お宮参りでは赤ちゃんの着物の下は何を着せるべき?流行は?

1f2ef16898a36ab4517aba903f3a204c_s
お宮参りで着用する掛け着と呼ばれる着物。華やかで日本的、優雅な着物で赤ちゃんの誕生を祝いましょう。
お宮参りで着物を着る際に気になるのが"着物の下に何を着るべきか"という点です。
昔と今では違っていたり、その時代に合った流行、というものもあります。
どんなものを着せるべきなのか、みんなはどうやってお宮参りをしたのかをチェックしましょう。

スポンサーリンク

掛け着の下に着るものの基本

ベースは肌着の上に白羽二重の内着と呼ばれるものを着せます。
基本的には掛け着と一緒に白羽二重の内着も購入・レンタルすることになるでしょう。
肌着は季節によってどんなものにするか選びましょう。
見えてしまってもいいように、白の肌着を選ぶと良いですね。
お宮参り用に質の良いものを用意しておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

季節によって違う、肌着の選び方

生後一ヶ月を目安にして行われるお宮参り。
赤ちゃんによって行う季節も変わってきますよね。
ですから季節によって、肌着の選び方も変わってきます。

  • 春 短肌着の上に長肌着
  • 夏 短肌着
  • 秋 短肌着の上に長肌着
  • 冬 短肌着の上に長肌着(厚めの素材)

その日の気温などに合わせて肌着の素材や合わせ方も考慮しましょう。
夏は汗をかかないように薄手のものを。
冬は寒くないように暖かい保温効果のある素材だと良いですね。

 

スポンサーリンク

白羽二重の内着の代わりに

白羽二重の内着がない場合、普通のドレスオールやツーウェイオールと呼ばれるものを着せても構いません。
最近は白羽二重にこだわらず、掛け着の下は普段の装いをしている方も増えています。
というのも、あまり着なれないものを着せることに抵抗がある方が多いから。
また、夏だと掛け着をずっと着せておくわけにもいきませんし、移動中ずっと掛け着をかけたまま、というのも大変ですよね。
移動中やお参りの前の時間には普段の格好より少し薄着にしておいて、おくるみやアフガンなどで包んであげて
お参りの時に掛け着に変える、という方法もあります。
赤ちゃんに少しでも負担がかからないようにしておきましょう。

 

新品?着なれたもの?

お祝いですから、下に着るものも新調したものをチョイスしたい。
という方も多いでしょう。もちろん、それでも構いません。
また、逆に何度か着ている着なれたものを選んでも構いません。
あくまでも赤ちゃんが快適に過ごせるように配慮して下に着せるものを考えましょう。
無理にお祝いだからと言って高いものを着せる必要はありません。
多くの人が普段着のようなものを下に着せているので、普段着を着せたからと言って恥ずかしい、ということもないでしょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
お宮参りでは赤ちゃんの着物の下は何を着せるべき?流行は?
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする