笑顔の種類は赤ちゃんそれぞれ!だってそれが個性だもん!

1101644
オムツのCMなどで満面の笑みを見せてくれる赤ちゃんはとても可愛らしいものです。
赤ちゃんが笑うようになるのは早くて生後2ヶ月頃からで、個人差があるものの大体6ヶ月位には笑顔を見せてくれるようになります。
赤ちゃんが元気に笑ってくれると、コミュニケーションもとりやすいですし、機嫌から体調の様子も分かって助かります。
しかし、中には時々しか笑わなかったり、笑うようになっても声は出さず、フッと微笑むだけの子もいるようです。
「うちの子の笑い方って他と比べると変なの?」「発達に何か問題が?」と心配される方もいるかもしれません。
赤ちゃんの笑顔、情緒の発達について知っていきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんはどんな時に笑うの?

赤ちゃんは、人の表情を記憶することで次第に自分で笑顔を作れるようになっていきます。
目を見て笑いかけると赤ちゃんも笑い返してくれるのは、その反応の一つです。
もちろん情緒面の発達も関係しています。
生まれたばかりの頃は「快」「不快」や「興奮」という赤ちゃん主体のものしかありません。
それが周囲の愛情を受け次第に整理?分化され、様々な感情が生まれていくのです。
その中であやされて嬉しい時や、両親に抱かれ愛情を感じる時など笑うことで感情を表現できるようになっていきます。

スポンサーリンク

笑うのが遅いと心配するべき?

赤ちゃんの時は首が据わる、寝返りをするなど発達の一つ一つが遅いか早いか心配で気になるものです。
笑うこともその一つでしょう。
赤ちゃんが中々笑わないことで、自閉症や脳性麻痺などの病気を心配される方もいるかもしれません。
手足の動きなど他の症状がなく、乳幼児検診などでも順調な発達が認められるようならばほとんど心配ありません。
先に述べたように、赤ちゃんは人との触れ合いの中で笑うことを覚えていきます。
まずはスキンシップを十分にとることです。
スキンシップが十分にとれているならば、赤ちゃんはまだよく観察しているのかもしれません。
笑顔で接する中で、赤ちゃんのタイミングを待ってあげましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんはちゃんと感じています

笑うのが遅かったり、中々笑ってくれなくても赤ちゃんはちゃんと周りの空気を感じています。
あやしてもあまり反応がないからといって赤ちゃんが何も感じていないわけではありません。
よく観察するタイプだったり、慎重なタイプなのかもしれません。
赤ちゃんの個性と思い、たくさん話しかけたりあやしてたりして、楽しい雰囲気を作ってあげましょう。

笑い方は人それぞれ

赤ちゃんが笑うことは、社会の中で人と関わりながら生きるための第一歩です。
あやしたことで笑うようになれば、赤ちゃんの中に社会とコミュニケーションをとる力が生まれたといえるでしょう。
声を出してよく笑う子もいれば、微笑むだけの子もいます。
笑いのツボが多い子もいれば、本当に好きなものだけに反応する子もいるでしょう。
これも赤ちゃんの社会性であり、個性なのです。
大人だって無理に笑うことは大変です。
まだまだ情緒も発達段階にある赤ちゃんであれば、個人差はなおさらでしょう。
声を出して笑うことが少なくても、赤ちゃんのこれから育ちゆく豊な感性に期待し、個性として認めてあげましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
笑顔の種類は赤ちゃんそれぞれ!だってそれが個性だもん!
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする