お出かけ前の30秒チェック!抱っこ紐でお散歩時の赤ちゃん服3つのポイント

8137728507_de5e1d8de0_b
赤ちゃんを連れての外出には抱っこ紐が大変便利です。
抱っこ紐に乗せる時の赤ちゃんの服装で気をつけるべきことがあるのでしょうか。
抱き方や抱っこ紐の種類にもよりますが、多くの場合赤ちゃんは足を開く形で抱かれます。
また、季節によっても服装に気を配る必要があります。
どんな服装がいいかみてみましょう。

スポンサーリンク

①季節に合っている?

抱っこ紐に乗せての赤ちゃんとの外出の時は、赤ちゃんの服装が季節と合うか気を配りましょう。
抱っこ紐を使うと赤ちゃんとお母さんはかなり密着した状態になります。
夏はすぐに暑くなり、汗だくでベタベタ…なんてことも。
上下ともに出来るだけ通気性がよく、汗を吸う素材の服を着せてあげましょう。
冬でも寒いからと着せ過ぎると、やはり赤ちゃんには暑過ぎたり、抱っこ紐のベルトがしまらなくなることがあります。
お母さんと密着しているだけで、温かいのですから必要以上に着せる必要はありません。
寒さや風が気になる場合は、赤ちゃん自身に着せるよりも抱っこ紐につける防寒具でカバーしてあげましょう。

スポンサーリンク

②余計な飾りはついていない?

ベビー服を扱うお店に行くとデザインも凝った可愛いお洋服がいっぱいです。
赤ちゃんには可愛いお洋服を着せてあげたいものですが、抱っこ紐の利用の際に適切か確認しましょう。
抱っこ紐に乗せる際に気づかないうちに飾りが引っかかって取れてしまうと、赤ちゃんが口に入れてしまう危険性もあります。
パーカーの紐が長すぎる場合、抱っこ紐に絡まってしまうことも。
赤ちゃんに苦しい思いをさせてしまっては大変です。
適度な長さに調節してあげましょう。
抱っこ紐のスムーズな着脱のためにも、邪魔や危険になるような飾りがないか気をつけてあげましょう。

スポンサーリンク

③抱っこしやすい服?

抱っこ紐に乗せる際、赤ちゃんは足を開く姿勢になります。
スカートの長さや、ズボンの素材によっては赤ちゃんの足がうまく抱っこひもに収まらず、抱っこしにくいことがあります。
無理に足を開かせると赤ちゃんが苦しくなりますので、デザインだけでなく機能性に優れた服を着せてあげましょう。
また、赤ちゃんはすぐに成長しますが服のサイズが小さいと抱っこ紐の中でウエストや股関節部分がきつく、赤ちゃんが苦しい思いをすることもありますので気をつけましょう。

おわりに

赤ちゃんはお母さんの抱っこが大好きです。
抱っこ紐の中が赤ちゃんにとって安全で心地よい空間になるよう、気を配ってあげましょう。
赤ちゃんだけでなく、抱っこした際に赤ちゃんのお顔の辺りに飾りがないようお母さんの服装も気を付けてあげるとなおいいですね。

スポンサーリンク