臨月の吐き気の原因ってなに?気分が悪い時の5つの対策

9199018355_5fa97db7cb_b


つわりの時期も終わって、あとはゆっくり出産を待つだけ。
そう思っていたのに、何だか臨月になって吐き気が出てきた…?!ということはないでしょうか?

実は、臨月に入るとホルモンバランスが変化して体調が崩れることもあるそうなんです。
その症状の代表ともなるのが吐き気や気持ち悪さです。

臨月の吐き気の原因や、気分が悪くなったり吐き気を催した時の対策方法をご紹介します!

スポンサーリンク

臨月の吐き気の原因

臨月時の吐き気・気持ち悪さで大きな原因となるのがホルモンバランスの変化。
母体は臨月になると出産に向けて女性ホルモンの分泌が増えます。
これは赤ちゃんが育ちやすい環境を作るためなんですね。

ここでは具体的に臨月時の吐き気・気持ち悪さの原因を解説していきます。

赤ちゃんが大きくなったため

臨月になっておなかの赤ちゃんが急激に成長する、ということも実は良くあります。
それによって下腹部や胃が圧迫されて気持ち悪くなるというケースもあるようです。

母体のホルモンバランスの変化

ホルモン分泌の増加によって気持ち悪くなるというのが最も多いケース。
実は女性ホルモンが増えると胃や腸の周りの筋肉が緩くなってしまいます。
そうすると胃酸があがってしまい、胸焼けがして気分が悪くなったり吐き気を催したりするのです。

出産のために母体が変化する

また、臨月になって赤ちゃんが大きくなると、子宮も一緒に広がります。
大きくなった子宮が胃や腸を圧迫すると吐き気が起こることもあります。

スポンサーリンク

臨月の吐き気の対策5つ

赤ちゃんを産む準備のために母体は様々な変化をしていきます。
特に臨月はその変化が顕著になっていくのです。
吐き気などを感じるのも仕方がない部分があります。

とはいえ、なるべくならば心地良い状態で出産まで過ごしたいと思うもの。
臨月時の吐き気・気持ち悪さの対策を5つご紹介いたします!

対策①食べ過ぎない

一度にたくさん食べると、その分胃や腸に負担がかかります。
特に臨月では大きくなった子宮により胃が圧迫されて気分が悪くなりやすくなっています。
少しずつ食べたり、お腹いっぱいになるまでは食べすぎないように心がけるといいでしょう。
また、体重管理のためにも食べ過ぎを防ぐのはいいことです。

対策②さっぱりしたものを食べる

つわりの時もそうですが、臨月時もさっぱりしたものは気分が悪くならないのでオススメ。
特に柑橘系などは吐き気を抑える効果があります。
(個人差や好き嫌いがあるので気を付けましょう。)

対策③油っこいものは食べない

妊娠中は油っこいものが食べたくなる人も居ると思います。
ですが、臨月に入ってくると胃も圧迫されていますし消化機能が十分に働かないことも。
脂っこいものを食べてしまうと気持ち悪くなりやすいんですね。

臨月では、できるだけ消化の良いものを食べた方がいいでしょう。

対策④暖かいドリンクを飲む

生姜紅茶やはちみつレモンなど、体を中から温める作用があるものは、吐き気を抑えてくれます。
また、精神的に落ち着く効果もあるので臨月時には暖かい飲み物を飲むようにしたほうが良いでしょう。
冬はもちろん、夏場であっても暖かいドリンクはオススメです。

対策⑤横にならない

気分が悪いときは横になりがちですよね。
通常時であればそれで構わないです。

ですが、食後となると話が別。
食べてすぐ横になると胃に入った食物が上がってきてしまうことがあり、吐き気を誘発することがあります。
食後すぐは横にならないように気を付けましょう!

スポンサーリンク

無理をせず、しっかり体調を整えて!

臨月になると、運動をした方がいいということも言われます。
これは陣痛を促したり、運動不足の解消・体重管理・血行促進などいろいろな意味があります。

とはいえ、気分が悪い場合はムリせず休みましょう。
吐き気が酷いのに頑張って歩いたとしても、それは逆に体調を悪くしてしまいます。

あまりにも体調が悪い場合は病院を受診してもOK。
出産はかなりの体力を使うので、しっかりと体調を整えておくことが何よりも大切です!

ベビハピ!的まとめ

臨月時の吐き気・気持ち悪さで悩む方は意外に多いもの。
もちろん個人差があるので「すこぶる快調!」という妊婦さんも多いことでしょう。

いずれにしても、出産まであとわずか。
万全の体調で赤ちゃんとの初対面を果たしたいですよね。

今回の記事を参考に、臨月の吐き気・気持ち悪さの対処をしてみてくださいね。

スポンサーリンク