「コンコン」「ゴホゴホ」赤ちゃんがする咳の種類はどれ?3つの対処法とケアポイント

033393
小さな赤ちゃんが苦しそうに咳き込むと心配になりますよね。
熱はないのに咳の症状が重いこともあれば、熱が下がっても咳だけは長く続き体調が悪そうな日が続くようなこともあります。
咳との付き合いは長く難しい場合が多いようです。
よ~く聞いてみると赤ちゃんの咳は、コンコンやゴホゴホなど音に種類があることがわかります。
音や様子からわかる咳の種類と、その対策をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

咳の種類は大きく分けて二種類

咳の種類は大きく分けると二種類になります。
コンコンと痰が絡まない乾いた咳、ゴホゴホやゼロゼロと痰が絡んだ湿った咳の二種類です。
痰が絡まない乾いた咳は一般的に喉、上気道の咳になります。
痰が絡んだ湿った咳は下気道の病気による咳、つまり気管支や肺のほうまで影響が出ている場合に見られます。

スポンサーリンク

風邪の初期症状「コンコン咳」

風邪の初期症状によく見られます。
とはいえ、長く続くと息苦しく咳き込んで嘔吐してしまうこともあります。
また百日咳にかかっていてもこのコンコン咳ですので、風邪の初期症状と軽く見ることはできません。
赤ちゃんや小さな子どもは百日咳にかかると重症化しやすいので、咳をしている期間が長く、苦しそうならば小児科を受診しましょう。

スポンサーリンク

「ゴホゴホ咳」は気管支炎に発展することも?

痰が絡み、長く続くと気管支炎や肺炎になってしまっている場合があります。
赤ちゃんは気管が未発達でうまく痰を排出できないので、痰が絡みやすくゼロゼロいうことがあります。
ゼロゼロ言うと喘息を疑ってしまいますが、息苦しそうにしていなければ痰が絡んだだけの場合もあります。
ただし、ゴホゴホ咳でゼロゼロ言い、息苦しそうに肩で息をしているようならすぐに受診しましょう。
ゴホゴホ咳は先に述べたように、気管支炎や肺炎の可能性もあります。
小さな赤ちゃんは症状が進みやすいので、重くならないうちに受診しておきましょう。

犬の遠吠えのような「ケンケン咳」

上記の咳とは別にケンケンと犬の遠吠えのような乾いた咳をすることもあります。
これはクループ症候群と呼ばれ、呼吸困難に陥りやすく危険です。
早めに小児科や呼吸器化を受診しましょう。
夜中に急変することもありますので、赤ちゃんの様子に細心の注意を払い加湿などで症状の改善に努めましょう。

咳の対策3つのケアポイント

赤ちゃんの症状を少しでも軽くするための対策ができているかチェックしましょう。

①室内の湿度は適切ですか?

室内が乾燥すると、喉も乾燥し咳が出やすくなります。
加湿器を利用する、室内にバスタオル干すなどの工夫をして適度な湿度を保ちましょう。
咳の症状によっては、加湿するだけで随分と落ち着く場合もあります。

②水分は十分に摂らせていますか?

特に冬場は食事や授乳以外ではあまり水分を摂らないことがあります。
喉の乾燥は、痰が絡みやすく咳の原因になります。
少量の水分を少しずつで構いませんので、意識して水分を与えるようにしましょう。

③咳き込んだ時の姿勢はどうしていますか?

赤ちゃんが咳き込んで苦しそうな時は、姿勢を変えてあげましょう。
寝ている時ならば、顔を横に向けてあげる、枕などで頭の位置を高くするなどの工夫をすると効果的です。
また、抱き方は縦抱にするなど上体を起こし、背中をさすってあげましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
「コンコン」「ゴホゴホ」赤ちゃんがする咳の種類はどれ?3つの対処法とケアポイント
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする