赤ちゃんや小さい子にあげるお年玉の相場ってどれくらい?

24a4b46cae17566b9d63fe2758d30766_s
赤ちゃんや小さなお子さんにあげるお年玉はいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
あまりに少ないと、親御さんの起源を損ねそうですし、多すぎても恐縮させてしまうことでしょう。
お年玉の相場はどれくらいなのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

お年玉の意味とは?

そもそも、お年玉とはどういう意味を持っているのでしょうか?
それを知るためにはまず、お正月の意味を知る必要があります。

・お正月は歳神様をおもてなしする行事

日本では古来、新年には各家にその年の豊穣を運んでくれる「歳神様」がいらっしゃると考えられてきました。
家族揃って「歳神様をおもてなしして、1年の幸せを頂戴する・願う」、それがお正月というわけですね。

・お年玉は神様から賜るもの?

お年玉も歳神様が運んできてくれるものの一つです。
元々は、神様へのお供えであった鏡餅を分けあって食べたことから「お歳神様の賜り物」と言われていました。
月日が経つにつれて、お餅からお金に代わり、名前もお年玉へと変化していったわけです。
現代では年長者からお金をもらうというのがお年玉ですが、元々は歳神様から賜わるものということだったんですね。

スポンサーリンク

年齢ごとのお年玉の相場について

では、実際のお年玉の相場についても見ていきましょう。
ご家庭によってさまざまなようですが、調べたところでは平均で以下のような額が一般的なようです。

・0歳~3歳:500円~1000円
・幼稚園生:1000円~2000円
・小学生:3000円~5000円
・中高生:5000円~1万円
・高校生以上:1万円、またはあげない

ちなみに、筆者の甥は1歳になりますが1000円です。
お返しとして0歳の我が子には500円のお年玉をくれました!

15010501

スポンサーリンク

関係性によっても変わる?

一応、年齢ごとにある程度の相場はありますが、実際にあげる際には関係性も考えるべきです。
たとえば、祖父母であれば可愛い孫のためにちょっと多めにあげたいと思うでしょう。
甥っ子姪っ子であればほぼ相場どおり、ちょっとした知人であればそれよりも低め…とわりとフレキシブルにお年玉の額は変化するのが普通です。
「あの人からお年玉○○円しかもらえなかった!」なんて言うのはやめましょうね!

まとめるとこんな感じです。

・祖父母:相場より高めもあり
・年長の親戚:相場かそれよりちょっと高め
・同年代の親戚:ほぼ相場どおり
・友人:相場かちょっと低めでも良い
・ちょっとした知人:相場より低めもあり

もし相場で悩んでしまう場合は、事前に打ち合わせしておくのも良いでしょう。
実際に筆者は親戚間である程度、お年玉ルールを決めてあります。
新年のお祝いとはいえ、お金のことですから後々揉めると面倒です。
ご家庭ごとに「これくらいでいいよね」という額を決めておきましょう。

オモチャやお菓子の方が良い?

0歳~3歳くらいだとお金よりもオモチャやお菓子の方が喜ばれることもあります。
未就学児にとって、お金なんて不要なものですしそれも当然ですよね。
年齢に合わせたオモチャやお菓子の詰め合わせなどであればお子さんも喜ぶものです。
特に、友人知人くらいの関係性であればお金よりも物のほうが喜ばれることもありますので、ケースバイケースで柔軟に考えていきましょう。

おわりに

赤ちゃんや幼い子どもにあげるお年玉の相場はある程度、「これくらい」という目安があります。
それを基準にして、あとは関係性やお子さんの年齢を考えてどういう形にするか考えていきましょう。
相手のママ・パパと話し合っておけば面倒にもなりにくいので、事前に打ち合わせしておきましょうね!

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
赤ちゃんや小さい子にあげるお年玉の相場ってどれくらい?
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする