困った!保育園に行く時間なのに子供がぐずった時の対処法3つ

aab7b49133aac68f6b49d12bd9f51659_s
どうしてもドタバタしてしまう朝の準備。
保育園に行かないと間に合わない!という時間なのに、子供が小さなことでぐずってしまったり、「行きたくない!」なんて言い出してしまう…。
というトラブルにあったことはありませんか?
仕儀とをしているママだと特にこういうのは困っちゃいますよね…。
ついつい「早くしなさい!」なんて怒鳴ってしまうこともあるでしょう。
でも、怒鳴れば怒鳴るほど余計にぐずっちゃうんですよね。

そんな困った朝のぐずりを何とかする対処法を調べてみました!
気持ちよく保育園に行ってもらうためにも、参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

「行きたくない!」の対処法

どうしても、何か別のものでごまかしがちですが、一旦気持ちを受け止めてあげることがとっても大事。
まずは、どうして行きたくないのか聞いてあげて。
ママと離れたくないという理由なら、
「ママも一緒に居たいけど、どうしてもお仕事だから頑張ってきてね。」
「お仕事頑張ってくるから、保育園でいっぱい遊んできてくれるかな?」
「絶対に迎えに来るから、頑張ってきてね」
といった優しい言葉をかけてあげましょう。

子供の要望に応えられなくても、まずは受け止めること。
「そうなの、○○なのね」「そうなんだ」「そうだね」という"受け止め"によって、
希望が叶えられなくても親が理解してくれたということが解れば子供は安心します。
そこでぐずりが止まなくても、続けていれば後々解ってくるでしょう。
ごまかし続けるよりは子供の心にとっても良いことです。

 

スポンサーリンク

抱きしめる

子供によっては、ぎゅっと抱きしめてあげることで落ち着くこともあります。
普段、怒鳴ってばかりでなかなか抱きしめてあげられてないかも…。
という心当たりがある人は試してみて。
もちろん、即効性があるものでもないですから、続けることが大事ですよ!

 

スポンサーリンク

「ごめんね」はNGワード!

怒鳴る、ということがなくても
「ママ、お仕事いかなくちゃいけないのー、ごめんね!」
ってついつい言ってませんか?
実は、この場合の「ごめん」は子供にとってNGワードなんです。
「ごめん」=悪いこと
というネガティブなイメージになってしまうので、子供の不安を増幅させてしまうことがあるんです。

「ごめん」の代わりにかけるべきワードは「ありがとう」。
「いつも保育園で頑張ってくれてありがとう、今日もママはお仕事だから一緒に保育園いこうね?」
といったように言い方を変えてみて!
自分の気持ちも変わるから、ぐずりの対処へのイライラも減らせますよ!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
困った!保育園に行く時間なのに子供がぐずった時の対処法3つ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする