お子さんにわかりやすく教えてあげたい端午の節句の意味や由来

0590db3562205054344825d20dc3f7ba_s
「こどもの日って、どうして子供の日なの?」
「端午の節句ってなに?」
子供が疑問に思う”こどもの日”についてのこと。
突然質問されてしまったら…うまく答えられる人は少ないでしょう。
これを機に、端午の節句の意味や由来を勉強してみませんか?
お子さんに上手に説明できれば、きっと喜んでくれますよね。
ぜひ、チェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

端午の節句の由来

端午の節句の”端午”は、”端”が”初め”。”午”が”数字の5”という意味を持っています。
つまり、”端午”と言うのは”最初の5日”という意味なんです。
昔は5月以外の月の5日も”端午”と呼ばれていたのですが、奇数が続くことはおめでたいこと、と言われていたので5月5日だけを”端午”というようになりました。

子供に説明するなら…

「端午の”端”は最初、”午”は数字の5」「5月の最初の5日ということ」という部分がポイントになりそうですね。

スポンサーリンク

端午の節句のはじまり

元々は薬草を摘んで邪気を払うと言うイベントだった”端午の節句”。
その薬草と言うのが菖蒲です。
時代とともに廃れていたイベントなんですが、武士の家では尚武(武道や武勇を重んじること)と菖蒲をかけて、5月5日を”尚武の節句”としてお祝いを続けていたんです。

江戸時代には徳川将軍が5月5日を大事な日と決め、それが一般に広まっていきました。
そうして、元々は薬草を摘んで健康を祈る”端午の節句”が男の子の健やかな成長を祝う、”端午の節句”へと変わっていったんです。

子供に説明するなら・・・

武道や武勇、というのを理解するのは難しいので、武勇は「勇気があること、強くて勇ましいこと」と教えてあげましょう。
子供の大好きなヒーローにたとえてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

こいのぼりを飾る理由

子供が疑問に思いそうな、”こいのぼり”についてのこと。
保育園などでも、飾りを作ったり、子供が身近に触れるものなので「どうしてこいのぼりを飾るの?」と思うこともあるでしょう。
鯉のぼりには、竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるという”登竜門”という中国の昔話からきています。
子供が健康に育ち、将来出世してほしいという思いや、家に男の子が生まれたことを神様にお知らせし、守ってもらうように祈るという意味も込められています。

子供に説明するなら

「パパやママみたいに大きく成長するためだよ」「鯉さんが○○を守ってくれるんだよ」といった教え方もいいかもしれませんね。

おわりに

意外と知らない端午の節句についての話。
きちんと勉強しておけば、子供たちのちょっとしたギモンを解消してあげることもできますし、自分の知識も増えますね♪

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
お子さんにわかりやすく教えてあげたい端午の節句の意味や由来
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする