そうなんだ~♪端午の節句で鯉のぼりを飾る5つの由来や意味

4f0d1f027f71b9d7878dcdf36a0d5d7c_s
端午の節句と言えば鯉のぼり。
でも、どうして飾るのかは知らない…。
という人も少なくないのでは?
鯉のぼりを飾る前に、ちょっとだけブレイクタイム。
鯉のぼりの由来や意味について勉強してみませんか?
「そうなんだ!」と由来や意味に驚くかもしれませんよ・・・

スポンサーリンク

登竜門という中国の故事

中国の黄河、というのは聞いたことがありますよね。
そこに竜門と呼ばれる滝があり、そこを登り切った魚は何かの霊力が宿り、竜になる・・・と言われていたんです。
そんな生命力の強い魚というのが、鯉。
中国の言い伝えでは、鯉がその滝をのぼって竜に変身したと言われているんです。

こういったことから、中国では皇帝を現すほどに鯉は強い生き物として知られていました。
そして、出世などを現す意味も。
そんな強い鯉だから、男の子のお祝いにも使われるようになったんです。

スポンサーリンク

将軍家のお祝いを真似したもの

昔将軍家で男の子が生まれれば、それは全国を挙げたお祝いになったもの。
旗やのぼりを挙げてそれを知らせ、お祝いをしたんです。
庶民にもそれは広まり、男の子が生まれると旗などを飾るようになりました。
そんな中、強くて出世の意味を持つ鯉をいっしょにあげてみては?というアイデアが生まれたそうです。

スポンサーリンク

健やかな成長と出世への願い

鯉のぼりには、子供の健やかな成長とともに、出世への願いも込められています。
鯉のぼりをあげることで天の神様に対して「男の子が生まれました」と報告し、
守ってもらうように願うという意味もあります。

黒・赤・青が表わす意味

黒の真鯉、赤の緋鯉、青の小さな鯉…。
お義父さん・お母さん・子供という意味があり、家族であるというイメージが強いですよね。
実は、元々は緋鯉は子供の鯉でした。
昭和時代になってから、今の一般的な3匹のものが主流となったようで、緋鯉はお母さんの鯉となっています。
真鯉以外は色に決まりはありませんが、多くが黒・赤・青となっていますね。
この3匹は、平和な家庭を現しているとも言われています。

武者のぼり

鯉のぼりだけでなく、地域によっては武者のぼりと言うものを立てている人も居ます。
子供に幸せな人生を送って欲しいという願いを込めて、子供の名前や家紋、
そして有名な将軍や金太郎などの絵を描いた旗を飾ります。
「絵のぼり」「節句幟(のぼり)」とも呼ばれていて、武家の家庭では多く飾られていたもののようですが、身分に関係なく飾ってOKなものとなっています。
鯉のぼり以外にも、こういった飾り物があるんですね。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
そうなんだ~♪端午の節句で鯉のぼりを飾る5つの由来や意味
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする