ポンポンやスクワットはダメ?揺さぶられっ子症候群3つの目安 | Baby Happiness! <ベビハピ!>

ポンポンやスクワットはダメ?揺さぶられっ子症候群3つの目安

114525d8a9d2d3cc2559b68c26dde17b_s
小さな赤ちゃんの頭を揺らすと揺さぶられっ子症候群になることを聞いたことはありますか?
「あれ?げっぷをさせる時背中をポンポンとすると頭が揺れるのは大丈夫なの?」
「あやしにも、ママの体型戻しにもいいかと抱いたままスクワットをしていたけど、これって頭を揺らし過ぎ?」
揺さぶられっ子症候群と、日常生活のお世話の中での揺さぶられについて正しく理解しましょう。


スポンサーリンク

背中をポンポンするのは大丈夫?

赤ちゃんをお世話で、背中ポンポンはいろいろなシーンで使われますよね。
母乳・ミルクを飲んだ後、抱っこして落ち着かせる時、寝かしつけの時…など。
当たり前のようにやっている背中ポンポンですが、揺さぶられっ子症候群になったりすることはあるのでしょうか?

授乳の後のポンポン

赤ちゃんは母乳・ミルクを飲む際に空気も一緒に取り入れてしまいます。
授乳後は吐き戻しを防ぐために背中をさすってゲップをさせてあげることになります。
気管が未発達な赤ちゃんにとっては大切なことですね。
場合によっては背中をさすってもさすっても中々ゲップしてくれないこともありますよね。
そんな時は背中をポンポンすることもあるでしょう。

ポンポンと叩いてげっぷをさせる時は、基本的に力をいれず優しく行うようにしましょう。
赤ちゃんは体に対して大きな頭をしっかりと支える筋肉が弱く、簡単に頭がぐらぐらと揺れます。
あまりに激しく叩いて頭を揺すってしまえば、揺さぶられっ子症候群になる可能性も否定はできません。
首がすわるまでは優しくポンポンしてあげましょう。

その他のシーンでのポンポン

寝かしつけやあやしてあげる場面でも同じことが言えます。
普通にポンポンするくらいならば揺さぶられっ子症候群になることはありません。
ですが、必要以上に…頭がグラグラと激しく揺れるくらい叩けばリスクはあります。
寝かしつけ、あやしの際にも、背中をポンポンする時は力加減に十分気をつけましょう。

スポンサーリンク

スクワットって赤ちゃんの頭を揺さぶりすぎる?

抱っこをしてスクワットをしてみせると、赤ちゃんは上下の動きを喜んだり、泣きやんだりすることもあります。
ママの体型戻しにも効果的で、一石二鳥と一生懸命スクワットに励む人もいますよね。

スクワットをすると頭が揺れる?

この時も赤ちゃんの頭部は揺れています。
とはいえ、体も一緒に動いていますので普通にやっている分にはあまり影響はないでしょう。

スピードや勢いに注意!

スクワットであやす時はその速さに注意しましょう。
赤ちゃんの頭ががくがくと揺れる位のスピードや激しさで行うのは危険です。
いくら赤ちゃんが喜ぶとしても、あまり激しすぎるのは止めておきましょう。
ゆっくり、赤ちゃんの体の揺れに注意しながら行う分には揺さぶられっ子症候群になる可能性はほぼありません。

抱っこでの揺さぶりも注意?

また、ただ抱いてあげるよりも小刻みに体を揺らす方が好きな赤ちゃんもいます。
ゆらゆらと揺れる感覚が胎児のころの記憶を蘇らせて安心するんですね。

優しく揺らす程度であれば揺さぶられっ子症候群の心配はありません。
赤ちゃんの頭の揺れに気を配り、激しく行わないよう気をつけておきましょう。

スポンサーリンク

どれくらい揺すると危険?3つの目安

揺さぶられっ子症候群は「激しく頭部が揺れると起こる」とされています。
ただ、そう言われても実際にどれくらい揺れると危険なのか分かりにくいですよね。

揺さぶられっ子症候群の目安を以下にご紹介いたします。

  • 頭を2秒間に5回以上揺らす。
  • 体を10秒間に5回以上激しく揺らす。
  • 体を20分間以上左右に揺らす。

具体的に秒数や回数が出ると、どの位激しく揺らしているかイメージがつくのではないでしょうか。
ポンポンやスクワットで赤ちゃんの頭や体が揺れているな、と心配な人は、以上を目安にしてみてください。
赤ちゃんの背中ポンポンやスクワットは優しく行うように気をつけましょう。

揺さぶられっ子症候群の注意点

普段のあやしやお世話の中では、揺さぶられっ子症候群になる可能性はほぼありません。
常識の範囲内であれば背中ポンポンやスクワットの寝かしつけは全く問題がないということですね。

とはいえ、赤ちゃんの頭の構造は大変未熟なので気を付ける必要があることは事実です。
先述した目安を参考にして赤ちゃんのお世話には細心の注意を払ってあげましょう。

虐待の指針になっている

揺さぶられっ子症候群は虐待の指針にもなります。
殴る、蹴るなどの暴行による明らかな虐待などはもちろんもってのほか。
ほとんどのママさんが赤ちゃんに暴力をふるうなんてことはないでしょう。
ただ、普段の育児の中でも思い通りにならず、イライラが溜まってしまうことはあります。
ついポンポンする手に力が入ってしまう…そんなこともあることでしょう。
通常の範囲外のポンポンになってしまえば、揺さぶられっ子症候群の可能性もでてきます。

まずは気持ちを落ち着ける

乱暴に扱ってしまいそうになる時には、赤ちゃんを一旦安全なところに置いてください。
そして、ママの気持ちを落ち着けるちょっとした時間が必要です。
泣いたり、騒いだり、寝なかったりしても、抱いているのは唯一無二の大切な命。
揺さぶられっ子症候群について勉強し、予防できるようにしましょう。

追記:乳幼児揺さぶられ症候群で1歳女児死亡か?

 2015年8月21日、揺さぶられっ子症候群に関連する、なんとも痛ましいニュースが飛び込んできました。

東京・江戸川区のマンションで1歳の女の子が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。一緒に住む伯父の行方が分からなくなっていて、警視庁は何らかの事情を知っているとみて捜査しています。(TBS NEWS

ニュースによれば江戸川区の1歳女児が自宅マンションで亡くなっていたそうです。

司法解剖によれば「脳に腫瘍があった」とのこと。
乳幼児揺さぶられ症候群の可能性が高いとのことです。

ドシンという音が数回聞こえた…虐待の可能性

ドンドンという何かが落ちたような強い音が数回、近所の人が聞いています。

「ドーンと降りたような音。ドシーンという音が。昼の2時20分から40分の間に3、4回くらい」(近所の人) 「(女の子は)あおむけに寝ていて、泡を吹いていた」(近所の人)(TBS NEWS

1回だけならば、たまたま何かが落ちた、またはアクシデントで子供がベッドから転落してしまった…ということもあるでしょう。
しかし、ドシンという音が3,4回鳴っているといいます。
推測ではありますが、1歳女児に対して何らかの虐待があったのでは?と考えられますね。

揺さぶられっ子症候群は、首すわりができ体が成長した子であれば、通常のあやし方で起きる可能性は低いです。
1歳であれば、ちょっと高い高いしたくらいで揺さぶられ症候群になることはまずないでしょう。
抵抗できない小さい子供を、虐待によって死亡させたということであれば、許されることではありません。

同居していた叔父が行方不明とのことですが、女児が亡くなった原因を知っているのであれば、速やかに出てきて欲しいですね。

ベビハピ!的まとめ

赤ちゃんと普通に接する分には揺さぶられっ子症候群の危険性はありません。
背中ポンポンやスクワット、抱っこでの軽い揺さぶりくらいならば問題はないんですね。
ですから、それほど神経質にならなくて大丈夫です。

もし心配な場合は、ご紹介した目安を参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!