健康・病気のワンポイント

健康な赤ちゃんが夜になると咳をしてしまう理由とすぐできる3つのケア方法

bbabfb954962537388b480b91df3740a_s
昼間は元気で機嫌よく遊んでいた赤ちゃんが、夜になると咳き込んでしまうことがよくあります。
風邪をひいたのかと心配していると、昼間はまた元気に過ごしている、なんてことも。
熱や鼻水もなく、夜の咳だけでは小児科への受診を迷うところだと思います。
ですが、やっぱり赤ちゃんが夜中に咳き込んで眠れないようでは親御さんも心配ですよね。
なぜ夜になると咳をしてしまうのか原因をみていきましょう。

スポンサーリンク

咳が出る理由

咳がでるのは鼻水同様、ウィルスなどを体外へ出そうとする反応です。
また、喉に流れた鼻水や痰を外へ出そうとする働きもあります。
喘息や布団のハウスダストなどのアレルギーによる咳は、日中より夜中から明け方に強く反応がでやすいと言われています。
また、病気が原因でなく健康な場合にでる夜中の咳は喉から流れた鼻水が原因となることも少なくありません。
鼻詰まりや鼻くそがつまり、口を開けて寝ると喉が乾燥しやすくなり咳が出やすくなる、そういったケースも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

鼻水と自律神経との関係

昼間は交感神経が活発に働いています。
風邪をひいているなど病気がなければ、日中交感神経が働いているときは血管が拡張され鼻水も落ち着いています。
しかし夜になると副交感神経に変わります。
そうすると体の器官がリラックスし、鼻水も出やすくなってしまうのです。
さらに副交感神経の働きにより気管や気道が狭くなり、咳き込みやすくなることも原因です。
これは大人場合でも同じことですね。

スポンサーリンク

夜中の咳を緩和するためにできること

 

①寝る姿勢

枕を使うなど頭を少し高く寝せてあげましょう。
そうすることで、自然と鼻水を口の中へ流すことができ咳き込むことが減ります。
ただ、赤ちゃんの月齢によっては枕ではうまく寝かせられないこともありますよね。
そんな時は、タオルを折って頭の下に入れてあげるだけでも少しは頭の位置が高くなりますので試してみてください。
また仰向けよりも横向きに寝かせてあげた方が気管が広がりやすく、咳も楽になります。
いろいろと試してみて、赤ちゃんが楽に寝られる姿勢を探してみましょう。

②室内の湿度を適度に保つ

気管を広げるために、加湿器の利用や洗濯物を室内に干すなど乾燥を防ぐことも効果的です。
冬場は特に乾燥しやすい時期です。
寝室内の湿度は50%前後を目安としておくと咳の軽減に繋がりますよ!

③鼻水をとってあげる

咳が出ているときは鼻水も出やすいものです。
鼻づまりをしてしまうと鼻呼吸が困難になり口呼吸をせざるを得なくなります。
そうすると、喉の奥を使うことになりますので咳が悪化してしまうかもしれません。
寝る前にしっかりと鼻水をとってあげて鼻呼吸しやすい状態にしてあげましょう。

おわりに

日中元気な赤ちゃんがアレルギーや喘息などの病気が理由以外で、夜になると咳き込む理由はお分かりいただけたでしょうか。
どうしても咳き込んでしまった場合には、水分を取らせ気管を広げてあげます。
この時あげるものは常温か、できるだけ温かい飲み物をあげましょう。
冷たい物だと気管がびっくりしてさらに収縮するので、逆効果になります。
咳き込み苦しそうな赤ちゃんを見ると心配になりますが、冷静に対処し改善できるよう工夫してみてください。
ただし、あまりにも咳き込み過ぎて眠れない、呼吸が荒く苦しそうなどの状況が続くようならば早めに小児科を受診ししましょう。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ベビハピ編集部
ベビハピ編集部
『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
あなたにオススメの記事



スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です