磨きはしっかりと行いましょう。

小さい子供は虫歯の痛みに鈍感?

赤ちゃんや小さいお子さんは「痛覚」がまだそれほど発達していません。
ちょっとくらいの痛みには非常に鈍感です。
そのため、乳歯は虫歯の発見が遅れやすく見過ごしやすいという特徴があります。
食事中に「痛い」と言ったとしても、次の日にはケロッとしてしまい、親としては「まぁ大丈夫か」とスルーしてしまうことがあるのです。

乳歯の虫歯は大人が仕上げ磨き時に必ず目視によってチェックしましょう。
また、定期的に小児歯科にかかることをおすすめいたします。

乳歯の白い虫歯はどうやって見分けるの?

「歯と同じ白い色なのに、どうやって虫歯を見つけることができるの?」
正直そう思われるママやパパもいらっしゃることでしょう。
仕上げ磨きのチェック時に、乳歯の虫歯を見分けるコツをご紹介します。

乳歯の場合、白い歯から黒色に変化するというような変化はほぼありません。
健康な歯と同じように虫歯も白いから見分けがつかない…ということがほとんどです。

白い虫歯の特徴・見分け方

乳歯の白い虫歯にも見た目的な特徴があります。
子供の初期の虫歯は「濁っているような白色」をしていることが多いです。

  • 健康な歯…透明感のある白い色
  • 乳歯虫歯…マットで濁った感じの白色

ちょっとした違いですが、毎日ちゃんとチェックをしていればけっこうわかるものです。
仕上げ磨きなどのタイミングで、お子さんのお口の中をしっかり見てあげてくださいね。

定期的に歯科検診でチェック!

白い乳歯の虫歯は見た目的に健康な歯と違いがあります。
とはいえ、やはり見つけにくいことは間違いありません。
特に奥歯などは、素人目ではよくわからないこともあります。

毎日目視でチェックするだけでなく、お医者さんに診てもらうことも行いましょう。
専門家の目で診てくれますし、レントゲンなどで隠れた虫歯も発見できるかもしれません。
定期的に小児歯科に通って、専門家の目で虫歯の有無をチェックしてもらえれば安心ですよね。

乳歯虫歯の予防!仕上げ磨きとフッ素が大切!

虫歯予防で最も大切なのは歯磨き!
ということで、乳歯期の歯みがきについて少しご紹介しておきます。

歯みがきは歯が生え始めたらすぐ!

下の前歯が生え始めたらブラッシングの開始時期です。
お口の中にブラシを入れる感覚を、早い段階で覚えてもらいましょう。
歯みがきは小さいうちからの習慣づけがとても大切です。

毎回仕上げ磨きをしてあげる

1歳半~2歳くらいになると自分で歯磨きができる、やりたくなる年齢です。
のど突き防止のガードがついた歯ブラシを持たせてみましょう。
自分でゴシゴシと磨く感覚が身につきます。

ただ、仕上げ磨きは大人がしっかりと行ってくださいね。
小さいうちはブラッシングが上手ではありませんので、磨き残しもたくさんあります。
また、ママやパパが毎日お口のチェックをすることで、ちょっとした変化にも気付きやすくなります。
スキンシップにもなりますので、ぜひ仕上げ磨きをしてあげてくださいね♪

歯間はデンタルフロスで

乳歯で虫歯になりやすいのは奥歯の歯と歯の間です。
歯ブラシでブラッシングをしても、食べカスを完全に取ることは難しいです。
歯間を綺麗にするためにも、デンタルフロスを使いましょう。
大人用でもいいですが、子ども用のフロスも販売されています。
サイズ的には小児用が調度良く、歯と歯の間も綺麗にしやすいですよ!

フッ素でエナメル強化!

虫歯予防にはフッ素も効果的です。

乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄くとても弱いものです。
そのため、虫歯になると進行がとても早いんですね。

フッ素にはエナメル質を強くする働きがあります。
再石灰化が促進されるので、超初期の虫歯ならば治るとも言われています。
さらに虫歯菌の活動を効果的に抑えてくれるので、予防にはフッ素がいいんです。

フッ素ってどこで塗るの?

子供用のフッ素入り歯磨きジェルというものがあります。
日々のケアはそれを使っておけば良さそうです。

さらに、定期歯科検診でお医者さんにフッ素を塗ってもらうと良いでしょう。
歯石をとった綺麗な歯に塗ると、さらにエナメル質強化効果が得られます。
自宅と歯科、それぞれで効果的にフッ素を使って虫歯を予防していきましょう!

ベビハピ!的まとめ

乳歯の虫歯は白くなる!…ちょっと驚きの事実ですよね。
目立ちにくい上に、進行が早いということで、ママ・パパとしては心配です。
気づいたときには、虫歯が広範囲に広がっているということもあります。

今回ご紹介した内容を参考に、お子さんの口内環境には十分注意してあげてください。
虫歯は予防はもちろん、見つけたら早期治療が大切です。
お子さんの歯を出来る限り守ってあげてください!

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
乳歯の虫歯は黒ではなく白い!?色の特徴や見分け方・予防法を知りたい!
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする