咳をし過ぎて吐いちゃう赤ちゃん、その原因と対策

e3d47316bc66ce38c63dbb1b77d07783_s
赤ちゃんが突然吐いてしまうと親御さんは驚き、心配されることでしょう。
赤ちゃんは胃や食道が未熟なため、吐いてしまうことがよくありますが、ミルクや食事に関係なく咳をし過ぎて吐くこともあります。
赤ちゃんはなぜ吐くほど咳をしてしまうのか、その原因と対策をみていきましょう。

スポンサーリンク

咳込んで吐いてしまう原因

赤ちゃんは気管が細く、痰が絡みやすいという特徴があります。
しかも自分で吐き出すことはできませんし鼻水をかむことも当然できなません。
そのため痰が絡んだり鼻水が溜まっていたりすると咳がひどくなってしまうんです。

大人でもそうですが、咳をするとお腹に力が入りますよね。
大人ならば腹筋によって咳の力を内蔵まで伝えてしまうことはありません。
しかし未発達な赤ちゃんだったらばどうでしょう?
ご想像の通り、ひどく咳き込むと胃が押されて吐いてしまうことがあるんです。
「大丈夫?」と不安になるかもしれませんが、吐いたあと元気ならば心配はいりません。
咳によって吐いてしまうこと事態は珍しいことではないんです。

スポンサーリンク

鼻水や痰が原因で苦しそうなときのケア

そもそも鼻水や痰といったものは細菌などを外へ追い出そうとする働きを持った粘膜の一種です。
乾燥すると溜まったり、絡んだりするのでこまめに水分を与えてあげましょう。
できれば温かい飲み物で気管を広げてあげると楽になります。
また、加湿器の利用や洗濯物を室内に干すなど、湿度を適度に保つことも必要です。
鼻水が溜まっている場合は、吸引器を使うなどこまめに吸ってあげましょう。
痰が絡んでいるような場合は、ゲップをさせるときのように背中をさすったり、叩いてあげると効果があります。
あまりにもひどいようなときは、小児科や呼吸器科で吸引してもらいましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが吐いてしまったら

仰向けに寝かせていると吐いたものが気管につまる危険がありますので、上体を起こすか顔を横に向けてあげましょう。
口の中の吐物もガーゼなどできれいに拭き取り、少しずつ水分をとらせてあげます。
汚れた衣類は着替えさせ、機嫌がいいか、まだ吐きそうか様子を観察します。
ひどく咳き込んでしまったことが原因での嘔吐ならば、吐いた後すっきりして元気な場合が多いです。
しかし、ぐったりして何度も嘔吐を繰り返すようなら他の原因を考え、早めに小児科を受診したほうがいいでしょう。

 

おわりに

咳が出ていても、元気があって食事や水分がとれる、痰を吐いた後は元気という場合なら家庭で様子を見ても構わないでしょう。
しかし、あまりに咳が長引く、ヒューヒューゼーゼーと呼吸音がおかしい、咳がひどくて眠れないなどの症状が重く出ている場合は早めの受診が必要です。
秋口から冬にかけて空気の乾燥や気圧の変化を理由に激しく咳をする赤ちゃんが増え始めます。
日頃からの対策と観察で、慌てず冷静に対処できるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする